神ってこういうことだと思った「居酒屋きよし」 名古屋 栄 #オジ旅

名古屋編

フジパン スナックサンドの工場見学を終えオジさんたちの夜が始まりました。

泊まったのは名古屋駅から2駅離れた栄駅です。理由は簡単「栄のほうがディープな飲み屋が多そうだから」


ここからは日帰り出張にきていた都内の某店の社長と合流したぶー。🐽

あてもなく歩いていて目についたのは超レトロな建物。

ビルの前にはなんとメニューが出ているではないですか。オジさんたち興味をもちはじめましたよ。

お店を決めるときの流れはいつもこう。

オジ旅4号KOGUREさんが「武者さん、武者アンテナではここはどうですか?」  決して前にズカズカ出るような感じではなく、でも上手にみんなをコントロールしてるのがKOGURE隊長です。

そしてオジ旅3号ムーシャが判定をはじめます。

 

「とりあえずちょっと一杯だけ」

まぁ、一杯で済むはずないんですけどね。

オジさんたち皆この建物に釘付け。あとで聞いたのですが、築60年の建物だそうです。
オジ旅メンバーの約1名 、ほぼこの建物と同級生もがんばって写真を撮っていましたよ。 

60年前の日本にもこんな高い建物が建っていたのですね。団地ブームの頃の団地よりも高い建物です。

居酒屋「きよし」 入りまーす。

 

画像右下は「きよし」ではありません。「ゆーいち」
いただきます。


お通しででてきたこの茄子の煮浸しが絶品でした!
どてみそ450円

串カツ2本350円。

あまり口数は多くない大将が次々とお料理を作ってくれます。


 

 

オジさん増殖! 名古屋のドンであるダンボさん登場。ダンボさん詳細はKOGURE さんのこちらの記事で。>> ピンク色の不思議なラーメン屋「ももまる」

予想通り一杯で済むことはなくボトルまで一本空けてしまった頃、次の店に移るタイミングかと数名が時間を気にし始めました。

寡黙だったお店の大将がそのときボソっと「その時計20分進めてある」と。

神だ。呑んべえにとっての神はここにいた。

とても居心地がいい「居酒屋きよし」きっと今まで何人も電車の時間に間に合わなかったりしたんでしょうか。

いつも最後はオジ旅6号ダイゴマンが活躍。大きくなれよ、ダイゴマン。

居酒屋きよし

住所:名古屋市中区錦3-8-24

「営業時間は黄昏より眠くなるまで」 神だ。