この日オジさん達は大庄に惚れた~オジ旅舞台裏 #MIYABICAFE #ジンギスカン悟大 #オジ旅PR

庄やグループ大庄の食への想いを知った夜

「異口同音」という熟語がこんなにもピッタリくる日はありませんでした。MIYABI CAFE と羊肉酒場 悟大 に試食会としてご招待いただき、美味しいお料理をいただきながら、オジさん達は大庄の広報の方の話を聞きました。お店を出てからオジさんたちから出てきた言葉は「いやぁチェーン店の大衆居酒屋であそこまで食の安全を考えてるとは思わなかった」。

とにかく想像をはるかに越えた食の安全への大庄の想いを知り、感動したとともに一気に庄やグループのファンになった夜でもあります。

当日、聞いた話の一部をご紹介させていただきます。

庄やグループに来て食事をしてくれた人に少しでも健康になってもらいたい

「大庄」の原点は、昭和43年に始めた6坪の若鳥焼店。 閑古鳥が鳴くお店を繁盛店に育てていく過程で培われたのが、「お客様との絆を大切にして、手づくりと健康・安全・安心にこだわる」という創業の精神だった。この精神を実現するために『安全やトレーサビリティにこだわった食材の調達』『自社機関による食品衛生検査』『自社グループでの毎日配送』をおこなっている。

庄やグループは2つの研究機関をもち食の安全を徹底している

庄やグループ 食品衛生研究所は菌やウィルスの検査を常に行いお客様にリスクが及ばないようにお店に働きかけている機関。

大庄総合科学新潟研究所は食材を科学的に検査する研究機関。「大庄基準」と呼ぶ検査基準や規程が10項目ありこの基準は日本国で定められた基準よりも厳しい基準になっていて、国で認められているものでも「人体に悪影響を及ぼすと考えられる、可能性がある」ものは安全確認ができるまで店舗では使用しないというルール。

それに伴い以下のようなページも公開
食品添加物に関する大庄基準
農産物の栽培に関する大庄基準
農産物の残留農薬に関する大庄基準
放射能汚染の安全確認に関する大庄基準

農薬を使わない方法の指導をしつつ、使っていてもお客様に提供される段階での残留農薬量が国の基準の1/2以下でなければ使用できないという基準にしている。
 

仕入をして最初に届く物流センターで、荷物が届いたらロットごとにスクリーニング検査をし基準値を超える放射能が含まれるかどうかの簡易検査を実施。少しでも疑いがある結果が出た場合はその仕入れた食材は店舗に送られることなく更に詳しい検査をし、OKでなければ店舗に配送されないという2段階検査方式。
検査結果等の情報公開ページ

そしてこれらを通して、大庄基準に関するQ&Aページも公開している。

物流システムも自社で確立

自前の流通システムを確立することで、他社に頼ると生じるリスクを排除してより価値の高い食材を供給している。例えば食材を輸送中の「温度管理」も自社物流であれば、責任をもって管理することができる。

親子・親戚の社員が多数いる

実の親子や兄弟姉妹、従兄弟などで社員になっている人が多数いる。

この話をうかがったときにオジさんたちは「大庄はお客様も大切にしているが、社員も大切にしている会社だ」と実感しました。

 

オジ旅 裏舞台

ここからはおまけです。働くオジさんの様子をオジ旅9号の立場からご紹介いたします。

まずはメニュー撮影から。撮って投稿、撮って投稿。


そして料理が出てくる度に全員が撮影。他の人の手が入ってしまうので、うまいこと順番に撮り、料理の向きを変えたりします。

一つのシーンでどれだけの写真を撮っているのか、こちらの音声でお楽しみください。

#MIYABI #ミヤビパン #ミヤビカフェ #焼きたて

KIKUNOさん(@yanojapan)が投稿した動画 – 2017 1月 8 4:31午前 PST

 

 

こちらは業界用語で言うところの「箸あげ」。料理を持ちあげて見せて撮影します。(今回は箸じゃないけど)。

これ何気に技術がいるのです。手がプルプルしてはNG。オジ旅6号ダイゴマンがんばってます。勢いついて皿まであげてます。


 
スウェーディッシュ ミートボール、コケモモジャム添えの箸あげはオジ旅4号KOGUREさん。

KOGUREさんは席についた瞬間から、このスウェーディッシュミートボール、コケモモジャム添えが気になると言ってました。スウェーディッシュが気になったのか、ミートボールが気になったのか、コケモモが気になったのかは分かりません。

 

今度はオジ旅7号 小林のおいちゃんが、ビーフシチューにミヤビパンをつけているところを皆んなで撮ります。
 

オジ旅1号知らないオジさん、いりますかね?その写真。

と思っていたらオジ旅11号ワンリキーまで。

 

美味しさを顔で表現させたら右に出る者はいないのがオジ旅4号KOGUREさん。
 

リフォーム工事ではない。パンの試食会です。

 

お洒落なカフェメニューを囲んでるようには見えませんが、この日、オジさんたちはSNSへの投稿の他にリアルタイムで40本以上のブログ記事をアップしていました。ヤルオジさんたちです。

 

オジ旅7号小林のおいちゃんは、自身を読モだと言い張ります。
 

筋トレビールを持ち、体力の限界、かなり苦しそうな読モです。オジ旅もそろそろ定年退職かもしれません。

壺漬けロースが入っていた壺。

将来を見つめる絵

 

博学多識なのがオジ旅1号知らないオジさん。なんでも知ってるすごいオジさんです。大庄広報の方のお話をうかがうのも大活躍。(工事を発注した会社の社長とそれを受けた親方の絵ではありません)

オジ旅11号ワンリキー村上が撮る人物写真は人気です。トマトマンというドリンクをオーダーしたダイゴマンを撮っています。


と、思ったら撮られてました。気を抜けません。


 
この日オジさんが投稿したブログ記事の一覧はこちらになります。

◾︎ MIYABI CAFE

◾︎ 羊肉酒場 悟大

ミヤビカフェとジンギスカン悟大の2軒ご招待いただいたオジさんたちが、任務を終えて店を出たのは21時過ぎ。

そのまま帰ってもいい時間ですが、電車を乗り継ぎあえて同じ庄やグループの満天酒場に行きました。一歩離れた立場から感想を申し上げると、そんなことをサラッとやっちゃうオジさんたち、カッコいいです。

羊肉酒場 悟大 水道橋店でジンギスカンを堪能 #ジンギスカン悟大 #オジ旅PR


羊肉酒場 悟大 あみやきジンギスカン 水道橋店

打ち付けられたビンテージトタン板のような建物で目立ったのは「肉の山本」という文字。やってきたのは羊肉酒場 悟大です。その悟大になぜ大きく肉の山本と出ているか、ここに美味しさの秘密がありました。悟大のサイトから抜粋引用させていただくと

当社は、ジンギスカンの本場“北海道”で特に羊肉に定評ある食肉生産・加工会社「肉の山本」からの直接仕入れを実現。昭和26年から続く実績と羊肉へのこだわり、品質の高さに惚れ込みました

 

ちなみにタレも山本さん。これまたかなり美味しいジンギスカンのタレ。

羊肉酒場 悟大のこだわり【1】味付けも後付けも楽しめる

北海道のジンギスカンは、はじめからタレにつけ込まれている味付けと、焼いてからタレにつけて食べる後付けと、食べ方がエリアによって違うのだそうです。

羊肉酒場 悟大ではそのどちらもメニューにあるのです。

羊肉酒場 悟大 あみやきジンギスカンメニューが豊富

 

羊肉酒場 悟大 こだわり【2】 網焼きジンギスカン

ジンギスカンと言えばジンギスカン鍋で焼くイメージが強かったのですが、悟大では網焼き!しかも下に水がはってあるため蒸気でお肉がふっくらとするのですよ。


ほら、ふっくら(^^)

ドリンクメニューも豊富な羊肉酒場 悟大です。

北海道のご当地ドリンクもありますよ。

ワインセラーだってあります。

オジ旅9号 羊肉酒場 悟大 ベスト3

新年早々に通いつめたい店に出会ってしまったので、次回行くとき何を食べようか何度も何度も写真を見て既に妄想しております。

羊肉酒場 悟大はメニューも豊富なので迷うのですが、心を鬼にして決めたベスト3

1位 特上肩ロース 850円(写真は2人前)

ふっくら柔らか、そして脂の美味しさがたまりません(≧∇≦)

2位 ラムチョップ 1本750円

ラムチョップも脂が本当に美味しかったです。山本さんのタレによくあうお肉でした!

3位 ラムそぼろ飯450円

しっかりとした味付けのラムそぼろと卵の黄身のまろやかさがご飯にあって何杯でも食べてしまいそうな甘く危険な一品でした。

あ〜でもタンもまた食べたいなぁ、壺漬けも美味しかったなぁと妄想とまりません。

 

大衆酒場のイメージ 羊肉酒場 悟大

エイジング加工された看板。味があります。

ビール箱とベニア板で作られたテーブル。悟大にはテーブルごとに換気扇はついていません。だから煙を浴びます。でもお店を出てから皆んなで言っていたのは「それほどにおいが着いてないね」

羊肉酒場 悟大は網焼きなので、脂は落ちておそらく脂の焼けた香りがないから控えめだったのではないでしょうか。

 

それでも多少なりとも香りがつきます。しかしご安心ください。テーブルには大きなビニール袋が用意されていますので、コートなど洗濯しづらいものはその中へ。

そして出口には消臭剤が用意されています。お店の人がかけてくれるのではなく、自分で自由に使えるのがいいですね。

羊肉酒場 悟大 水道橋店 住所・営業時間など

住所 東京都千代田区三崎町3-8-4 江戸川ビル1階
電話 03-3261-0901
営業時間 16:00〜23:00
定休日 年中無休

https://www.daisyo.co.jp/brand/godai/

 

超厚切りジンギスカンが食べられる本格ジンギスカン専門店「羊肉酒場 悟大」 #オジ旅PR #ジンギスカン悟大

水道橋にある庄や発祥の地。当時の店内を再現しているそうですよ!是非いちど訪れてみたいお店です。少し先に進むと羊肉酒場 悟大 水道橋店があります。

昭和な居酒屋イメージの店内です。

ジンギスカン専門店だけあって、北海道の味覚がいっぱいです。厳選されたジンギスカンのお肉は北海道の肉の山本さんから直接仕入れているようです。食材の味と安全を大切にしている庄やグループだからこそ。

山本さんのタレはフルーティ。秘伝のタレはからめです。他にも柚子胡椒おろしポン酢もあり、味を飽きさせません。

こちらは1頭から4人前しかとれない「生ラム特上肩ロース」です。写真は2人前。

壺漬け特上肩ロース。

ショルダー。

味付けレバーです。

ラムロース、マトンロース、せせり。

肉に喜びを隠せないやのさん。

特上タンはタン元の芯のみを使っているそうです。

そして写真で見ると解りますが、「悟大」はよくあるジンギスカン鍋ではなく「あみ焼き」なのです。余分な脂や水分が落ち、煙で肉が燻されて香ばしくなるそうです。さらに羊が苦手な人が気になる羊独特の臭いも気にならなくなるそう!食べ比べて「あみ焼き」が一番美味しかったそうです。

こちらはラム焼きそば。みんなで突っついて食べましょう。

ダイゴマンがトマトマンを注文しました。

すっきり美味しい味なのだそう。

分厚く切られたラムチョップ。

脂も多いのですがあみ焼きだから脂が下に落ちます。だからすっきり食べられる。いっぱい食べられる。

オンザライス!

締めのめし。ラム茶漬けにラムそぼろめし。

北海道千歳市にあるベリーファームの美味しいジェラートもいただけます!

おじいちゃんも撮影がすすむ美味しさでした!

羊肉酒場 悟大の詳細と店舗情報は庄やグループのウェブサイトをご覧になってください。

羊肉酒場 悟大の詳細はこちらからどうぞ

締めのアイスもこだわってます! #オジ旅PR #ジンギスカン悟大

北海道千歳市の、そこでしか買えないアイスがここでは食べられます。

大庄グループはとても厳しい規則の中でお客様に安全な食を提供しているのです。かなりスゴいです!

ラムを使った悟大オリジナルメニューも美味い  #オジ旅PR #ジンギスカン悟大 

色んな部位の羊肉をいただいておりますが、サイドメニューもラム尽しでありました。

ラム肉を使ったスパイシー特製タレ「ラム焼きそば」お酒のお供にピリッと合いますね。

ラム挽肉のそぼろたっぷりのった「ラムそぼろめし」

ラム挽肉と番茶の相性が素晴らしい「ラム茶漬け」

このお茶漬けはラムの香りがより一層楽しめます、ラム好きさんは是非とも食べてみてください。

ラム天国ですよ!!

ラムづくしのごはんメニューもうまい! #オジ旅PR #ジンギスカン悟大

ジンギスカンはもちろん、ごはんメニューもラムづくしでおいしい!

ラム茶漬け。


ラムそぼろめし。


そして、ラム焼きそば。


どれもうまい!いくらでも食べられそうです。

〆はラムそぼろめしとラム茶漬け。ラム茶漬け!? #オジ旅PR #ジンギスカン悟大

「羊肉酒場 悟大」の〆は、ラムそぼろめしとラム茶漬けです。どちらもラムのそぼろを使用した〆のご飯です。ちなみに、北海道のお茶漬けは番茶だそう。

ラムそぼろめしは、これまで食べた料理の中でもっともラム感あるかも。でも、それが美味しい。ラムラムしたそぼろご飯です。


ラム茶漬け。ラムで茶漬け!? と思ったけど、そぼろでお茶漬けならアリです。北海道のお茶漬けは番茶。初めての風味。わさびをちょいとのせて。これまたラムラム感と番茶のさっぱりがいい。へー。

そぼろご飯とお茶漬け #オジ旅PR #ジンギスカン悟大

ラム茶漬けとラムそぼろめし!

MIYABIであんなにパンを食べているのに、こんなに入るその旨さですよ。

羊のハツとかレバーとか #ジンギスカン悟大 #オジ旅PR

ジンギスカンとして羊の肉を食べられるお店は増えてきましたが、レバーとかハツまであるお店は少ないのではないでしょうか。

悟大、かなり美味しいです!こちら▼はショルダー。

美しいハツ。美味しくないはずがありません。

辛味噌でいただきます。


 

羊のレバー!

ラム焼きそば580円には「山本さんのタレ」も使われてますよ。美味しい!!

 

悟大

https://www.daisyo.co.jp/brand/godai/

羊のホルモン #オジ旅PR #ジンギスカン悟大

羊のレバー。牛とも豚とも違う。


なかなか羊のホルモンて食べないですよね。


羊のハツ。これまた珍しい羊の部位。


壺漬け特上肩ロースも美味かったです。


これは浦和の馬肉の店でも食べた美味いやーつ!


ハツは辛味噌で。これまたライス案件。

羊のホルモンは珍しいですが、美味いもんですね。