【2日め夜】六本木でケバブ屋のお兄さんに腕を掴まれたりしたけどカレー南蛮そばを食べました。 #オジ旅 #カレーひとり旅

大晦日の夜です。そろそろ麺的なものが食べたくなりました。

今夜は乃木坂方面に行く予定がありましたので、ついでに六本木に出かけて、カレーうどんとかカレーラーメンとか、何かそのあたりのものをいただこうと考えました。


でも、さすがに開いているお店がなかなか見つかりません。

阿夫利も。
実之和も。

ことごとく閉店していまして。

つるとんたんは開いていたのですが、すごい行列で泣く泣く諦めて。


さて、どうしようかなと思って、夜の六本木を歩いていたんですよ。

で、ケバブ屋さんがずらりと並ぶ一角に通りかかったときのことです。

屈強そうなお兄さんにガッと腕を掴まれまして、

「スグニデキルヨ」

と耳元で囁かれたのです。

やべえ!怖ええ!

慌てて腕を振りほどき、その場を足早に立ち去りました。

もうどこでもいいから、カレー麺的なものが食べられるところに入ってしまおうと考えて、ふと見ると、ありましたありました!

小諸そば。


メニューを見ると、ありました!

「カレー南蛮そば」。


ちょうどカラダが冷えたところでしたので、とてもおいしかったです。


あっという間に完食!

ごちそうさまでした!!

小諸そば 六本木店
東京都港区六本木4-10-8

【2日め昼】いつもの散歩コースで東池袋に。サンシャインシティの「トプカ」で何となく昨夜のリベンジ。 #オジ旅 #カレーひとり旅

目が覚めたら午後2時近くになっていました。

まぁ、休日はいつものことですけど。最長で20時間ほど寝続けていたこともあります。とくに秋から冬にかけては、よく眠れますね。そのうち冬眠するんじゃないかと思います。

あ、永眠じゃないですからね?

ともかく、昼ごはんを求めて池袋方面に出かけました。


ぶらぶら歩いてカレーが食べられるお店を探していたのですが、そういえば、サンシャインシティに「トプカ」があることを思い出しました。

昨日、本店まで行ったのに、あえなく撃沈してしまいましたが、サンシャインなら営業してるだろう、と思ったしだいです。

はたして、


開いておりました。


トプカには、欧風カリーもインド風カリーもありまして結構目移りしますが、ここは好物のバターチキンカリーを。


クリーミーでおいしかったです!

ごちそうさまでした!
ちなみにサンシャインの噴水広場では、しばらくイベントがないみたいでした。いいんですけどね、別に。


トプカ 池袋サンシャインシティ店
東京都豊島区東池袋3丁目1 サンシャインシティ アルパ

【1日め夜 その2】見上げたところにタイ料理店が!神田「あろいなたべた」でレッド&グリーンカレー。 #オジ旅 #カレーひとり旅

【1日め夜 その1】はこちら → http://ojitabi.com/?p=8413

寒空の下、神田の駅前でうろうろしていたら、何だか派手派手しいお店が目に飛び込んで来ました。


な、何だこれは!怪しい!

と思ったのですが、怪しければ怪しいで目が離せなくなるのが、まぁオジさんの「性(さが)」というもので。

で、よくよく見たら「タイ料理」「あろいなたべた」という文字がありました。

確か以前に有楽町の高架下にあった人気のお店じゃないですか! ここなら間違いなくカレーがあるはずです。さっそく階段を上がって入口に。

それにしても、もともと何の店だったんですかね。ちょっと開けるのに勇気がいりそうなドアなんですけど。


こちらのお店は全品630円。メニューの種類も豊富です。

セットメニューも630円とお得な感じ。


もちろんカレーもありました。


さっそく、タイ人のスタッフさんに「46番」とシンハービールをお願いしました。


コップはありません。瓶で飲みます。

そして、カレー。


うれしいことに、ちゃんとタイ米です。

もちろんカレーも、しっかりと辛くておいしいです。チキンやエビなど具もたっぷりでした。



お店の方に伺うと、やはりこちらの店、2年前に有楽町から神田に移転したとのこと。「広くなってお客さんたくさん来てくれてうれしい」と、ほんとにうれしそうな笑顔で話してくれました。

ぼくも、今ここに、この店があって助かりました。

それにしても。

今日のところは何とかカレーを食べることができましたが、明日からがちょっと心配です。

まぁとりあえず、帰って寝ますかね。

あろいな(aroyna)たべた 神田西口店
東京都千代田区内神田3-8-7 星座ビル2F

【1日め夜 その1】秋葉原から神田までカレーを求めて彷徨いました。 #オジ旅 #カレーひとり旅

ずっと家にいても仕方がないので、夕方から秋葉原に出かけることにしました。


とくに目的はなかったのですが、とりあえず「ラジオ会館」に行ってみることに。


まぁとにかくすごい人波で、早々に退却して、カレーを食べに行くことにしました。

そういえば、たしか近くに「トプカ」があったよな、と思ってぶらぶらと向かったのですが、


あいにく、ちょうど年内の営業が終わったところでした。

まだ店内にスタッフの方がいたのできいてみたところ「年明けは4日からやってます!申し訳ありませんが、またいらしてください!」とのことで。

こうなったら仕方がありません。神田まで歩いて、どこか適当なところに入ろうと、夜道をぼちぼち歩いて行くことにしました。


で、いざ神田の商店街に到着したら……




もうね、ことごとく年内の営業終了ですよ。

やばい。これは早くもカレー難民か?

(つづく)

ダウンの目利きは「1日休むと取り戻すのに3日かかる」 #東京西川 #オジ旅PR

といえるくらい、シビアな世界かもしれません。

西川レベックス宇都宮工場の品質管理室にお邪魔したオジ旅一行。まずは“ダウン”とはなんぞや、のお話を聞きました。Wikipediaを見ると「ガチョウアヒル等、鳥の(狭義の)羽毛、綿毛。」と書かれてあります。では実際に、鳥の羽毛のどの部分が使われているのでしょうか。

それは胸元のふわふわぶぶん。ええ胸毛です。インコとかも、胸毛はふわふわだったなー。

羽根の部分、フェザーは羽根枕などに使われることが多いそうです。ンが、そういえば10代の頃、バイトして買ったダウンジャケットは羽根がいつのまにか飛び出てきたことあったなー。あれはフェザーの割合が多い、普及価格帯の品だったということなのでしょうね。

さて羽毛ふとんの品質差&価格差。それはどの鳥のダウンを、どれだけ多く用いているかによって変わってきます。布団部分の作り込みもありますが、原材料の価格がそのまま製品の品質と販売価格に反映されるということですね。

例えばダウンの割合が多ければ多くなるほど、軽くて保温性も高い、高品質な羽毛ふとんが作れます。さらにダック(アヒル)よりも、グース(ガチョウ)のダウンを使ったほうが品質を上げることができる。

ダックとグースの違いは、ダウンの形状にあります。グースのほうがダウン自体が大きく、ふわふわとしたファイバーをつなげている節(羽枝)の部分が、鋭角な二等辺三角形の形状をしている。ダックの節は大きめで正三角形。

どちらも汗を吸って、水分を帯びてくると羽毛の部分がねじれて膨らまなくなってきます。けど、グースダウンはコシがあって乾燥させると元に戻りやすい。でもダックダウンは元に戻りにくい。ねじれたときに引っかかって、ダマのままになってしまいやすいんだそうな。

うおおお。今まで気にしたことなかった。そうか、だから長く使えるダウンジャケットはグースダウンを使ったもので、ゆえに高価ということだったのか!

ダウンの生産地によって羽毛ふとんやダウンジャケットの価格・格は変わってきます。でも中に何の鳥のダウンが使われているかもチェックしないと、いいお買い物はできない。ということなんですね。

西川レベックスには圧縮された状態のダウンが、海外から届きます。長くつきあいのある業者から輸入していることもあって品質に間違いはないのですが、それでもより純度の高いグースダウンの羽毛ふとんを作れるように、入荷時と洗浄後に組成選別試験を行います。

試験の内容は次のとおり。結果から混合率を算出します。

①3gの羽毛から、フェザーを指でブラッシングして選別(フェザー、ラージフェザー、損傷フェザー、陸鳥フェザー)
②フェザーファイバーを分別
③ダウンボール(良質なダウン)とファイバーなどを分別

フェザーとダウンの違いは、まだわかるかもしれません。でもフェザーのファイバーとダウンのファイバーを見分けるだなんて、無理難題すぎ。でも西川レベックスのみなさまは、ちょっとチェックしただけでどんどん分別していきます。

この目利きの技術、一週間も休んでしまうと衰えてしまうものなのだそうです。タイトルの「1日休むと取り戻すのに3日かかる」は言い過ぎかもしれませんが、個人的には楽器や格闘技を極めた方々の持つセンシビリティと同じものではないか、と思うのです。

【1日め昼】大塚「とんかつ逸業」のカツカレーがピリ辛でうまかった! #オジ旅 #カレーひとり旅

いつものことですが、年末年始休暇に入っても、まったくのノープランです。でも、まあ、家にいてもしょうがないので、とりあえず駅に向かいました。

で、たまに行く近所のとんかつ屋さん「とんかつ逸業」に通りかかったところ、

ランチメニューに「カツカレー」があるのを発見しまして、

そういえば夜しか来たことがなかったので、さっそく食べてみることにしました。

カツが揚がるまで待つこと5分少々。

で、出てきたのがこちら。

ボリュームたっぷりのロースカツがどーんと乗っていました。

揚げたてなので、熱くて厚い!

しかも、カレーが見た目以上に辛くてうまい!

後でご主人に訊いてみたら、最近味つけを変えて辛くしたばかりなのだそうで、常連の皆さんからの評判も上々なんだそうです。

いやー、おいしかった!

おかげで幸先のいいスタートが切れました。

さて。

結構おなかがいっぱいになりましたので、ちょっとひと眠りしたいと思います。

とんかつ逸業
東京都豊島区北大塚2-6-4 1F

羽毛ふとんに入れるためのダウン、その磨かれっぷり #東京西川 #オジ旅PR

品質を極めるということがどういうことか。学ばせてもらいました。

先日お邪魔してきたのは東京西川の羽毛ふとんを作っている工場、西川レベックスの宇都宮工場。海外から原材料となる羽毛を仕入れ、そこからは製品となるまで一貫して生産を行っている工場です。

最初、羽毛の原材料・原毛は輸送費を削減するために、圧縮された状態で送られてきます。すでに一回洗浄されている状態ではあり、メーカーによってはこのままダウン製品に使うこともあるとか。

しかし東京西川の羽毛ふとんで使われるダウンは違います。

まず木製のサイロに投入され、前除塵機で砂/羽軸/ファイバーといったゴミを取り除きます。いわば巨大な空気清浄機に羽毛を入れ、空気を流して攪拌させることで、羽毛についていたゴミを落とします。

次に洗濯機にかけます。1kgぶんの羽毛を洗うのに必要な水は700リットル。4回洗って8回すすぐ。最終的な排水も見せていただきましたが、これ排水なの?と思えるくらい透明度が高い…というか、普通の水と変わらないほどでした。

なお羽毛の主成分はタンパク質。アルカリ性に弱いんです。ゆえにpHが高く、ミネラルを多く含む硬水だと、溶かしてしまうこともあるそう。しかし宇都宮の地下水は軟水で、羽毛洗浄用に適しているのだそうです。

乾燥時間は15分ほど。この時点で羽毛はふっくらした状態に戻ります。さらに冷却除塵機で、改めてゴミを取り除きます。羽毛を開かせたことで、奥底に入っていたゴミが落ちやすくなるということなんですね。

この冷却除塵機の中の動画が、なんだか映画のなかの世界なんですよ。空気を吸引させることで攪拌しており、見学用?の窓を開けてもまるでタンポポのようにふくらんだ羽毛はただ舞うのみ。美しい…。

さらにネオジム磁石を用いた除鉄機で砂鉄を取り除き、製品につかえる羽毛に仕立てます。

ぶっちゃけ、もっとカンタンなものだと思っていました。まさかここまでの下ごしらえをやっているだなんて。布団ってそうそう買い換えるものじゃないけど、ここまでの段階で、次に買い換えるときは…だなんて考えちゃいますね。

【1日め朝】おはようございます! #オジ旅 #カレーひとり旅

年末年始休暇がはじまりました。

とりあえず朝9時に目が覚めましたので、きのう買っておいたカレーパンをいただきましたよ。

【前説】この年末年始はカレーだけ食べて過ごすことになってしまいました。 #オジ旅 #カレーひとり旅

人はカレーさえあれば生きていけるーーそう確信しているオジ旅7号です。

ふだんはふつうのサラリーマンなので、ちゃんと年末年始にお休みがあります。そして、明日12月30日から待望の年末年始休暇のはじまりです!

とはいえ、57歳・バツイチ・ひとり暮らしのぼくには、バカンス的な行事もロマンス的な秘め事もありません。

基本、寝正月です。

しかも、正月らしいことには、あんまり興味がありません。

おせちも餅も、たぶん、みかんも食べません。

「ん? じゃあ休みの間、何食べるの?」と、ある時、オジ旅4号ことアイコン赤い人に尋ねられました。

「いや、今日び年末年始でもカレーとかならどっかで食べられるやん」
と、ぼくは答えました。

「毎食カレーでも平気なの?」

「ぜんぜん平気やで」

「だったら毎食カレー食べて『オジ旅』に書きなよ」

「……お、おう。ええでー」

と、そんなわけで、まんまとハメられた感を覚えつつ、明日から2017年1月3日までの5日間、昼夜2食ずつ(あ、ぼくは朝ごはんを食べませんからね)カレーを食べ続けることに相成ってしまいました。

下調べも何もしないで、気が向いたらドコカに出かけ、目についたカレー屋さんに適当に入ってみるだけなので、どうなるのか皆目見当もつきません。でも、まー何とかなるかな、と思っているお休み前日の午後であります。

ちなみに、じつは昨日も今日も、気がつくとカレーばかり食べてました。予行演習ってわけじゃなんですけどね。

【28日昼】オフィスの近くにある中華料理店「平和軒」(五反田)の半カレー。

【28日夜】「立呑みとだか」(五反田)の1日限りのカレーライス。

【29日昼】オフィスの入っているビルの地下にある「シロクマカレー 五反田店」のハムカツカレー。

はてさて、年末年始はどんなカレーにありつけるのでしょうか。

はじめましてオジ旅。

旅をした覚えはないけど、オジ旅デビュー。


ばかうけオッジ。


恥ずかしがりオッジ。


ノーマルオッジ。


ごきげんオッジ。


手だけサンズオッジ。


からの、カンプ不在のバーカンプ。
楽しい!

次は旅したい!