何気なく選んだ店が、日本で一番白州ハイボールを売る店だった! #オジ旅PR #広島レモン #ご当地ハイボール

なんという引きの強さでしょうか。

夜ご飯2件目はお好み焼きの越田さんちに。ミシュランガイドに掲載されたことのあるお好み焼き…食べたい! しかし残念ながらお客さんでいっぱいで、入れなかったんです。え、他にも支店があるんですか?

席を取ってもらってから向かったのは越田胡町店…ではなく、その上にあるOyaji no K(おやじのK)越田本店と越田胡町店はカウンターが中心となる店ですが、Oyaji no Kはテーブル席ばかり。グループで食べたい人はこちらへどうぞ、というお店なんですね。

最初にでてきたのは黒酢ごぼう。! おいしい! 佃煮などを作っているヒロツクのものとのこと。コクのある甘酢という雰囲気。これまた瀬戸内広島レモンハイボールに合いそう。そしてノーマルのハイボールともいいバッテリーを組みそう。

昼に続いてがんすもいただきました。マヨネーズの土手のなかに醤油をなみなみと。お好きな量をつけていただきます。

そうそう、肉分と炭水化物ばかりじゃないですよ。ちゃんと野菜もいただいています。炭水化物肉ハイボール炭水化物肉ハイボール野菜炭水化物肉ハイボール、というルーティンですが。

砂ずりとミノの焼きがきました。もー、ね、一緒に炒めたタマネギも美味しいけど、脂を吸ってクタクタになったキャベツも美味ぃ。

Oyaji no Kで一番の衝撃は、牡蠣の春菊巻き。

一味をたっぷりとつけて巻いて食べると、うっわあ。

あー。あ、あー。

うまい、なー。

なんでこんな食べ方を、食べさせ方を思いつくのでしょうか。越田さんたちは。

趣向を変えて、白州のハイボールを頼んでみました。これは鉄板のウマさ! 聞いてみたら、越田さんたちは日本で一番白州ハイボールを売っているんですってばさ!

店員さんと、越田3代目大将の記念写真もいただいた! また大将が面白く、そしてサービス精神旺盛な方なんですよ。すごく雰囲気のいいお店で、このノリは大将が醸しているんだなあ。

そんな大将のオススメが殻付きの牡蠣です。新鮮さ極まる逸品! 広島レモンをかけて食べると、磯の香りとレモンの香りがぐるぐる駆け巡ります。優しい酸味、そして甘みに、牡蠣の甘みが複雑に合わさって、もうため息がでちゃう…。

いやあ美味しかった。しかし、宴はここで終わりません。

美味しい。白州ハイボールを凄く売っている。え? ハイボールカウンターもあるの? 注文あると1カウントずつ重ねていくの?

ということで、越田本店に再チャレンジです!

ある! あるよ! ハイボールカウンター! 向かって左側が角ハイボールカウンターで、右側が白州ハイボールカウンターです。手動です。

越田本店と、Oyaji no Kのメニューは一部が異なります。越田本店はホットケーキも作ってくれますよ! 他のお客さんのオーダーですが、いやあ、美味しそうだったなあ。

Oyaji no Kではつまみが中心だったので、本店ではシメでお好み焼きをオーダー。麺がしっかりしてる。炭水化物欲が高まりきったカラダによし!

こうなったらメガジョッキでハイボールするしかありませんね。いただきます!

ウマさに泣きたいなら広島県。また行きたいなー。

岡山で知った真実。パクチーって、本当は甘いんだ! #オジ旅PR #岡山パクチー #ご当地ハイボール

岡山パクチー、一言にまとめると優しい味!

2月22日、広島から岡山に向かうオジ旅です。新幹線で30分ほど、ですが、飲みます。ジムビームハイボールをいただいて、アップします。

この日、お邪魔したのはパクチー畑です。もっさー、と、透明感を持ちつつ緑色に輝く葉っぱだらけ。元気、よさそうですね。

岡山パクチーの栽培を先導している植田さんにお話を伺いました。黄ニラエバンジェリスト、黄ニラ大使としても活動しており、普段は黄色のツナギで仕事をしています。

「30着くらいあるんですよ。夏場は汗をかくから、1日に日何度も交換しています」

お!メガネのフレームも黄色ですね!

「黄色と緑色、2色のツナギもあるんですよ」

岡山パクチーは他のパクチーと比べて、苦味と香りが控えめ。葉も小さく、柔らかい。また茎の部分は水分が多く、甘いんだそうです。

この味になるまで苦労を重ねてきた植田さん。しかしビギナーでも食べられる、一度離れてしまったパクチー経験者にもお勧めできるパクチーを作るべく、さまざまなパクチーのタネを試し、土をいじってきました。

その成果、4号が実食します。

「…ふふっ。あはは。…美味しい!」

舌の脳裏に刷り込まれた従来のパクチーの味。苦味がストレートにガンってきて、喉と鼻から独特の香りが漂う。

僕も1号もいただきましたが、ぜんっぜん違うんです。華やかで優しい。パクチーならではの苦味と共に、ほのかな甘さもあるんです。ドレッシングとかなくても、まんま、イケる!

葉と茎だけではありません。実は根っこの部分も美味しいそうです。特に素揚げがグッ。根菜らしい柔らかさに甘みが立つのだそうな…。

ど、どんな味ですか…。

「これから行く店で食べでみましょう」

是非に!

しかし、その前に。忘れてはいけません。僕らはご当地ハイボールの取材で伺いました。パクチーがどのようにご当地ハイボールへとクラスチェンジするのでしょうか。

…ん? 違う? ハイボールじゃない? …モヒートなの!?  パクチーの、葉っぱを。モッサモッサと入れて。ほう。ジムビームにソーダを注いで! ほほう!

美 味 し そ う !

ということで作ってみました!採れたてパクチー使った岡パクヒートです!岡山パクチー&モヒートで岡パクヒート。ゴロがいいですなあ。

一口、ぐびっと。いいねえいいねえ美味しい! ビターなハイボールに岡山パクチーの優しい苦味と香りをトッピング。ぷちぷちっと弾ける炭酸とともに、爽やかな風味が広がります。

ぎゅっと絞ったカットレモンも効いてます。てかレモンとパクチー、相性いいですね!

さらなる味覚との出会い!「お好み焼き もり」で食べたパクチーの根の素揚げ、うまし! #オジ旅PR #岡山パクチー #ご当地ハイボール

パクチーって、葉から根まで全部食べられるのかっ!

岡山パクチーと、岡パクヒートの美味しさを味わい、ハマッてしまったオジ旅です。岡山パクチーのさらなる魅力を探検すべく、お邪魔したのはお好み焼き もり。お休みの日でしたが、特別に開けていただきまして!

というのもですね。岡パクヒートが生まれたキッカケとなったお店がコチラだからです。岡山ご当地の味を知るためには欠かせない店なのです。

左からパクチー農家の植田さん、大将の光森さん、そしてサントリーの佐藤さん。この3人が、作り出した岡山グルメ、岡山ご当地ハイボールが岡パクヒートなんですね。素材となったパクチーをもたらした植田さん、ベースとなったジムビームは佐藤さんが用意して、光森さんが指揮者となって、完成したと!

またぐるなびのページを見ると、岡山発の地方創生プロジェクトとして、「岡パクヒートで岡山を元気にする!」といった活動も行っているんですね。

さわやか一筋の味、岡パクヒート発祥の地といっても過言ではありません!

もちろん我々も岡パクヒートをいただきます。乾杯!

最初にでてきたのはパクチーのおひたしです。瑞々しいなあこれはまた。スライスニンニクとの相性もばっちり。岡山パクチーの優しい苦みが活きています。

つづいて黄ニラのおひたしがきました。ん! 美味しい! ほのかに甘くて、しゃきしゃきしつつも柔らかい。

僕の知っているネギ焼きと違う! ネギを生地でくるんと巻いたスタイル、食べやすく、かみしめるとネギの甘みと水分がジュワっとくる。うめー!

おっと! 鉄板の上に牡蠣がロケットダイブです! いい音立てて焼かれていきます!

そしてお好み焼きの生地と出会って蒸し焼きに!

さあ、カキオコという大一番です! 岡山のお好み焼きといったら、牡蠣入りがポピュラーなんですって。

どれも大粒で味も濃い。ソースに負けていません。いい選手です!

と思いきや! おでこをターンと叩いて「やられたあ」と言いたくなるパクチーの素揚げがきましたよ。百合根の素揚げは食べたことあるけど、パクチーもイケるのですね。

さくっ。ほろっ。おーー。おおう。甘い。鼻から抜けていく香りはパクチーで、根菜らしいほくほくさも兼ね備えているんです。

これは巧いし美味い。岡山パクチーだからこの味が出せるのかな。今まで関東では見たことがない料理。どこかで食べられないかな。食べたいときには岡山行くべきかな。

もちろん合わせる飲み物は岡パクヒートです。同じ食材だからでしょう。すっごく合うの。素揚げの油分を洗い流したあとに、パクチーの香りがすっと通るの。この組み合わせは鉄板すぎます。

そして岡パクヒートの中に入っているパクチーもつまみになるの。美味しいの。

すごいな、岡山パクチー。楽しめる範囲、無限大です。

最後に、岡山ならではのホルモンうどんもいただきました。

ふっかふかで雑味ナッシングなホルモンとうどん、野菜を一緒に食べると、うまままい! このシメは惚れます! 惚れました!

お好み焼き もりは岡山駅から歩いて7分。駅からさくっと行けるのもいいですねー。

岡山の優しいパクチーを思いっきり味わいたいなら「野田屋町バル SAKURA」にレツゴー #オジ旅PR #岡山パクチー #ご当地ハイボール

パクチーと合うのは、和な料理だけではありません。イタリアンとも合うんです。

岡山パクチーの美味しさを知るべく、次に向かったのは野田屋町バルSAKURA。2016年8月にオープンしたバルです。

さあ! 最初のサラダから岡山パクチーが山盛りです! マッシュルームにプチトマト、ドレッシングを回しかけていただきます。さっぱりパク!

岡山の地鶏、岡山県産森林どりとパクチーです。森の中からこんにちわな雰囲気! 味がしっかりとしている鶏と、ガーリック風味のソース。その存在感の強さをパクチーが巧い具合に和らげてくれますよ。こりゃあパクついても仕方ないですよね。パクり。

おっと、こちらのパクチーの根の素揚げは、ミドリの部分がありますね。根と茎との境目は、根の甘さと茎の風味の両方があって、これまた美味いんです。

比較的新しいお店だそうですが、この開発力は侮れませんね!

そしてパクチーモリモリのピザもきたー。メニューを見ると「岡山パクゲリータ」。岡山パク○○なメニュー、他にもあるのでしょうか。いろいろ探索したい!

いやあ、チーズとも合うんだねパクチー。健康にもよさそう。カラダが中から綺麗になっていく感じ。ごちそうさまでした!

 

ところで、ですね。お店の写真をよくよく見ますと。

あれっ! お店の前に植田さんのポスターが!

他のお店の前にも、ほらこんな!

2015年の夏頃から始まった岡パクヒートのプロジェクトが、次第に多くの店と人を巻き込んで、ブームとなっていっているのでしょう。岡パクヒートを飲みたいときは、この植田さんのポスターを探せばいいのですね。メモった!