沖縄旅行ブログ記事まとめ #オジ旅 #LCC安宿で沖縄豚食べ歩き

1泊2日沖縄旅行〜LCCと安宿利用で沖縄豚を食べ歩き

5人のオジ旅メンバーでLCC(格安航空会社)バニラエアを利用して沖縄に行き、沖縄の豚料理を食べ歩きしつつ、今帰仁(なきじん)アグー豚を勉強した旅です。以下、40本のブログ記事をシーン別にまとめました。(本ページ内の写真は皆んなが撮ったものです)

* * *

今回の沖縄旅行 食べ歩きが全てわかる記事

オジ旅沖縄編 今帰仁アグーの深さを知る旅になりました

沖縄旅行のまとめ動画

* * *

 

東京-沖縄のLCCやホテル、レンタカーなど

1泊2日沖縄豚を食べまくる旅行〜沖縄LCC料金
今回の沖縄旅行の安宿・レンタカー
成田空港第3ターミナル・バニラエアの座席比較
LCCの朝は早い
成田空港第三ターミナル
朝のダイゴマン

 

* * *

 

沖縄旅行の食べ歩き・豚グルメの数々

成田空港第三ターミナルのフードコート

朝カツ
旅はトンテキから
朝の空港で発見、立食い寿司オジさん

 

* * *

あぐー豚しゃぶしゃぶ専門店 我那覇精肉店

昼ぶた
あぐーしゃぶしゃぶ専門店
しゃぶしゃぶ我那覇豚肉店
あぐーとんかつしゃぶしゃぶ我那覇豚肉店

 

* * *

今帰仁アグー料理一式 長堂屋

夕食1回目 今帰仁アグーの長堂屋
今帰仁を勉強中です
今帰仁アグーの焼肉
そして豚しゃぶへ
夜ぶた

 

* * *

ハイウェイ食堂

見栄橋の24時間営業食堂ハイウェイ食堂
2回目の夕食。ハイウェイ食堂
夜そば
〆の雑炊からの!

 

* * *

そのほか沖縄食べ歩きいろいろ

本当の〆はデザートだよなー
ちょっぴりギリシア風 沖縄の瀬長島でタコライス
量と見た目に要注意の骨汁!国際通りから公設市場へ
ポークたまごおにぎり本店
ファンタ シークワーサー味

 

* * *

沖縄旅行での観光・訪問

今帰仁アグー農家を訪問

今帰仁アグーの生産地に向かいます
今帰仁アグーの生産地に到着
今帰仁アグーに会いに!
貴重な体験をしました。今帰仁アグー農家を見学
ぶた見学

 

* * *

首里城

オジさん達が首里城に寄りました
首里城を見学

ひめゆりの塔

ひめゆりの塔にも行きました。

道の駅許田

全国1位の冠もある沖縄【道の駅 許田】

* * *

沖縄旅行のお土産

パスポート不要で買い物できるギャラリア沖縄免税店でロイズ石垣島
沖縄の個人的なおみやげ

 

以上!1泊2日LCCと安宿で行く沖縄豚食べ歩きの旅のご報告でした。

オジ旅沖縄編 今帰仁アグーの深さを知る旅になりました #オジ旅 #LCC安宿で沖縄豚食べ歩き

今回のオジ旅はLCCのバニラエアを利用するため成田へ。成田への足は日暮里駅から京成スカイライナーということで、朝6時30分、続々とオジ旅メンバーが集まります。

旅の醍醐味。ダイゴアジ。ババ抜きです。

1時間もしないうちに成田に到着。LCCは第3ターミナルですので、第2ターミナルで下車します。

第3ターミナルへはシャトルバスか徒歩で移動します。シャトルバスはなにげに時間が掛るようで、歩ける人は歩いたほうが早いかもしれません。1キロ近く、屋根付きですが屋外を歩きます。

第3ターミナルに到着!陸上トラックのような床。

美味しい豚かつや豚しゃぶで人気の豚組Tシャツを着て記念撮影するオジ旅メンバー。豚に対する愛情がひしひしと伝わってきます。

朝ごはんを食べてきているダイゴマンが「小腹が空いた」と。

赤酢の効いたシャリでいただく立喰寿司です。

豪快に頬張るダイゴマン。江戸っ子ですなぁ。

他のメンバーも朝からトンテキ丼やカツカレーを食べてます。強者。

搭乗手続き後、少しの間バスで移動して飛行機の待つ場所へ。いってきまーす!

機内のお食事は個別会計で。美味しいクリームパンがありました。350円です。

初めてLCCを利用しましたが特別大変なこともなく、各種移動の時間や手間が気にならないようでしたら良い選択肢になると思います。お安いですしね!身長が高く体重もある人には席は狭いかもしれません。

めんそーれ!沖縄に到着!また移動が待っております。LCCターミナルは結構な離れにありますので、シャトルバスで空港本体へ。このような移動時間を考慮して旅のスケジュールを組む必要があります。余裕を持ったスケジュールを作成しましょう。

那覇空港でパチリ。さぁ豚肉の旅が始まります!

最初の訪問は「豚しゃぶ専門店 我那覇豚肉店」店頭の豚さんと記念撮影をする矢野さん。お肉大好き。

ランチタイムは各種定食も提供されております。2人席なのに3品の定食がある謎の席。

絶対ご飯がすすむヤツ!

次のお店の行く前にプチ観光。首里城を散歩するオジ旅メンバー。ダイゴマンが小さく見えるのはトリックアートではありません。

警備員さんも振り返ります。

「豚組…?」

兄弟。

スタンプラリーを心から愉しむオジさん。その姿はまるで中学生のようでした。一瞬、お子さんの後ろ姿のように。

恋みくじを発見したチクチクさん。

嬉しそうにくじを引くチクチクさん。

一転して叫ぶチクチクさん。

チクチクさんは吉では満足できなかったようです。

不貞腐れて地域限定ジュースをガブ飲みするうチクチクさん。

本日の夕食1回目?は、この度のメインイベントでもある今帰仁アグーの農場に訪問するので、訪問前に絶対に抑えておきたいと、今帰仁アグーをいただける長堂屋さんに。今思えば、予約無しで入れて良かったなぁという人気店でありました。

入り口から高級感が。

1階はシックにカウンターで今帰仁アグーをいただけます。オシャレ!

見てください!この背中のソリ!これが今帰仁アグーなのだそうです。

注文したのは欲張りコース5000円。コース内容は以下の通りです。

  • 季節の小鉢
  • 季節の焼き野菜盛り
  • 焼肉三種(ももロース・肩ロース・三枚肉)
  • フランスパン(アグーのガーリックソース)
  • しゃぶしゃぶ(本ロース)
  • 季節の野菜盛り
  • 雑炊セット
  • デザート

まずは小鉢。

しっかりとした歯応え。臭みがなくしっかりとした味のお肉でした。

こちらのパンはアグーのラードをつけて焼きます。

脂がまったくしつこくない今帰仁アグー。

島野菜もいただけます。野菜もボリュームたっぷり。

これは芸術的な脂です。

群がるオジ旅メンバー

お肉と脂が大好きな矢野さんもこの表情。

さらにコースは続きます。しゃぶしゃぶです。

とにかく野菜が多い!新鮮野菜が美味しい!

今帰仁アグーの水餃子をいただきました。

見てください。このしゃぶしゃぶ鍋。いちども灰汁を取っていないのです。豚肉のプロ國吉さんに言われて気が付きました。

今帰仁アグーは灰汁がほぼ出ません。綺麗な脂が残るだけ。

そこに女将が渾身の一撃。雑炊セットです。あまりのボリュームで雑炊セットを少なくして貰いまいしたが、その手つきを見ていたらもっと食べられそうに思えてきました。

今帰仁アグーの出汁が効く雑炊が美味しすぎる。

豚肉博士の國吉さんもこの通り。

デザートです。良い仕事をしています。

思いの外ボリュームがあり満足しているダイゴマン。

チクチクさんも美味しさを記録しています。

21時。沖縄そばは食べないとね…ということで、ハイウェイ食堂に訪れたオジ旅メンバー。まだ食べるのか。

ハイウェイ食堂の沖縄そば。肉は特大、麺も大盛り。普通ならこの一杯で食事は終わりのはずです。。。

ここに来てカツ丼を頬張るニクノさん(矢野さん)。

妊婦さんのよう。

22時。本日は解散致しました。こちらはアパホテルの最上階からの沖縄繁華街の景色です。

2日目、5時30分出発。中心地から1時間30分ほどで今帰仁アグーの農場に到着しました。

今帰仁アグーの高田さんにお話しをお伺いします。

可愛い子豚ちゃん。

今帰仁アグーと会話するチクチクさん。

牛さんもいるよ。

放牧されている今帰仁アグー。歓迎してくれているようです。

今帰仁アグーのことや農業のこと、大変合理的で戦略的なおはなしで、あっという間の時間でした。

心に残った言葉。

「食べることによって、この種が存続していく。という意識」

そういう意識で食材を消費するイメージが無かったので凄く刺さりました。

もうひとつ、國吉さんが質問された「農場としては匂いが大変少ないのは何かと理由があるのでしょうか?」と答えが、高田さんのお父様のお気持ちでもあるようですが、

「農場が臭いなら、肉も臭い」

なるほど、商品のために農場を出来る限り清潔に保ってるからこそなのか…!

与えている食材なども関係しているのでしょう。

食べることで今帰仁アグーという種を守る。その姿勢がすごい。

もっと勉強して改めて纏めたい。

いやー、もっともっと國吉さんと高田さんの対談を聞いてみたい!

今帰仁アグーについて、詳しく纏められた豚肉のプロ國吉さんの投稿はこちらからどうぞ

 

「オジ旅さんいらっしゃ~い」とヤギさんも歓迎してくれていました。

豚組

本当に臭いが少ない農場です。快適に見学できました。

お忙しい中、朝一から今帰仁アグー農場を見学させていただき貴重なお話をしていただいた高田さん、ありがとうございました!

その後、午前中のうちに那覇空港に戻り、オジ旅11号が先に戻ることに。続いてオジ旅29号が戻り、残ったオジ旅メンバーはさらに沖縄を満喫されました!

沖縄と今帰仁アグーに感謝。

今帰仁アグーのFacebookページ

https://www.facebook.com/nakijinagoo2000

沖縄旅行 まとめ動画 #オジ旅 #LCC安宿で沖縄豚食べ歩き

LCCと安宿を利用して一泊二日の旅沖縄旅行。

今帰仁アグー農家を訪ねる旅であり、沖縄豚を食べ歩きした旅。

皆んなの素材を繋ぎ合わせて動画にしました。お時間ありましたらご覧ください。

沖縄の個人的なおみやげ #オジ旅 #LCC安宿で沖縄豚食べ歩き

オジ旅のおかげで楽しく過ごした沖縄りょこう…いや「出張」で、いくつか個人的なおみやげを持って帰ってきたのでご紹介♪

初日に首里城へ立ち寄った後に、オジ旅9号ニクノさんからいただいた「首里城マグネット」

全然購入しているのに気づかず、こういうものをさっとプレゼントしてくれるオジ旅9号の細かな配慮に感謝です(T_T)

 

そして首里城で「仕方なくやった」スタンプラリー!

「スタンプおじさん」とか呼ばれて浮かれています(笑)

オジ旅6号ダイゴマンがまとめてくれた動画がこちら↓

こちらはスタンプ10個&正殿を達成して、「首里城オリジナルステッカー&ポストカード」をもらいました♪

(本当は全制覇したかった…)

大事なスタンプ帳は、首里城マグネットを使って事務所のクローゼットに貼り付けました♪

 

翌日、今帰仁アグーを訪ねた際にいただいた「おきなわ食べる通信」

今帰仁アグーについての貴重な参考資料となりました♪

今帰仁アグー訪問の帰り道に立ち寄った、道の駅許田で見つけた「シーサーピンバッジ」

なぜかピンバッジは、この後に寄った他のおみやげ屋さんでもなかなか見つける事ができなかったのでラッキーだったのかも♪
空港には早めに着くことができたので、少しおみやげを物色することができました。

実はガチャガチャ大好きで、見つけるとついやってしまいます(笑)

ソーキそばかシーサーが欲しかったのですが、「水牛車フィギュア」が当たりました…(笑)

いつか本島以外の島にも行ってみたいな〜

ムスコにはわかりやすい「食べ物いろいろ」

もうちょっと有ったのですが、帰ってきてテーブルに置いておいたら、すでにムスコがいくつか食べてしまいました(笑)

そして、1番のお気に入り「アグーちゃん」

オーロラ(AURORA)シリーズの沖縄限定という事で、ちゃんとしていそうなのですが、本物の今帰仁アグー同様、かなり個体差が激しくて選別が難しかったです(^^;;

かわるビジネスリュックに付けるつもりでしたが、40超えたオッサンがぬいぐるみ付けるのもどうかと思い、ムスメのおみやげに♪

きっとデロデロにかわいがってもらえると思います(笑)

全体的にかなりタイトなスケジュールだったので、ゆっくりおみやげを見ることはできなかったのですが、これらのおみやげを見るたびに、その場所毎の本当に楽しかった思い出が蘇ってきます!

うーん。ぜったいまた沖縄いくぞー!

成田空港第3ターミナルからLCCバニラエアで沖縄 #オジ旅 #LCC安宿で沖縄豚食べ歩き

LCCのバニラエアを利用して成田から沖縄に行ったレポート

成田空港第3ターミナルまでの行き方

今回利用するバニラエアが出るのは成田空港の第3ターミナル。ここはLCC(格安航空会社)専用で、第1第2ターミナルとは少し離れています。しかも電車の駅がありません。よって成田空港第3ターミナルまでの行き方は以下のような交通手段となります。

・都内から成田空港へのシャトルバス

「東京シャトル」と「THEアクセス成田」が運行していてこの場合は第3ターミナルまで連れて行ってくれます。https://www.vanilla-air.com/jp/lcc-bus

その他、2015年にオジさんたちが作った伝説のオジ旅、大江戸温泉物語に宿泊してそこから成田空港へのシャトルバスに乗るという手段もありますね。

・電車は第二ターミナルまでしかない

電車の場合はJRの成田EXか上野や日暮里からの京成線スカイライナー。いずれも電車での場合は第2ターミナルまでしか通っていないので、第2ターミナルから第3ターミナルまでシャトルバスに乗るか、15分弱歩く必要があります。

いつも少し離れてみんなの写真を撮るオジ旅11号ワンリキー村上

スカイライナー は事前に座席指定できる

スカイライナーは事前にネットで座席指定することができます。スマホならチケットレス。

駅に入るときは乗車券しか必要なく指定席券は確認されないので、誰か一人が代表して座席指定券を買っておくことも可能(と言うことにあとから気づきました)

眠いオジ旅6号ダイゴマン
ようやく日の出
沖縄旅行に見えないふたり

 

成田空港第2ターミナルから第3ターミナルへ

成田空港第2ターミナル駅で降り、我々は徒歩で第3ターミナルに向かいました。シャトルバスもありますが事前にネットで調べたところ、バスは大回りするので歩くのと時間が変わらないという口コミをいくつか見かけたからです。

沖縄旅行に見えないふたり

第2ターミナルから第3ターミナルへ630メートル。 

道が色分けされているので迷うことはありません。

ただ、ひたすら歩けばいいのです。

吐く息が白い1月の成田空港

 

身軽だった私たちは約10分で到着。

入ってみたら第3ターミナルは意外とコンパクト

バニラエアのカウンターは入って左の奥に。

バニラエアのチェックイン方法3つ

・空港カウンターでのチェックイン
・空港自動チェックイン機械でのチェックイン
・事前にパソコンからのWEBチェックイン

空港に着いて混雑していたりするといやなので、私たちは事前にWEBチエックインをしておきました。WEBチェックインは48時間前からできます。操作できるのはパソコンからのみで、最後に搭乗券が表示されるので搭乗券を印刷して持参します。

印刷した搭乗券を忘れたのはオジ旅29号

さらにそこからバスに乗り飛行機の元へ

吐く息白い1月の成田で半そでわんぱくオジさん

ようやく飛行機!

バニラエアの機材はエアバス社のA320

美しいシャークレット(羽の先)。A320 neoは標準装備ですが、バニラエアが使っているのは旧型のA320なのでオプション装備だと思われます。これによって低燃費になるそう(詳しい仕組みは知らない)

LCC バニラエアの座席の狭さを検証

A320は通路を挟んで3列ずつ

前との座席の間隔はこれくらい。実際に座ってみて「狭っ!」というよりは「やはり少し狭いかな」といったくらいです。

調べてみましたら同じA320の機材でANAの場合は28列 166席、バニラエアは 30列 180席。2列多いだけですね。

そう言えば一ヶ月ほど前にANAのA320に乗っていたことを思い出し、写真を探してみたら似たような写真を撮っていました。「わたしグッジョブ!」と言いたいところですが、微妙にグッジョブじゃない…

同じリュックを持っている方には分かりやすいのですが、ANAのA320では表のフラップ扉が半分近く隠れているところ、バニラエアのA320では全て出ている感じです。

バニラエア飲み物の持ち込みと機内食

バニラエアの機内食メニューです。お茶やコーヒーのドリンクも有料。バニラエア特製のクリームパンがイチオシされてました。気になったものの現地に着いてからのことを考え涙をのんでスルーしていたら、ヤルオジさんがいました。オジ旅11号ワンリキーはバニラエアのクリームパンを食べてました

バニラエアは500mlの水やお茶のペットボトルは持ち込み可能でした。中で飲んでもOK。(開封したペットボトルでも保安検査場を通過できました) アルコール飲料には制限がありますので詳細はこちらで。

バニラエア、オリジナルグッズの機内販売もありましたが気になったのはスカイライナーの割引券。機内販売となりますので帰りのスカイライナーの割引券も売ってるので帰りも利用する人は要チェック

成田から沖縄は時間がかかる

今回のバニラエアは成田発9:10 那覇着12:35で、3時間25分かかっていました。バニラエアだけでなく他の航空会社も羽田から那覇であってももだいたい3時間〜3時間10分。
帰りは2時間から2時間10分程度なのですが、この行きの3時間超えはやはり長く感じました。福岡や札幌は1時間ちょっとなので、少しうとうとしてたら着いてしまう感覚ですが、さすがに3時間超えると長さを感じました。

バニラエアは機内エンターテイメントが一切ない

LCC(格安航空会社)であるバニラエアの国内線には音楽等のエンターテイメントがありませんでしたので、私はスマホに映画を数本ダウンロードして持ち込み、機内でオフライン再生。AmazonプライムビデオやNetflixもダウンロード可能になったので、こういうときに便利ですね。

那覇空港への到着もLCCターミナル

沖縄旅行に見えないふたり

那覇空港もLCC 専用ターミナルに到着。飛行機を降りて建物まで歩きました。

その建物からさらにバスに乗って、一般の建物に。

飛行機が着陸してから出口まで来るのに約25分かかりました。待ち合わせやレンタカーの予約時間など気をつけたほうがいいですね。

ようやく沖縄に着きました。

LCCで沖縄旅行 豚食べ歩きの旅 ブログ記事リスト

今回の沖縄旅行の安宿・レンタカー  #オジ旅 #LCC安宿で沖縄豚食べ歩き

ネストホテル那覇とタイムズのレンタカーを利用

今回の沖縄旅行、飛行機はLCCのバニラエアを利用して詳細はこちらの記事に書いたとおり→一泊二日沖縄豚を食べまくる旅行

友旅なら安くあげられるネストホテル那覇

ホテルはネストホテル那覇に泊まりました。なるべく3000円以下で探していた中で、一番綺麗で施設も充実した一般的なホテルだったからです。


部屋のタイプがシングルやトリプル、フォースルーム、そして和室、和洋室などもありました。沖縄はグループ旅行が多いので、複数人で行くにはこのようなホテルがあるのでいいですね。

今回泊まった和洋室タイプは畳もベッドもある部屋で44.2平米。広い!!楽天から早割14というので予約し一部屋9400円でした。6人まで泊まれるので最安だと1人1566円ですね(^^)

もちろん季節や曜日にによって価格の変動はありますが、ここはまた利用したいと思えるホテルでした。

室内に無料のマッサージチェアーまでありました。

2名分のベッドと和室がある【和洋室】 1部屋9400円(季節・曜日によって変動)


ゆいレール駅から徒歩3分、那覇空港から車でも10分、国際通りへも徒歩10分なので便利な場所だったと思います。

ネストホテル那覇

 

レンタカーはANAからタイムズレンタカーを予約

今回は北部の今帰仁(なきじん)に行く予定だったので車が必要でした。5人なので一番小さなSクラスでも良いのですが、メンバーの体つきを考えAクラスを予約。

レンタカーは飛行機とのセットで予約すると割引が多いので、バニラエアからも探したのですが、ANAでの割引で申し込んだほうが安かったのでANAからタイムズのレンタカーを手配しました(今回オジ旅9号が帰りは仕事の都合でANA便だったため利用可)

免責保証込みで24時間6480円。他社や同じタイムズでもストレートに申し込むより2000~4000円安くなりました。ちなみにSクラスなら4000円台。


室内もラゲッジスペースも広く、みんなのリュックも綺麗に並びました。

沖縄のモノレール【ゆいレール】は一日乗車券で

2日目の13時にレンタカーを返し、その後は空港のロッカーに大きな荷物は入れて身軽な状態になり、ゆいレールで移動しました。


ゆいレールの一日乗車券は700円。3回以上乗るなら一日乗車券の方がお得ということで購入しました。



今回は利用しませんでしたが、一日乗車券があると割引になる施設も多くあるのでいいですね。

沖縄都市モノレール ゆいレール

LCCで沖縄旅行 豚食べ歩きの旅 ブログ記事リスト

量と見た目に要注意の骨汁!国際通りから公設市場へ #オジ旅 #LCC安宿で沖縄豚食べ歩き

国際通りから公設市場を観光


LCC安宿で沖縄豚食べ歩き 2日目の午後は国際通りを散策しました。

沖縄の国際通りは文字どおりに国際的で歩いているだけでも楽しいですね。

姉のような優しさで励まします。

今回は豚の食べ歩き旅だから牛はかんべんしたる

 

 

途中、試飲させてもらったもずくスープが美味しかったです(^^) しかし何を食べても毎回ヤケドするふ2人。どこいった学習能力


オジ旅6号ダイゴマンが、以前に買って美味しかったという、島とうがらし海苔を探す旅がはじまりました。

島とうがらし海苔の情報をネットで探しまくったところ、公設市場の中にありそうということで入ってみることに。


「みき屋」という店にいきなりあったので購入。

そして公設市場の2階へ。ここはいくつかのお店が集まっていました。1階で買った食材を調理してくれる店舗も。


公設市場2階 がんじゅう堂はさまざまな沖縄料理のメニューが並んでいました。


まずは沖縄料理の炊き込みご飯「じゅーしー」のおにぎり。2個で300円。ランチタイムなら沖縄そばなどにこのじゅーしーおにぎりが無料でつくそうです。
そして沖縄料理、中味汁(中身汁)600円。なかみとは豚の中身。内臓です。豚の食べ歩き旅ですから中身もしっかりいただきます。
さらにはダイゴマンイチオシのあぐー骨汁(550円)。

どんぶりに山盛りです。

一緒に出てくるのはバケツ。食べ終わった骨を入れていきます。

そしてストロー。きっと中の美味しいやつを吸い出すためですね。


我々にはストローがなくても大丈夫です。豚の食べ歩き旅ですから、もちろん骨までしゃぶらせていただきます。

あぐーの骨汁はその他の豚肉料理で最後の最後に残った骨を長時間煮込んだものだと思われます。とろっとろでコラーゲン豊富。スープがとても美味しかったです(^^)

那覇市牧志第一公設市場

 

住所 沖縄県那覇市松尾2-10-1
営業時間 8時~20時(店舗によって異なる)
定休日 第4日曜日。12月は無休

公式サイト http://kousetsu-ichiba.com/tenpoichiran.html

LCCで沖縄旅行 豚食べ歩きの旅 ブログ記事リスト

ポークたまごおにぎり本店 #オジ旅 #LCC安宿で沖縄豚食べ歩き

沖縄のソウルフード ポークたまごおにぎり

ポークたまごとはSPAMのようなポークランチョンミート(コンビーフの豚肉版みたいなもの)と、卵焼きをご飯で挟み、海苔で包んだもの。

いわゆる三角おにぎりではなく、最近で言うところのおにぎらずですね。ポークたまごおにぎり大好きです。

#オジ旅 #LCC安宿で沖縄豚食べ歩きでは2日目午後は国際通りあたりをぶらぶらしました。既に満腹状態にきていたのですが、オジ旅6号ダイゴマン推奨のポークたまごおにぎり本店はスルーできず、購入しました。

ロープが張られていたので時間帯によっては混むのでしょうね。

狭い店内でお母さん方が愛情いっぱいでポークたまごおにぎりを作っていました。

ポークたまごおにぎり本店メニュー

さすがポークたまごの本場、メニューが豊富でした。全部は撮りきれなかったのですが、エビタルのポークたまご(270円)や、ゴーヤの天ぷらをはさんだもの(370円)や、ニンジンしりしりー(250)円など魅力的なメニューばかりでした。

メニューはこちらのページでご確認ください(スタンダード・スペシャル

オーダーしてから5分ほどでできてきました。

紙に包まれているポークたまごおにぎりですが、温かいご飯と海苔が重なることでなんとも言えない食欲を刺激する香りがします。今すぐ食べたらどんなに美味しいか。そのとき満腹だったことを後悔しました。

でも驚いたことに冷めても美味しい!普通のおにぎりが冷めたものとはわけが違いました。

そう、帰りの機内でいただきました。私が購入したのはポークたまごおにぎり あぶらみそ(230円)

美味しい…かなり美味しいです。一個と言わず箱詰めにしていろいろな味を買ってくればよかったです。

ポークたまごおにぎり本店 場所・営業時間など

住所:沖縄県那覇市松尾2−8−35
電話:098-867-9550
営業時間 7時〜17:30
定休日  水曜日

公式サイト:http://porktamago.com/

 
LCCで沖縄旅行 豚食べ歩きの旅 ブログ記事リスト

全国1位の冠もある沖縄【道の駅 許田】 #オジ旅 #LCC安宿で沖縄豚食べ歩き

道の駅 許田 やんばる物産センター

夜明け前に出発して行った今帰仁からの帰り道、空港まで車を走らせている途中で寄ったのが、道の駅 許田です。
道の駅 許田は道の駅ランキングがあると必ず上位に君臨する人気の道の駅です。過去には全国1位になったことも。写真は5位しかなくすみません(^_^;)

沖縄名産の果物や野菜の販売や、


フードコートも充実しています。
以前にこの道の駅許田にチャーグーのメンチカツを食べるためだけに来たことを思い出しましたオジ旅9号です。今回もメニューにもありました。
しかし今回は一足先に帰るメンバーを送るために空港に向かっている途中の立ち寄り、お手洗い休憩でしたので、食べずに飲み物を買った程度です。
そもそも前日に食べ過ぎていて、胃袋に何か入る余裕がありませんでした。

と、思ったら、ポークたまごおにぎりをくわえたまま写真に写ってる人がいました。さすがですねオジ旅11号ワンリキー。

道の駅 許田 場所・営業時間など

住所 沖縄県名護市許田17-1
電話 0980-54-0880
営業時間 8:30〜19:00

公式 http://www.yanbaru-b.co.jp

LCCで沖縄旅行 豚食べ歩きの旅 ブログ記事リスト

瀬長島・タコライスカフェきじむなあ #オジ旅 #LCC安宿で沖縄豚食べ歩き


沖縄新しい観光地 瀬長島 ウミカジテラスへ

早朝の今帰仁アグー 農家を見学から那覇空港に戻り、仕事の都合で午前中で帰るお二人をお見送り、そのまま瀬長島に車で渡りました。オジ旅6号ダイゴマンのすすめです。
あいにくの曇り空ですが、白壁の建物が並ぶ景色はギリシアのミコノス島のよう。新しくできたエリアだそうで、かなりオシャレです。

 

昨晩からスコールのような雨が降ったりやんだり。

そんな天気は私たちに思い出の景色もプレゼントしてくれました。
厚い雲の下にきれいな円を描く虹。

タコライスカフェのきじむなぁ

そんな瀬長島ウミカジテラスにあるのが、タコライスカフェのきじむなぁ
きじむなぁはタコライスのメニューが豊富で辛さも選ぶことができます。

沖縄で豚肉を食べ歩く旅でしたので私はベーコンにしました。

ベーコンとモッツァレラチーズのオムタコライス940円

一名は照り焼きチキンのオムタコライス。

さらにもう一名はタコライス

どれも味がしっかりしていて、オムタコに使われているオムレツはとろとろ。美味しかったです。

タコライスカフェ きじむなぁ 瀬長島ウミカジテラス店

住所 豊見城市瀬長174-6 瀬長島ウミカジテラス
電話 098-851-3023
営業時間 10:00-21:00
定休日:年中無休
HP: http://www.omutaco.com/
LCCで沖縄旅行 豚食べ歩きの旅 ブログ記事リスト