マレーシアを象徴するKLCC地区のペトロナス・ツインタワー、絶景ポイントは向かい側の窓なし部分 #オジ旅PR #新日本焼肉党 #マレーシア

日本から見ると、少しわかりにくい国・マレーシア。その実態は、東南アジア圏のハブです。

Now Everyone Can Fly」と社是とするエアーアジアとKLIAは空路のハブであり、F1のスポンサーとしても有名なPETRONASが石油と天然ガスを供給します。

で、そのペトロナスがクアラルンプールにつくったのが、ペトロナス・ツインタワー。

クアラルンプールのKLCC地区に立つ20世紀最高の高さを持っていたビル(ツインタワーとしては今でも世界一)でクアラルンプール、マレーシアを認識している人も少なくないはずです。

ただ、ペトロナスツインタワーがランドマークとして優秀なのは、なにもその高さだけではありません。

高さだけなら、クアラルンプールには東南アジア最大のKLタワーがあります。

でも、この写真でわかるように、いわゆる中心街からは少し離れた丘の上にあり、まあタワーなんですよね。

それと比較すると、ペトロナス・ツインタワーのデザインは、マレーシアの強い日差しの効果もあり、他では見ることができないデザインの高層ビルが、まさに物理量で圧倒するすごさがあります。

うろこのような、なにかの宗教的な尖塔のようなデザイン。しかも、それが2本。こんなものがあると、周囲にもそれを取り囲むように、いろんなものが集まってきます。

そのひとつがちょうどペトロナス・ツインタワーの向かいにあるSky Bar。

この360度写真、THETA Vを使って撮影していますが、なにかおかしいと思いませんか?

この写真、実は窓の外に一脚を出して、撮影しているのです。ええ、そうなんです。こんな高さの場所なのに、この部分だけ窓がないんです(笑)。これは、日本では無理でしょうね(笑)。

そして、さらにクアラルンプールでは、ムルデカPNB118というペトロナス・ツインタワーよりも高いビルが、そのビルの周囲の再開発とともに建築が進んでいます。

そして、その様子をひと足先に見れるのが、Kuala Lumpur City Gallery。そこでも、クアラルンプールの街をミニチュアで一望できるのです。

ちょっとわかりにくいかもしれませんが、上の写真の真ん中にあるのが、ペトロナス・ツインタワー、その少し左にKLタワー。

そして、さらにもっと左に白い巨大なビルがあり、それが現在建築中のムルデカPNB118というわけです。

そして、今回のオジ旅での訪問の様子。Kuala Lumpur City Galleryの公式Facebookページでキャッチされておりました(笑)。

これを食べればマレーシア料理がわかる、JoJo Little Litchenのドライ・パンミー #オジ旅PR #新日本焼肉党 #マレーシア

マレーシアというのは、普段日本で暮らしていると、アジアの中で、そんなにわかりやすい国とは言えないでしょう。

タイのような観光国でもないし、料理もベトナム料理やタイ料理のように日本に店があるわけでもない。インドネシアにおけるバリみたいに世界に広く知られた土地があるわけでもありません。また、シンガポールみたいに「シンガポールなんとか」って名前がついた名前の料理が日本人に広く知られているわけでもありません。

私は今回も含めて、マレーシアには数回滞在していますが、中華系とマレー系が混在するマレーシアは、やっぱりわかりやすい国とは言えないでしょう。もちろん、マレーシアはムスリムの多い国でもあります。

ということで、マレーシア料理も数多く食べているのですが、そんなマレーシア料理の中でも、これでマレーシア料理のことを理解できたと個人的には思えたのがJoJoのドライ・パンミーです。

パンミーとは板麺の意味、そしてドライというのは要するに汁なし麺のことです。

普通の汁のあるパンミーもあるのですが、マレーシアの風土や気候にマッチしているのは、明らかに汁なしのドライの方です。

ドライ・パンミーの基本構成は、以下のような感じ。

  • (手打ちの)板麺
  • 肉みそ
  • 半熟卵
  • チリ
  • 大きめのじゃこのような揚げた小魚(イカンビリス、ナシレマなどでも使います)
  • なんかよくわかんないけど、少しぬめり気のあるサユマニスという葉っぱ(スープにもよく入ってる)

で、これらを食べるときは、ぐちゃぐちゃとかき混ぜて食います。

こんなの麺、うまくないわけがないです。

ただ、実は日本で再現しようとも思ったことがあるのですが、この揚げた小魚(カタクチイワシ)と葉っぱが、日本では手に入らないんですよねえ。

しかもタイの麺類とも、ベトナムのフォーとも違います。もちろん中華系の担々麺のような麺でもない。まさにマレーシアの料理です。

このパンミーにレモン水をセットで頼むのが、JoJoの基本セットです。店は10時から空いているので、この日は遅めの朝食という感じで食べました。

店内はエアコンが効いてますし、外も日陰なので、それほど暑くないです。

なお、このパンミーを頼んだときにしかしない音(ドンドンドンという感じ)があって、その音が聞こえてくると、もうすぐあのうまいドライパンミーがくるんだなとわくわくします。

とにかくわざわざ行くだけの価値のあるドライ・パンミーと言い切りましょう。ここをマレーシア料理を理解する手がかりにするのを、私はおすすめします。

▼JoJoの場所

で、ドライ・パンミーと言えば、もう1つ「Restaurant Kin Kin」というパンミーのいいお店もあります。ここの売りはチリドライパンミー。というか、チリ・ドライパンミーの発祥の店なのかな、で、JoJoよりもさらにB級度の高いパンミーです。

どっちか1つのパンミーしか食べられないのであれば、JoJo。2つ食べる余裕があれば、JoJoとKin Kinの両方を食べるのをおすすめします。Kin Kinは何店舗かあり、ショッピングモールも入っているのもあるので、そこに行くついでに行くのもいいですね。

「新日本焼肉党」日本の焼肉をクアラルンプールで #オジ旅PR #新日本焼肉党 #マレーシア

新日本焼肉党 クアラルンプール マレーシア

新日本焼肉党 マレーシアクアラルンプール 

今回のオジ旅、メインイベントはこちら。マレーシア クアラルンプールにオープンした新日本焼肉党。社長の南さんがマレーシア滞在中でも「日本と同じ食事を楽しみたい」とオープンした「Toridoki 鶏鬨(とりどき)」に続くお店です。

 

新日本焼肉党クアラルンプール(マレーシア)の店内

日本の職人さんと現地の職人さんが迎えてくれる新日本焼肉党。お店に入ってすぐにはカウンター席があります。

新日本焼肉党 マレーシアクアラルンプール

 

新日本焼肉党の店内は日本的でデザインもオシャレです。

2階には大きなテーブル席や個室もあります。通路にあるテーブル席ものれんで仕切られている嬉しい日本的心遣い

新日本焼肉党クアラルンプールの個室はサイズもいろいろあるので仕事での接待などにも使いやすいですね。

個室 新日本焼肉党 マレーシアクアラルンプール

メニュー見ているだけで嬉しくなれる新日本焼肉党にきたオジさんたち。

オジ旅 新日本焼肉党 マレーシアクアラルンプール

乾杯!


 

 

漢!南社長。新日本焼肉党クアラルンプールをオープンまでのお話をアツく聞かせてくれました(爆笑の連続)

 
 

新日本焼肉党 クアラルンプールで食べたお料理

日本らしい美しい盛り付けもわすれない
新日本焼肉党 マレーシアクアラルンプールの小鉢

インスタ映えもいいケールサラダ。

肉待ちのオジさん。笑顔の人あり、SNSに投稿する人あり。

 

オジさん狂喜乱舞のユッケ!スタンダードなユッケとアボカドがミックスされたユッケもありました。美味しい!

 

もつ煮。暑い国だからこそもつ煮でしょ。

 

真剣なオジさん


新日本焼肉党クアラルンプールでは塩、タレ、レモンが用意されます。

ビーフカツデミグラスソースなんてものもありますよ。

 

新日本焼肉党クアラルンプール名物 肉の舩盛り

世の中にこんなものが存在していたとは

新日本焼肉党の肉の船盛

厚切りタン タンそのもの

新日本焼肉党 マレーシアクアラルンプール

 

美しい

リブロース。たまらんですね。この塊

目の前で繰り広げられる肉の舞

 

七輪の高さが途中で高くなった超日本的気遣い。このあと脂が多いシマチョウを焼くため、ダクトが煙を吸いやすくさせるために七輪の高さをあげたのです。さすがの新日本焼肉党

 

シマチョウ、大好き!新日本焼肉党のシマチョウは口にいれたらとろける旨さ

 

サイドメニューがこれまた絶品の新日本焼肉党クアラルンプール

牛タンの角煮丼です。牛タンの角煮ですよ?!柔らかくてとろけます。

 

ラーメンも「ここは日本じゃないか?」と錯覚するほど日本の味。

 

肉寿司。色も鮮やか、味は抜群

新日本焼肉党クアラルンプールに行った人には絶対に食べて欲しい2品。オジさんたちも「なにこれ、旨い」を連発したご飯ものがこちらです。

肉めし

 

そしてネギめし

 

メンチカツがこれまた美味しい!肉感たっぷり肉汁たっぷり。

新日本焼肉党クアラルンプール。何を食べても美味しい!そしてお店は店員さんも環境も気持ちが良い!感動のお店でした。ごちそうさまでした!!!!!

新日本焼肉党 クアラルンプール メニュー

 

新日本焼肉党 クアラルンプール 場所・営業時間など

住所:No. 26, Jalan 24/70A, Desa Sri Hartamas, 50480, Kuala Lumpur, Malaysia

営業時間:Dinner5:30 pm – 1:00 am (L.O. 12:00 midnight)
Lunch (Only Sat. & Sun.) 12:00 pm – 3:00 pm (L.O. 2:30 pm)

新日本焼肉党 公式サイト

新日本焼肉党 クアラルンプール Facebookページ

日本食の焼き鳥をクアラルンプールで「鶏鬨 TORIDOKI とりどき」#オジ旅PR #新日本焼肉党 #マレーシア

マレーシアで食べられる日本の本格焼き鳥 鶏鬨 TORIDOKI とりどき

2 年前にマレーシア クアラルンプールにオープンした日本の本格焼き鳥鶏鬨 (TORIDOKI とりどき)。2年ぶりの訪問です。

鶏鬨 (TORIDOKI とりどき) 店内の様子

店内入るとすぐ目につくのがオープンキッチンとカウンター席。マレーシアで日本料理を30年以上やっている現地の料理人さんもいます。

 

カウンター席の後ろにあるのがテーブル席。テーブルごとに仕切りがあるのが嬉しいです。
そして奥には堀りテーブルの座敷。足が疲れなくて嬉しいです。

 

鶏鬨 (TORIDOKI とりどき)で食べたもの

まずは乾杯。


今回は夕食をハシゴしてとりどきは3軒目でしたので、量としてはあまり食べませんでした。とりどきの料理の写真は一昨年の訪問記を個人ブログで恐縮ですが、こちらでご覧ください。⇒「TORI DOKI」クアラルンプールで美味しい日本食を食べたくなったらここ!Toridoki 鶏鬨(とりどき)

 

今回たとえお腹がいっぱいでもとりどきで食べたものはこちら。

看板メニューTORIDOKI。鶏のもも肉を皮で巻いている一品。

柔らかくてジューシーです。とりどきに行ったら是非食べてほしい!

 

そして丸焼き。こちらはお店の方が食べやすいようにカットしてくれます。

 

2年前にはなかった揚げ物メニューが増えていました!これは日本国内の系列店である「揚げ三兄弟」から。

 

TORIDOKIにいた時間に誕生日を迎えたオジさんがいましたよ。顔を隠しているのではありません。額に汗までにじませながらうれし泣きです。

 

店内の様子をぐるっと360度でご覧ください。

鶏鬨(とりどき)メニュー

Toridoki 鶏鬨(とりどき)クアラルンプール 住所・営業時間など

住所:No40, Jalan 24/70A, Desa Sri Hartamas,50480 Kuala Lumpur, Malaysia
tel:+60-3-6206-4676 / +60-12-937-3754

営業時間 12:00 noon 〜 2:30 pm (Last order)/5:30 pm 〜 10:30 pm (Last order)

公式サイトhttp://toridoki.net/

巨大な仏像バトゥー・ケーヴ #オジ旅PR #新日本焼肉党 #マレーシア

クアラルンプール観光バトゥケーブ

オジさんたちはクアラルンプール中心地から車で約20分のところんにあるヒンドゥー教のバトゥケーブにきました。車を降りた瞬間に目に入る黄金色に輝く仏像。巨大です。

どれくらい大きいか。360度画像でオジさんたちと比較してください。

宗教的な儀式でしょうか。僧侶らしき人に見守られながらぐるぐると寝ころびながら進んで行く方がいらっしゃいました。


とにかく大きいバトゥケーブの黄金像

 

長~い階段をのぼっていくと、奥には大きな洞窟があります。今回はオジさんたちは時間がないため下から拝むだけにいたしました。決して二日酔いで階段が登れないわけではありません。けっして。

わきにある建物にもかなり多くの装飾がされています。

 

オジ旅メンバーにいそうな像もありました。

 

クアラルンプール空港までも1時間かからない場所にあるバトゥケーブ。少しあいた時間の観光にもいいですね。

バトゥケーブ 場所

住所:Batu Caves Sri Subramaniam Temple, Kuala Lumpur 68100, Malaysia<

忘れられない味を求めて「ジョジョのパンミー」 #オジ旅PR #新日本焼肉党 #マレーシア

ジョジョ リトルキッチン のパンミー

今回ご招待くださった新日本焼肉党の南さんに2年前にも連れてきてもらったジョジョ。ここのパンミーの味が忘れられずにいました。

日本でいろいろ調べたけど、食材もそろわず無理。やはりジョジョ!
こちらがジョジョのドライパンミー。平打ち麺でいただきます


パンミーにあわせて飲むのはレモンウォーター。パンミーの辛さを中和してくれます。

パンミーのポイントとなってくるのがイカンビリス。カタクチイワシを揚げたもの。この食感がたまりません。


そしてコタキナバルで多く作られている葉っぱサユマニス。これもパンミー必需品。そして辛味噌。辛い。辛い!


全体をぐちゃぐちゃ〜っと混ぜていただきます。全体はピリ辛!そこに半熟たまごの甘さ!イカンビリスの食感!

やはり美味しいー!!!


ジョジョのパンミーやはり美味しい!また食べたい!!
ごちそうさまでした!!!

 

ジョジョリトルキッチン メニュー

 

ジョジョ リトルキッチン住所営業時間

住所:No.4, Jalan 27/70A, Desa Sri Hartamas, 50480 KL

ツインタワーを正面から!Traders Hotelsから撮影 #オジ旅PR #新日本焼肉党 #マレーシア

ツインタワーおすすめ撮影スポット

クアラルンプールのランドマーク的存在、ツインタワー。その高さの迫力と、なんと言っても美しさ。否が応でも目に入ってきます。
そんなツインタワーを撮影するのにおすすめの場所に連れてきてもらいました。

Traders Hotelsからツインタワー

ツインタワーがよく見える場所があると連れてきてもらったのがTraders Hotelsの高層階にあるラウンジです。

ここは正面からツインタワーが見えるだけでなく、高い位置には窓がないため何も挟むことなくツインタワーを撮影することができました。

 

オジ旅イチ高い所を好まないオジさんも身を乗り出す迫力。

 

ここからはこんなに美しいツインタワーが見えるのです。

ツインタワー周りも含めた景色

KLCC公園からツインタワーを撮影

KLCC公園までくると見上げるような迫力あるツインタワーを撮影することができます。

 

かわるビジネスリュックとオジさんたち

ぐるっと360度画像です。

I LOVE K Lシティーギャラリー #オジ旅PR #新日本焼肉党 #マレーシア

クアラルンプールシティーギャラリー Kuala Lumpur City Gallery

クアラルンプールシティギャラリーに連れてきてもらいました。

ここはクアラルンプールの歴史がわかるギャラリー

  

オジさんたちもクアラルンプールの歴史を学びます。

 

2階にはジオラマを使って展示されているコーナーがあります。

   オジさんの目つきが真剣です。

  ジオラマと音と映像をミックスして展示しているコーナーも良かったです。


 

土産物を手作りしている工場コーナーは観光客向けにガラス張り。 

 

I love KLがあるシティギャラリー

これ!これ!見たことあるやつ!I ❤️KL 

インスタ映えするやつですね!


 

 

オジさんたちもインスタ映えしたくて撮影しましたが、映えきれていませんね。

 

入場券にお土産屋で使えるクーポンがついていて、こんな缶バッジを頂きました。

今回の旅の思い出品(^^)

クアラルンプールシティーギャラリー Kuala Lumpur City Gallery

No.27, Jalan Raja, Dataran Merdeka, Kuala Lumpur
☎603-2698-3333
営業時間 8am-6pm 年中無休

ペーパーチキンとエビそばでランチ2回目! SOO KEE MEE#オジ旅PR #新日本焼肉党 #マレーシア

Soo Kee Meeクアラルンプール でランチ

新峰肉骨茶でランチのあと、二軒目ランチはすぐ近くにあるSO KEE meeに入りました。


 

新峰肉骨茶からオジさんが増殖しましたよ。2日前の台風でクアラルンプールから日本への飛行機が飛ばなかった、日本の空間演出界のあの方です。

緑のオジさん、目立ちますね。

 オジさんの輪

 

シンガポール名物ペーパーチキンをクアラルンプールで

随分昔のことになりますがシンガポールで初めてペーパーチキンを食べたとき、その美味しさに驚きました。

 ペーパーチキンとは鶏肉を紙に包んで揚げたもの。包まれているから肉の旨みが逃げることなくジューシーなまま揚げられているのです。 

そんなペーパーチキンがクアラルンプールにありましたよ。So Keemeeというお店です。

ペーパーチキンと初対面なオジさんたちも感動の美味しさ。

 紙は剥がして食べるんですよ。騙されそうになったオジさんもいました。

 トゥルトゥルなチキン

 

全体がエビのエビそば

 初めての出会い!エビそば!


 

ほそいカタ焼きそばの麺の上にたっぷりのあん。そのあんまでもエビ味噌の味がいき渡っているのです。

なにこれ美味しい〜!
 

Soo Kee Meeメニュー

 

Soo Kee mee住所

No. 14, Jalan Medan Imbi, 55100 Kuala Lumpur, Wilayah Persekutuan Malaysia

寒い時期に暑い国へ 便利な薄いストール #オジ旅PR #新日本焼肉党 #マレーシア

寒い季節に南国へ行くとき、ちょっと悩むのが服装。今回はこんな装備でいきました。

 

空気を抜けば場所をとらないダウンジャケット

わたくし9号は毎回、中は薄着で外をダウンジャケットにして、不要になったら空気をぬいて萎めてカバンの奥に入れています。(右の写真は空気を抜く前)


今回は羽田空港国際線のフードコートで六厘舎を食べたあとに脱ぎました。

 

万能な薄いストール


今回ご招待くださった新日本焼肉党の南さんのもう一つの仕事、スーパークラシックの商品「薄いストール」。

輪っかになってるから短くても落ちない。そして薄いから、サッとポケットに入れられます。

寒い国から暑い国への旅ではとくにおすすめです。

詳細は→薄いストール|スーパークラシック

 

 

羽田空港 コート預かりサービス

羽田空港国際線ターミナルにはコート預かりサービスなんてのがありました。

1日200円。これもいいですね。