オジ旅沖縄編 今帰仁アグーの深さを知る旅になりました #オジ旅 #LCC安宿で沖縄豚食べ歩き

今回のオジ旅はLCCのバニラエアを利用するため成田へ。成田への足は日暮里駅から京成スカイライナーということで、朝6時30分、続々とオジ旅メンバーが集まります。

旅の醍醐味。ダイゴアジ。ババ抜きです。

1時間もしないうちに成田に到着。LCCは第3ターミナルですので、第2ターミナルで下車します。

第3ターミナルへはシャトルバスか徒歩で移動します。シャトルバスはなにげに時間が掛るようで、歩ける人は歩いたほうが早いかもしれません。1キロ近く、屋根付きですが屋外を歩きます。

第3ターミナルに到着!陸上トラックのような床。

美味しい豚かつや豚しゃぶで人気の豚組Tシャツを着て記念撮影するオジ旅メンバー。豚に対する愛情がひしひしと伝わってきます。

朝ごはんを食べてきているダイゴマンが「小腹が空いた」と。

赤酢の効いたシャリでいただく立喰寿司です。

豪快に頬張るダイゴマン。江戸っ子ですなぁ。

他のメンバーも朝からトンテキ丼やカツカレーを食べてます。強者。

搭乗手続き後、少しの間バスで移動して飛行機の待つ場所へ。いってきまーす!

機内のお食事は個別会計で。美味しいクリームパンがありました。350円です。

初めてLCCを利用しましたが特別大変なこともなく、各種移動の時間や手間が気にならないようでしたら良い選択肢になると思います。お安いですしね!身長が高く体重もある人には席は狭いかもしれません。

めんそーれ!沖縄に到着!また移動が待っております。LCCターミナルは結構な離れにありますので、シャトルバスで空港本体へ。このような移動時間を考慮して旅のスケジュールを組む必要があります。余裕を持ったスケジュールを作成しましょう。

那覇空港でパチリ。さぁ豚肉の旅が始まります!

最初の訪問は「豚しゃぶ専門店 我那覇豚肉店」店頭の豚さんと記念撮影をする矢野さん。お肉大好き。

ランチタイムは各種定食も提供されております。2人席なのに3品の定食がある謎の席。

絶対ご飯がすすむヤツ!

次のお店の行く前にプチ観光。首里城を散歩するオジ旅メンバー。ダイゴマンが小さく見えるのはトリックアートではありません。

警備員さんも振り返ります。

「豚組…?」

兄弟。

スタンプラリーを心から愉しむオジさん。その姿はまるで中学生のようでした。一瞬、お子さんの後ろ姿のように。

恋みくじを発見したチクチクさん。

嬉しそうにくじを引くチクチクさん。

一転して叫ぶチクチクさん。

チクチクさんは吉では満足できなかったようです。

不貞腐れて地域限定ジュースをガブ飲みするうチクチクさん。

本日の夕食1回目?は、この度のメインイベントでもある今帰仁アグーの農場に訪問するので、訪問前に絶対に抑えておきたいと、今帰仁アグーをいただける長堂屋さんに。今思えば、予約無しで入れて良かったなぁという人気店でありました。

入り口から高級感が。

1階はシックにカウンターで今帰仁アグーをいただけます。オシャレ!

見てください!この背中のソリ!これが今帰仁アグーなのだそうです。

注文したのは欲張りコース5000円。コース内容は以下の通りです。

  • 季節の小鉢
  • 季節の焼き野菜盛り
  • 焼肉三種(ももロース・肩ロース・三枚肉)
  • フランスパン(アグーのガーリックソース)
  • しゃぶしゃぶ(本ロース)
  • 季節の野菜盛り
  • 雑炊セット
  • デザート

まずは小鉢。

しっかりとした歯応え。臭みがなくしっかりとした味のお肉でした。

こちらのパンはアグーのラードをつけて焼きます。

脂がまったくしつこくない今帰仁アグー。

島野菜もいただけます。野菜もボリュームたっぷり。

これは芸術的な脂です。

群がるオジ旅メンバー

お肉と脂が大好きな矢野さんもこの表情。

さらにコースは続きます。しゃぶしゃぶです。

とにかく野菜が多い!新鮮野菜が美味しい!

今帰仁アグーの水餃子をいただきました。

見てください。このしゃぶしゃぶ鍋。いちども灰汁を取っていないのです。豚肉のプロ國吉さんに言われて気が付きました。

今帰仁アグーは灰汁がほぼ出ません。綺麗な脂が残るだけ。

そこに女将が渾身の一撃。雑炊セットです。あまりのボリュームで雑炊セットを少なくして貰いまいしたが、その手つきを見ていたらもっと食べられそうに思えてきました。

今帰仁アグーの出汁が効く雑炊が美味しすぎる。

豚肉博士の國吉さんもこの通り。

デザートです。良い仕事をしています。

思いの外ボリュームがあり満足しているダイゴマン。

チクチクさんも美味しさを記録しています。

21時。沖縄そばは食べないとね…ということで、ハイウェイ食堂に訪れたオジ旅メンバー。まだ食べるのか。

ハイウェイ食堂の沖縄そば。肉は特大、麺も大盛り。普通ならこの一杯で食事は終わりのはずです。。。

ここに来てカツ丼を頬張るニクノさん(矢野さん)。

妊婦さんのよう。

22時。本日は解散致しました。こちらはアパホテルの最上階からの沖縄繁華街の景色です。

2日目、5時30分出発。中心地から1時間30分ほどで今帰仁アグーの農場に到着しました。

今帰仁アグーの高田さんにお話しをお伺いします。

可愛い子豚ちゃん。

今帰仁アグーと会話するチクチクさん。

牛さんもいるよ。

放牧されている今帰仁アグー。歓迎してくれているようです。

今帰仁アグーのことや農業のこと、大変合理的で戦略的なおはなしで、あっという間の時間でした。

心に残った言葉。

「食べることによって、この種が存続していく。という意識」

そういう意識で食材を消費するイメージが無かったので凄く刺さりました。

もうひとつ、國吉さんが質問された「農場としては匂いが大変少ないのは何かと理由があるのでしょうか?」と答えが、高田さんのお父様のお気持ちでもあるようですが、

「農場が臭いなら、肉も臭い」

なるほど、商品のために農場を出来る限り清潔に保ってるからこそなのか…!

与えている食材なども関係しているのでしょう。

食べることで今帰仁アグーという種を守る。その姿勢がすごい。

もっと勉強して改めて纏めたい。

いやー、もっともっと國吉さんと高田さんの対談を聞いてみたい!

今帰仁アグーについて、詳しく纏められた豚肉のプロ國吉さんの投稿はこちらからどうぞ

 

「オジ旅さんいらっしゃ~い」とヤギさんも歓迎してくれていました。

豚組

本当に臭いが少ない農場です。快適に見学できました。

お忙しい中、朝一から今帰仁アグー農場を見学させていただき貴重なお話をしていただいた高田さん、ありがとうございました!

その後、午前中のうちに那覇空港に戻り、オジ旅11号が先に戻ることに。続いてオジ旅29号が戻り、残ったオジ旅メンバーはさらに沖縄を満喫されました!

沖縄と今帰仁アグーに感謝。

今帰仁アグーのFacebookページ

https://www.facebook.com/nakijinagoo2000

沖縄旅行ブログ記事まとめ #オジ旅 #LCC安宿で沖縄豚食べ歩き

1泊2日沖縄旅行〜LCCと安宿利用で沖縄豚を食べ歩き

5人のオジ旅メンバーでLCC(格安航空会社)バニラエアを利用して沖縄に行き、沖縄の豚料理を食べ歩きしつつ、今帰仁(なきじん)アグー豚を勉強した旅です。以下、40本のブログ記事をシーン別にまとめました。(本ページ内の写真は皆んなが撮ったものです)

* * *

今回の沖縄旅行 食べ歩きが全てわかる記事

オジ旅沖縄編 今帰仁アグーの深さを知る旅になりました

沖縄旅行のまとめ動画

* * *

 

東京-沖縄のLCCやホテル、レンタカーなど

1泊2日沖縄豚を食べまくる旅行〜沖縄LCC料金
今回の沖縄旅行の安宿・レンタカー
成田空港第3ターミナル・バニラエアの座席比較
LCCの朝は早い
成田空港第三ターミナル
朝のダイゴマン

 

* * *

 

沖縄旅行の食べ歩き・豚グルメの数々

成田空港第三ターミナルのフードコート

朝カツ
旅はトンテキから
朝の空港で発見、立食い寿司オジさん

 

* * *

あぐー豚しゃぶしゃぶ専門店 我那覇精肉店

昼ぶた
あぐーしゃぶしゃぶ専門店
しゃぶしゃぶ我那覇豚肉店
あぐーとんかつしゃぶしゃぶ我那覇豚肉店

 

* * *

今帰仁アグー料理一式 長堂屋

夕食1回目 今帰仁アグーの長堂屋
今帰仁を勉強中です
今帰仁アグーの焼肉
そして豚しゃぶへ
夜ぶた

 

* * *

ハイウェイ食堂

見栄橋の24時間営業食堂ハイウェイ食堂
2回目の夕食。ハイウェイ食堂
夜そば
〆の雑炊からの!

 

* * *

そのほか沖縄食べ歩きいろいろ

本当の〆はデザートだよなー
ちょっぴりギリシア風 沖縄の瀬長島でタコライス
量と見た目に要注意の骨汁!国際通りから公設市場へ
ポークたまごおにぎり本店
ファンタ シークワーサー味

 

* * *

沖縄旅行での観光・訪問

今帰仁アグー農家を訪問

今帰仁アグーの生産地に向かいます
今帰仁アグーの生産地に到着
今帰仁アグーに会いに!
貴重な体験をしました。今帰仁アグー農家を見学
ぶた見学

 

* * *

首里城

オジさん達が首里城に寄りました
首里城を見学

ひめゆりの塔

ひめゆりの塔にも行きました。

道の駅許田

全国1位の冠もある沖縄【道の駅 許田】

* * *

沖縄旅行のお土産

パスポート不要で買い物できるギャラリア沖縄免税店でロイズ石垣島
沖縄の個人的なおみやげ

 

以上!1泊2日LCCと安宿で行く沖縄豚食べ歩きの旅のご報告でした。