時代は「YES!高須!」ではなく「YES!庄屋」 #オジ旅PR #新宿西口オイスターバー

庄屋グループが新宿西口に新業態の店をオープンするという。

その名も「新宿西口 オイスターバー」。

侮ることなかれ。

危ぶむことなかれ。

ガチのオイスターバーなのである。

一歩店に足を踏み入れると、
スタッフの「イェース!!!」の声がこだまする。

ロブスターやクラブも

ガチなのである。

フード全品半額!新宿西口オイスターバー オープン記念! #オジ旅PR #新宿西口オイスターバー


6月14日オープン!新宿西口オイスターバー

新宿西口に直結している新宿パレットビル8階に庄やグループが6/14にオープンさせるのが新宿西口オイスターバー。今回は一足早くメディアレセプションにご招待いただきました。

本場ニューヨークさながらの新宿西口オイスターバー

エレベーターの扉が開くとそこはもう本場ニューヨークのオイスターバーそのもの。オイスターバーですが、目の前のアイスケースに並べられているのはホタテやオマールエビ、ムール貝、なんだか大きな蟹など、新宿西口オイスターバーのメニューの豊富さを想像させてくれます。

新宿西口オイスターバー店の入り口

入ってすぐのカウンターには生ハム原木も鎮座。

本場ニューヨークのオイスターバーで味わうような本格料理を、カジュアルに、かっこよく、楽しく」をコンセプトとした新宿西口オイスターバー1号店

と、プレスリリース通りの店内。オイスターバーと言っても敷居は高くなく、気軽に入れ、食事を楽しめる雰囲気です。

メディアレセプション、オープン直後の店内

新宿西口オイスターバーの生ガキは15種類以上

アメリカやニュージーランドなどの生ガキや、国内は北海道、宮城、能登、広島、福岡などその季節に美味しい生ガキを仕入れているそうです。

メニューはお店の方が丁寧に説明してくださいます。


オイスタープラッター。生ガキが美しく並べられたオイスタープラッターは8個3,800円、16個7,400円、24個9,800円。

どの生ガキもふっくら肉厚で輝いています。

もちろん1個からオーダーできるので少人数でも安心。

ソースはピリッと辛みの効いたサルサソースと、さわやかなジェノバソース、そして日本ならではのポン酢です。

もうね、ぷりっぷりです!噛むと口の中に濃厚な牡蠣のミルクがはじけ飛ぶ!これ以上ない新鮮さ!

常時15種類以上の生ガキが用意されている新宿西口オイスターバーだからこそ楽しめるのが「産地によってこんなにも味が違うのか!」という生ガキの特徴。かなり楽しめます。

新宿西口オイスターバーの生ガキ以外の牡蠣メニュー

牡蠣好きにはたまらない、牡蠣メニューの数々。とくに6種類あるグリルドオイスターはおすすめ!カリっ、ふわっ、とろ〜っ。 1個290円からで「エルエミニョンヌ」(スピナッチ、ホワイトソース、パルメザン)、「ロックフェラー」(バターにんにく、パルメザン、ほうれん草)など。

 

ワインバーはワイン飲み放題の新宿西口オイスターバー

ワインバーはなんと2時間2000円で飲み放題!白ワイン4種類、赤ワイン4種類、この他にスパークリングワインもあります。

セルフ式で30ml、60ml、90mlと量を選べるのでテイスティングしてからお好みのワインを決めることもできますね。

それぞれのプレートには甘さ辛さ、酸味、ボディの目安も表示されています。
ワイン飲み放題のワインバー 新宿西口オイスターバー

ワイン好きのオジさんは狂喜乱舞のワインバーです。

後述のメニューで分かりますが、ワインバー以外のアルコールメニューも豊富です。


 

 

パンは無料!そして食べ放題!

新宿西口オイスターバーはバーと言えどチャージ無し!その上パンは完全に無料です。この美味しいパンも思う存分いただけます。

牡蠣以外のメニューも豊富な新宿西口オイスターバー

魚介、肉、イカスミと3種類もあるパエリア(パエージャ)は1人前1,700円。オーダーは2人前から。

こちらは魚介のパエージャ。

ムール貝、エビ、あさり、ベビーホタテ、タコもいたはず。魚介のエキスをたっぷり吸ったパエリアも絶品です!

 

 目でも楽しめるシェフの気まぐれサラダ1,000円。

 

ロブスターのビスク1,450円はロブスターそのもの。ロブスター好きにはたまらないスープです。

目の前のオジさんはおもむろにパンをロブスターのビスクに突っ込みました。正解ですね。絶対美味しい!

スープはこれ以外にオイスターチャウダー850円。そしてマンハッタンクラムチャウダーとニューイングランドククラムチャウダーの2種類(ともに780円)のクラムチャウダーを揃えているお店はそう多くないと思います。
 

 

日によってメニューが変わる「本日のシェルフィッシュ」。今回はスチームロブスター4,500円。

ロブスターがどれだけ大きいか示すには手に持つしかないと考えました。ずっしり。

ゴロンと殻からでてきたロブスター。

 

キングサーモングリル1,400円にビックリ!こんな肉厚でトロっとしたサーモン初めて!これもおすすめの一品です。

 

肉メニューもありますよ。神田の肉バル ランプキャップも運営する庄やグループだからこそできるオイスターバーなのにステーキメニューも!アウトサイドやランプキャップ、サーロインなど!

デザートだってあるのが新宿西口オイスターバー

大人のティラミス500円は甘すぎない大人の味。そして濃厚過ぎないので食後にぴったり。

ホットアップルパイ&アイスクリーム750円。サクサクでクロワッサンのようなアップルパイも絶品!

なんとデザートにあうワインまで選んでもらいました。この日のワインの中から、カルタン・ゲビュルツトラミネール。芳醇なフルーツの香りがするワイン!

オープン記念 フードメニュー全品半額

これまた太っ腹な庄やグループ!6/14(水)新宿西口オイスターバーのオーブン当日はフードメニューが全品半額となるそうですよ!

 

いつもお世話になってる庄やグループ広報の亀田さんとオジ旅11号。


店内の様子をざっと動画にまとめたものはこちらです。

新宿西口オイスターバー メニュー

新宿西口オイスターバー 営業時間・予約など

住所:東京都新宿区西新宿1-1-1新宿パレットビル8F(JR新宿駅直結)
電話:03-6279-0184
営業時間:12:00~23:00
定休日:なし
席数:88席
予約について:通常時期は可能ですが、オープンイベントの日はできないそうです。

公式サイト:新宿西口オイスターバー庄やグループ本部大庄ホームページ

オイスターバーだけど牡蠣以外のおすすめメニューがたくさん!#オジ旅PR #新宿西口オイスターバー

庄やグループの新店舗、新宿西口オイスターバーが本日(6/14)オープン。
メディアレセプションにご招待いただいたので、一足先にメニューをチェックしてきました!
おじさんやっててよかった。

牡蠣以外のメニューもたっくさん!

オイスターバーなのでもちろん牡蠣の種類は豊富&美味しくて間違いないのですが、牡蠣以外のメニューも美味しすぎた。

私が一番好きだったのは「ロブスターのビスク」。
えび200%の濃厚さで、パンがエンドレスで食べられそう。


「キングサーモングリル」も美味。
サーモンは表面がグリルされていて、中はレア。やわやわの食感で飲める。
ソースも最高。またしてもパンがエンドレスで食べられそう。


ちなみにパンは食べ放題。エンドレスでも安心。

あとは当日の仕入れ状況によって変わるメニューもあるから、絶対店員さんに聞くべき。
この日は「ダンジネスクラブ」という聞いたことない蟹をおすすめされました。


味噌がグラタンみたいで超うまいの。
ソースが3種類ついてきたけど、ソースなしでぱくぱく食べちゃったほど、身の味が濃い。うまい。

通常メニューでロブスターも。


おじさんは丸飲みスタイル。


一番衝撃だったのが、「フライドオイスター」
カキフライだろ?と侮ることなかれ。ケイジャンソースで下味がついていて、衣はクラッカー。
感動の全く伝わらない写真で申し訳ないけど、私の知ってるカキフライと違う。全然違う。


白米じゃないゴハンものも充実!

パエリア
※パエリアは少し時間がかかるので早めに頼んだ方がよさげ


ビーフストロガノフ(写真が下手)


お肉もメニューにあって、サーロインを出していただいたはずなんですが、トイレに行ってる間になくなってました。写真撮れず無念。

万が一牡蠣が食べられなくても、十分楽しめるので、飲み会なんかに超おすすめ。
ワインはなんかかっちょええ機械から出てくるよ。

赤白4種類ずつが飲み放題で¥2000

ソムリエがチョイスしてるそうで、どれも雰囲気の違うワインで美味しかった。


牡蠣はその日のラインナップが黒板に書いてあるよ。


飲みに行こう、誰か。

#新宿西口オイスターバー は、昼からハッピーアワーだしランチ使いもok #オジ旅PR

昼酒スポットとして見逃せません。


牡蠣好きさんは注目です。新宿西口にあるパレットビル8階に、新宿西口オイスターバーがオープンしましたよ。パレットビルがどこか、ですって? アレですアレ、ユニクロが入っているビルです。


オイスターバーというと、かなりお高いイメージがあります。ガンガン焼きとかキロ単位で数千円のリーズナブルな牡蠣ばかり頼んできた身としてはちょいと敷居が高い。でも新宿西口オイスターバーは、ワイン飲み放題が2時間2000円。肝心の牡蠣も1粒350円から。あら。

リーズナブルな牡蠣の盛り合わせもあります。訪れた人数に合わせて盛る牡蠣の種類や数を調整してくれるので、チーム戦にも向いているんですね。


だって1皿1皿のボリュームが大きく、うまい!


「コレうま!」「どれどれ…!」と味と喜びをシェアしながら盛り上がりたいものじゃないですか。

お店のオープンは12時から…ということは!


昼飲みスポットとして、そしてランチスポットとして使えないでしょうか。


オープン前の試食会にもご招待いただいたのですが、気になりすぎてそわそわしちゃったので、ゆきふるのごーくんとランチチャレンジしてきましたよ。


オープン2日目の12時半。ランチできるスポットとしてはまだ知られていないために空いていましたが…今後台風の目になるかもですよココ。

というのも、だ。


一品料理のサイズが大きめでメイン級。サラダがついて350円のライスセットとの組み合わせで、お腹いっぱいになれるのです。


パンズは別途食べ放題! これ以上の炭水化物はいらないという方は、


昼酒いってもいんじゃないかな!なおハイボール350円からです。グラスワインは600円から。んー、ワイン行くなら2000円の2時間飲み放題をチョイスしたいけど、ランチ後仕事にならないでしょうかw


メインのお値段、見てみましょう。牡蠣とベーコンのアヒージョは800円。粒ニンニクも入っていて、満足度高し!


こうなったら白い大地にダイブさせるしかないですね! 牡蠣アヒージョon theライス!


マグロとサーモンのタルタル with 厚切りポテトチップス(850円)はパンとの相性がグー! これならライスセットなし、食べ放題パンでミニサンドイッチ作るといいかもー。


デカくてコロモがパリパリで身がアプリリアなNYフライドオイスター(700円) は、ランチのメインとして最強種でしょう。ケイジャンスパイスの芳しい薫りとスパイシーな味が、ご飯と最強タッグです。


さらにじゃな…これまた美味しいタルタルをかけるとじゃな…!

いや、アリですいいとこです。新宿駅近に、昼過ぎから居心地も味もいいスポットできちゃってどうしよう。


「でもランチメニュー、あったらいいよね」と話していたら、店長さんが「鋭意開発中です」だってばさ。いや、これはまた行くしかないねえ。

住所:東京都新宿区西新宿1-1-1新宿パレットビル8F

ワガママ言っちゃいました #オジ旅PR #目黒オイスターバー

ソフトドリンクメニューもいろいろ

目黒オイスターバーにはソフトドリンクメニューもあります

フレッシュキウイジュース飲みたい!でも炭酸飲めない!

 

わたくし9号、「これ炭酸抜きで作ってもらえますか?」と無茶なお願いしたら作ってくださいました!

 

美味しい!!

なかにはたっぷりのキウイ!

目黒オイスターバー 営業時間・予約・クーポンなど

住所:東京都目黒区下目黒1-1-2 七幸ビルB1F
電話: 03-6421-7541
営業時間:17:00~23:30
定休日:日曜日
公式サイト:http://search.daisyo.co.jp/shop.php?shop_cd=1942
目黒オイスターバーの予約
目黒オイスターバーのクーポン(クーポンは無い場合もあります)