おつまみとしての、スナックサンド きゅうりのキュ~ちゃん&マヨ #オジ旅PR #スナックサンド工場見学

いっちょ、試してみましょうか。

奇跡の出会い! 驚きの味! そして禁断のハーモニー! 関東圏でも発売されたスナックサンド きゅうりのキュ~ちゃん&マヨですが、ある意味覚悟を求めてくるキャッチコピーがついていて「メーター振り切ってるなー」感があります。

きゅうりのキュ~ちゃんといえば、きゅうり漬け販売NO.1のトップブランド。塩分控えめで保存料無添加。醤油と生姜の味わいが染みこんだ、歯ごたえ豊かな漬け物です。ご飯との相性がバッチリなことに、異論を唱える人はいないでしょう。

しかしコヤツはマヨネーズで和えた上にパンでサンドしています。前述した、ビビッドなキャッチコピーに「人を、好みを選ぶ味なんじゃないの?」と思う方もいるでしょう。実際にTwitterで「きゅうりのキュ~ちゃん スナックサンド」を検索すると、ちょっと引いてる声もチラホラ。

でもですよ? きゅうりの漬け物といったらピクルスだってそうですよね? ピクルス&マヨネーズ、ピクルス&パン、マヨネーズ&パンのタッグはいずれもいぶし銀の鉄板型です。ということで食してみると。

うまい。うん。うまい。

うーまーいーぞー!と口からビームを出す系ではありません。普通に、うまいんです。スナックサンドとのコラボでは塩分量もきゅうりのキュ~ちゃん自体の量も細かくセッティングしたと聞きましたが、なるほど。きゅうりのキュ~ちゃんの塩味と酸味のエッジをマヨネーズのまろやかさが包み込み、さらにパンで挟むことで味蕾にたどり着くまでワンクッションおいている。

東海漬物のレシピページを見ると、「パパッと朝食!キューちゃんマヨトースト」や「キューちゃん和風クリームパスタ」「キューちゃんポテトサラダ」などのメニューがあります。ダイレクトなきゅうりのキュ~ちゃんはご飯向けだけど、調理することで他の炭水化物ともマッチする漬け物なんですね。

というところで、本題です。

1608-IMG_0576-R

週末、散歩中に入ったスーパーにスナックサンド きゅうりのキュ~ちゃん&マヨがあったんですよ。天気いいし、こりゃ昼酒のチャンスだと思って、ビール&チューハイと合わせて買ってみました。さあ、スナックサンド きゅうりのキュ~ちゃん&マヨはお酒のおつまみに適しているのでしょうか。

ビール&スナックサンド+きゅうりのキュ~ちゃん&マヨ

…ふむ…うん…そっかあ…うんうん…なるほどなあ。

旨い。というか、上手い。きゅうりのキュ~ちゃん&マヨはパンで挟んでいるとはいっても、口のなかにマヨ感は残ります。後味の良さにもつながっているのですが、スーパードライのシャープな炭酸と硬くも心地いい苦みがサッと洗い流してくれて、「もう一口いこっか」につながります。ほかの、風味を前面に出してくるビールとだとここまで好印象にはならなかったかも。

極キレ+きゅうりのキュ~ちゃん&マヨ

…うん…ん…んっんー…。

きゅうりのキュ~ちゃん&マヨを食べて、極キレを飲んで。この1クールはOK。しかし2週目に入ると、チューハイの風味が立っていて、パンの味を邪魔しちゃう。濃いめの料理に合わせてチューニングされたノーフレーバーの極キレですが、サンドイッチとのマッチングは難しいのかもしれませんね。

 

ホットサンドにしたらどうだろう?

IMG_1515

でも、チューハイとの合わせ技もあと一歩な気がします。そこで自宅で、きゅうりのキュ~ちゃん&マヨのホットサンドを作ってみました。

IMG_1516

うん! ド正義だ! このまま食べてもウマし! ビールでもチューハイでもウマし! パンの食感と味の傾向を変えると、ツマミとしての実力がグッとアップしますよ!

 

キューちゃん&マヨ スナックサンド 禁断のハーモニー #オジ旅PR #スナックサンド工場見学

徹底した衛生管理に感動したフジパン スナックサンドの工場見学 。そこで作られていたのがスナックサンド キューちゃん&マヨなのです。(東海エリアでは今月から発売中、その他の本州、四国、九州では8月1日から発売)

フジパン スナックサンド キューちゃん&マヨ


 

スナックサンド キューちゃん&マヨが作られているカッコイイ風景はこちら(動画30秒)

パンという洋物と、きゅうりの漬物という和物が合うのか?と思うかもしれません。しかしこれがマヨという仲介役が入ることで最強の組み合わせとなるのです。

そう、きゅうりのキューちゃんとマヨの禁断のハーモニーなのです。


歴史あるきゅうりのキューちゃん

思い返すと私が生まれた頃からきゅうりのキューちゃんって存在していたようで、調べてみたら東海漬物のきゅうりのキューちゃんは、1962年生まれ。おぉー大先輩!

初代のCMは坂本九さんが登場したそうですね。キューちゃんだけに。しかもこの、きゅうりのキューちゃんキャラクターは当初、坂本九さんをイメージしたものなんだそうです。

そういえばキングカズもCMしていましたね。

きゅうりのキューちゃん、様々な賞を受賞しながらも自分のその立ち位置に満足することなく「1988月年には味と品質はそのままに、保存料・合成着色料を一切使わない品質改良に成功」したりしているそうです。(Wikipediaの受け売り

元祖 はフジパン スナックサンド

携帯型サンドイッチはさまざまなパンメーカーから出ていますが、元祖は1975年からあるフジパンのスナックサンドなのですよ。


 

スナックサンド1975年の卯年生まれ。同級生は、先日5人目のお子さまが誕生したつるの剛士さんや、米倉涼子さん、ベッカムさん、ミッツマングローブさん。

フジパンと言えば「♪フジパン本仕込♪」のメロディでもお馴染みのモチモチ食パン本仕込が有名ですが、このスナックサンドにはさらに携帯型サンドイッチにあうように改良された食パンが使われているそうです。


そこに禁断のハーモニー、キューちゃん&マヨが入ると魅惑のスナックサンドとなるのです。


試食させていただきましたが、これね、最高です。ほんと禁断のハーモニー。忙しい朝食にも、会社でのランチにも、夜のおつまみにも最適な味。

お酒がメインのBarやスナックでの食べ物は冷凍ものを置いておきレンジでチンして出すようなところが多いじゃないですか。そういうお店にはスナックサンド キューちゃん&マヨを常備しておくといいと思うのです。

私もこのキューちゃん&マヨなら、小腹がすいたときから食事のメインとしても食べたいです。

スナックサンドはどこで買える?

スナックサンド好きの友人によると、イオン、まいばすけっと、ヤオコー、カスミ、ライフ、いなげや等でけっこう見かけるそうです。

私は一番近いイオンにはおいてなくて、ひとつ離れたイオンでは売っていました。お店によって状況もさまざまなんですね。

早くキューちゃん&マヨもこの仲間に入れたい。


スナックサンド キューちゃん&マヨ、東海地方では発売中。東海地方以外の本州、四国、九州では8月1日より発売。待ち遠しいです!

>>フジパン スナックサンド 商品一覧

>>スナックサンド キューちゃん&マヨ プレスリリース

私の自作スナックサンド 落選した食材たち #オジ旅PR #スナックサンド工場見学

フジパン スナックサンドの工場見学のあと、特別にみんなで食材を持ち寄り自作のスナックサンドを作ってみたわけです。

「それぞれ2種類考えてきましょう」ということになったのですが、すっごく悩みました。楽しくて、あれもやりたい、これもやりたいとなるのです。

スナックサンドの中身として考えた条件は

  • ある程度、味がしっかりしたもの
  • 乾燥してないもの
  • 食感が楽しめるもの

いくつか書き出して、過去に似たような商品がないか、また食材は持って行きやすいか、当日現場では火をつかった加熱ができないのでそれも条件として考えて、以下のものが惜しくも候補から落選しました。

・釜揚げしらす コーン マヨ   先日オジ旅メンバーと食べた釜揚げしらすのサラダが絶品だったんですよ。釜揚げしらすも産地を選べば大きくしっかりしたものがあるんですよね。コーンの食感をあわせたら良いかと。

・あぶら味噌 のみ  今回ポーク玉子の中にあぶら味噌をつかいましたが、本当はこれだけでも良いのではないかと思っていました。

・ほうれん草のバターソテー  現場で調理できず落選。バターでしっとりするから良いかなぁと。緑の野菜を食べるのにお子様にもお爺様にもおすすめ。

・土手煮

・豚の角煮

・アボカド 海老マヨ  


・あめ色たまねぎ

 ・豚しゃぶ  片栗粉をつけてツルンとした食感の豚しゃぶにゴマだれをつけて。でも現場で調理できず

 ・ミーゴレン  インドネシアの焼きそばです。サンバルの辛味があうかなーと。

・クラムチャウダー 水気を少なくとろとろにしたクラムチャウダー。スナックサンドであったらいつでも食べられて嬉しい。

レモ缶宮島ムール貝のオリーブオイル漬け  これ絶対にあうと思うのですがお取り寄せがまにあわず…

・長久保のしそ巻きマヨ  細切りにした大根を紫蘇で巻いた漬物です。これにマヨをあわせて作ったタルタルソースが絶品だったのでこれもあうかと!しかし!キューちゃん&マヨと似すぎているので落選
 

そんな中で残ったのが、沖縄サンドといわきサンドでした。>> フジパンのスナックサンド 手作り大会! 


 

みんなが作ったスナックサンドはオジ旅4号KOGURE さんのこちらの記事で。 >>オジ旅 x スナックサンドがコラボ!フジパン工場でオリジナルのスナックサンドを試作!予想外のナムルが美味い衝撃 

 
やはりスナックサンド キューちゃん&マヨは最強ですね!東海地方では今月から発売になっていますが、その他の本州、四国、九州は8月1日から発売。待ち遠しいです!

スナックサンド工場見学ムービー #オジ旅PR #スナックサンド工場見学

オジ旅一行がスナックサンド工場見学した様子を収めたムービーです!

スナックサンドの工場見学!これ以上ない衛生管理に感動 #オジ旅PR #スナックサンド工場見学

スナックサンドのフジパンを工場見学

今回のオジ旅は名古屋の西春にあるフジパンの工場見学でした。工場見学ってほんとテンションあがります!今回はオジ旅のために特別に開催された工場見学なので、さらにテンションあがります。

 

一斤のパンに人生あり

それぞれの人生を歩んできたオジさんたち。この言葉が染みているようです。

ちなみに「オジさん」「オジさん」とひとまとめにしていますが、この画像↑の中には、元号が昭和から平成に変わったとき既に社会人だったオジさんから、まだ幼稚園児だったオジさんまでいます。

 

徹底した衛生管理フジパン工場

わたくし、仕事の関係で過去に何度か工場見学をしてきました。食料品の工場見学にも行ったことがあり、衛生管理が厳しいことも知っていたつもりなのですが、フジパンは他とは比較にならないほど徹底されていました。

 今回は特別にスマートフォンの持ち込みを許されていますが、本来私物の持ち込みは禁止です。

用意されていた服に着替えます。髪が落ちないように何重にも。アクセサリーはもちろん外します。


ズボンの下から異物が落ちないようにサポーターのようなもので封をします。立ったままサクッと履いた人が多い中、わたしは見逃しませんでした、このサポーターを履くときに立ったままではなく、椅子に座って履いた人を。

体が大きなオジさんと、体が弱ってきているオジさんです。


 

まずは掃除機のようなもので全身くまなく吸い取ります。適当に終わらせてしまわないように時間も指定されいます。

工場内で爪を切ってはいけません。切る人はここに手を突っ込み、切ったものが飛ばないようになってます。

手に消毒液を噴射

粘着シートの上で足裏のホコリ取り。この粘着シートは工場内のあちこちにありました。

粘着シートのコロコロで全身のホコリ取り。

小さくカットされている粘着シートでは抜け落ちるまつ毛や眉毛がないかチェック。

オジ旅1号知らないオジさんも真剣です。

手洗いも時間が指定されてます。

そして全身にエアーシャワー


繰り返しますが今回のスマホ持ち込みはレポートのため特別に許されています。

このエアーシャワー、かなりの風速なんですよ。エアーシャワーの中から自撮り動画

このあとにも粘着シートのコロコロあり。コロコロは合計何回あっただろう。とにかく徹底した衛生管理でした。

 そしてたどり着いたスナックサンドの製造ライン!


 

男子心を揺さぶる機械たち。オジさんはテンションあがります!

スナックサンド キューちゃん&マヨができるところをダイジェストで。(動画30秒)

同じ製造ラインで他の味のスナックサンドも作っているので、パッケージがいろいろありました。
フジパンスナックサンド パッケージ

かねふくとのコラボの明太子入りポテサラ、オムそば、完熟トマト&とろ〜りチーズ、小倉マーガリン他いっぱい!スナックサンド一覧はフジパンのサイトで。

>> スナックサンド 商品一覧

スナックサンドの切り落とした耳は? 

スナックサンドを作る過程で食パンから切り落とされている耳はどうしているのかうかがってみましたら他のものに再利用しているそうです。

そして今、注目なのはきゅうりのキューちゃんとのコラボででる新商品キューちゃん&マヨ。東海地方では今月より発売されていて、本州、四国、九州では8月1日より発売されます。

>>スナックサンド キューちゃん&マヨ プレスリリース

フジパンのスナックサンド 手作り大会! #オジ旅PR #スナックサンド工場見学

食材持ち寄りスナックサンドの手作り体験

フジパン「スナックサンド」の工場見学のあと、これまた特別にスナックサンドの手作り体験をさせていただきました!

フジパン 本仕込♪ のメロディーが耳に残っているフジパン。その味の実力はすでに承知していましたが、このスナックサンドの食パンは、スナックサンド用として特別に作られているものなんですって。

オジ旅メンバーは、フジパン西春工場に来る前にあらかじめ食材を用意。名古屋駅近辺で調達するものあり、家から持参するものあり様々なオジさんたち。

その中でも一番気合いを入れて準備してきていたのはオジ旅1号知らないオジさんかもしれません。

旅先で調達した生八つ橋や、プラスチックの保存容器にグラノーラを入れて家から持ってきたり。人って見かけによらないものですね。

これほしい!スナックサンド型抜き!

それぞれ持ち寄った具を食パンに挟み型抜きをします。型抜きに使ったのが、こちら。


食パンの型抜きって、キッチングッズ売り場や100円ショップでも売っているのですが、切れ味が悪いため綺麗に合わせることができなかったり、動物型になったりするため無駄に切り落とすところが多かったりで今ひとつなのですが、今回使わせて頂いた型抜きは本当に綺麗にできました。

プロ仕様も含めネットで探したのですが、これほど立派な型抜きは見つかりませんでした。


オジさんたちがこれだけテンション高くて楽しめたのですから、お子さまたちも手巻き寿司以上に楽しめるかと思います。

スナックサンド型抜きとして売り出してほしいですー。

みんなの手作りスナックサンド

用意した食材は大きく分けて2つ。アイデアとして考えたけど落選した食材はこちらにまとめました

実際につくったスナックサンド、
沖縄サンドとしてスパム、卵焼き、あぶら味噌。

沖縄料理にポーク玉子ってあるじゃないですか。あれをインスパイアして、そこに引き締める味としてあぶら味噌を少量入れました。あぶら味噌とは、沖縄のもので細かくした豚バラ肉を甘い味噌で煮込んだものです。
 

 

そしてもう1つはいわきサンドとして、今回のオジ旅メンバーの殆どが何度も行ってる、いわき・ら・ら・ミュウに売っている生青のりと、海の宝かつおフレークに、味のポイントとしてスモークチーズも準備しました。

 

いっぱい出来た!

切ってみた!
 

味は完ぺきに私の好みの味となりました!試食してくれた他の人がどう思ったかは知りません。

小声で(実はわたくし過去にレシピ本を3冊出してるんです。オジさんたちに負けてる場合じゃないです)
と、気合い入れすぎたら、具も入れすぎました。



  

みんなのスナックサンドがずらり。


 

オジ旅4号KOGURE さんのサンマの蒲焼き美味でした!


 

知らないオジさんの柿の種スナックサンドは閉じてないし(笑)


でもグラノーラとクリームは絶品でしたね!
 
準備に一番気を抜いていたのではないかと思われるオジ旅7号アレックスですが、食料品店で買ったナムルのセットを入れたスナックサンドがみんなの人気も高かったのです。さすが他のメンバーより生きている。世渡り上手ですね。


 
その他のメンバーのものも美味しかったですよ。詳しくはオジ旅4号KOGURE さんのこちらの記事で。 >> オジ旅 x スナックサンドがコラボ!フジパン工場でオリジナルのスナックサンドを試作!予想外のナムルが美味い衝撃

楽しかったし美味しかった!またやりたいです!手作りスナックサンド大会!

*  *  *

スナックサンドの新商品。きゅうりのキューちゃんとのコラボ商品。スナックサンドキューちゃん&マヨ。東海エリアでは今月より発売されていて、その他の本州、四国、九州では8月1日より発売です。楽しみ〜

スナックサンドのフジパン 社員食堂に潜入! #オジ旅PR #スナックサンド工場見学


スナックサンドの工場見学のあと、フジパンさんのご厚意で、これまた特別に社員食堂でお昼ごはんをいただきました。

肉系と魚系の2種類の日替わり定食。カレーやナポリタンなど惹かれるメニューがたくさん!  パンもしっかりありましたよ。


ずらずらずらーっと並ぶA定食、チンジャオロース!



味噌汁はさすが名古屋!赤だしです!
オジ旅1号知らないオジさん、ご満悦

美味しかったです!ごちそうさまでした!

オジ旅 x スナックサンドがコラボ!フジパン工場でオリジナルのスナックサンドを試作!予想外のナムルが美味い衝撃 #オジ旅PR #スナックサンド工場見学

本日のフジパン工場見学の目玉はもちろん新商品である「キューちゃん&マヨ」の試食と製造ラインこ見学に他ならなかった訳ですが、もう一つあったのです。目玉。目玉は二つついてますしね?

ということで、われわれオジ旅メンバーがオリジナルレシピを持ち込み、オリジナルのスナックサンドを作ってしまったのです! これはなんという夢のある企画なのでしょう。美味しそうなレシピは、ぜひ真似して頂きたく思います。

スナックサンド専用の食パンを用意して頂き、自分たちの食材を用意して、レッツ・スナッキン・サンディン!

思い思いの食材で、オリジナルスナックサンドの準備にとりかかるオジ旅一行。

専用の型抜きまで用意して頂きまして。

黒糖バージョンのパンまで。これが本当に甘い香りしてました!

ぼくが準備したのは、サンマの蒲焼、鮭ほぐし、わさびマヨネーズです。この時点までは「わさびマヨネーズ最強!」と思っていたのですが‥‥。

材料を叩いて砕く武者さん。

カレーペーストとポテトサラダを混ぜる武者さん。

出来合いのものをシンプルに和えてフィリング(中身)にする人もいれば、武者さんのようにこだわって調合する者もあり。実に性格の出る準備風景でした。

鮭ほぐしわさびマヨネーズ。

缶詰のサンマの蒲焼。

紅生姜。

型抜きの様子。

けっこうキレイにできますよね!

鮭ほぐしわさびマヨネーズ。鉄板だろうと思いきや、実はいまいちだったのです。辛味はいらない。パンにはわさびは合わないのかもしれません。ノーマルのマヨネーズなら、ガチの美味さだったはずです。失敗しました。

わさびマヨネーズで和えるか、そのまま入れるかで悩んだサンマの蒲焼は、決起、そのままで。単品でアジが調整されているので、そのままで正解でした。パンに魚!? と思うのですが、甘ダレもあり、バッチリの味でした。

焼きそばパンの焼きそば抜きがコンセプトの、紅生姜わさびマヨネーズ。悪くはないのですが、ちょっと塩っぱいのです。紅生姜になんらこの調整を加えれば、紅生姜スナックサンドは割とありなのでは、と思ってしまったりして。

7人で21種類ものオリジナルスナックサンドを作ってしまいました!!!

壮観&圧巻。

お楽しみの試食タイムでは、みんなで気になるスナックサンドを食べました。工場の方が気になったのは、ナムルのようです。ぼくも食べてみたのですが、ナムルは想定外に美味い!

ザクザクした食感もいいし、意外にごま油がパンに合うんだなぁ、と驚きました。

ここでメンバーのレシピ公開です(順次、追記します)。

コグレ
・鮭ワサビマヨ
・サンマの蒲焼
・紅生姜マヨ

矢野
・いわきサンド(カツオフレーク、生青海苔)
・沖縄サンド(スパム、卵焼き、あぶら味噌)
・おまけ(スモークチーズ、カツオフレーク、生青海苔)

こばやし
・ナムルサンド
・さつま揚げマヨ

ダイゴマン
・梅マヨサンド(フリーズドライ梅干、マヨ)
・チーハムサンド(チーカマ、ハム)
・チーハムサンド2(さけるチーズ、ハム)
・スパ梅サンド(スパム、フリーズドライ梅干)ディズニーランドみたいな味

矢野さんの海苔も美味しかったです。意外に海のものとパンは合うんですね。

実際に自分でスナックサンドを作って思ったのは、食感、食材のバランスが思いの外、重要だということ。パンに合わせるために、ある程度の粘度はあったほうが良さそうですし、塩加減などのバランスで美味しくなったり、全くそうでなかったりすることが分かりました。

そんな観点から考えると、新商品の「キューちゃん&マヨ」がいかにすごいかが分かります。漬物の塩気、食感、マヨネーズとのマリアージュ。これは凄いことですよ。

フジパン西春工場でスナックサンド「キューちゃん&マヨ」が作られる工程を見学した! その2 スナックサンドの製造ラインをこの目で見た編 #オジ旅PR #スナックサンド工場見学

厳重なチェックを経て、フジパンの工場の中へ入ることができました。いよいよ、スナックサンドの製造ラインを見学します。工場の中を歩いて、抜けて、ある部屋に‥‥スナックサンド、作ってるー!

印象として、思ったより短い生産ラインなのです。スナックサンド専用の食パンも工場内で作られており、それをカットし、フィリングを詰め、ギュッと圧着してからの袋詰め。確かに工程としてはシンプルです。

これは検品作業をしているところ。機械の目でチェックするところもあれば、人の目でしっかりとチェックされているところもありました。

これは袋詰め作業の機械。ロールになった袋から、袋詰めになるんだ!

検品後のスナックサンドが届くペースに合わせて、袋詰め作業の動きのスピードが調整されます。専用マシン、やりおる。

1枚のシートを上からかぶせ、余ったところが下にぐるりと回り、貼り合わせられ目袋になります。

トゲトゲで上から押さえて、スナックサンドとスナックサンドの間をカット!

シュッと飛び出してくるスナックサンド。

出てきました「キューちゃん&マヨ」。これが8/1より全国的に発売開始となる、漬物とコラボレーションしたスナックサンドです。キューリだけに緑色のパッケージなんですなぁ。

ちなみに、製造機械はフィリング(中身)を入れ替えれば、違うスナックサンドがでるようになっています。全国的には毎月35種類のスナックサンドが製造され、ここでもそのうちの数種類、中部地方向けが製造されているそうです。ちなみに定番商品は10種類くらいだそうですよ。

そうそう、フィリングを変えるなら袋も変えないと。他の商品用の袋のロールも置かれてました。

と、ここで出来立ての「キューちゃん&マヨ」を試食させて頂くことに。

メンバー一同「これは、美味い!」

そうなんです。美味しいんです。恐らく多くの人は「パンと漬物!?」と思うはずなのですが、漬物だったらライスかと思いきや、パンなんです。食べないと分からない、味と食感です。

フィリングはマヨネーズにみじん切りにしたようなキュウリのキューちゃんです。しかもキューちゃんはスナックサンド専用。パンとマヨネーズに合うように調整されているのでしょう。

あえて他のものに例えるなら、ピクルス的なポジションでしょうか。マヨネーズがキューちゃんの塩っぱさを包み込み、それをさらにスナックサンド専用の食パンが包み込み、漬物とパンという新境地に到達してしまうのです。マヨネーズ&キューちゃんは、タルタルソースの手前くらい、と言っても良いのかもしれません。

これはヤバイでぇ。ビールに合うスナックサンドの誕生です。

こちらはスナックサンドの袋に不良がないかチェックする最後の工程。


ここを通過すると、スナックサンドは製品として出荷されていく訳です!


スナックサンドが誕生した9月15日は「スナックサンドの日」です。みなさん、お忘れなく!

フジパン西春工場でスナックサンド「キューちゃん&マヨ」が作られる工程を見学した! その1 工場に入る衛生管理を通過編 #オジ旅PR #スナックサンド工場見学

ということで、今月のオジ旅も工程を見学です。愛知県にあるフジパン西春工場までやってきたのです。何を見学するかというと、8月1日から全国的に発売されるスナックサンドの新商品「キューちゃんのマヨ」の製品ラインです。

キューちゃんて、あのキュウリのキューちゃんです。え、漬物がパンになるの!? なるんです。とりあえず工場の中に入ってみましょう!

工場は名鉄名古屋駅から15分くらい、さらにタクシーで10分くらいのところにありました。

東海地方は梅雨明け、快晴です。

下駄箱に「オジ旅様」の表示が! あ、あああ、ありがとうございます!

会議室に行くと、早速、工場見学の準備です。

食品の工場なので、上から下までバッチリ密閉するような格好になります。

途中経過。弁慶みたいになってる武者さん。

上から下までビチッと密閉。足首にもサポーターをして、隙間から何かがこぼれ落ちないようにします。

いざ、工場へ。

まずは自分で吸引。40秒。必ずこうした装置にはタイマーがついていて、等しくクリーンナップするようになっています。

眉毛、まつげもテープでチェック。抜けそうなものはないかな? って、そこまでやるんだと驚きました。

写真には写ってないところで、足元のゴミをコロコロで掃除しているところ。ここもタイマーあり。

手を洗い、爪を洗うのもタイマーあり。

手の消毒もタイマー。きっちりしてます。

密閉空間で、送風装置でゴミやほこりを吹き飛ばします。

これで終わりかと思いきや、またもやコロコロでゴミ取り作業が!! とこまでも徹底しています。


そこまでやってやっと「キューちゃん&マヨ」に出会うことができたのです〜。できたて。

続きはまた!