ダウンの目利きは「1日休むと取り戻すのに3日かかる」 #東京西川 #オジ旅PR

といえるくらい、シビアな世界かもしれません。

西川レベックス宇都宮工場の品質管理室にお邪魔したオジ旅一行。まずは“ダウン”とはなんぞや、のお話を聞きました。Wikipediaを見ると「ガチョウアヒル等、鳥の(狭義の)羽毛、綿毛。」と書かれてあります。では実際に、鳥の羽毛のどの部分が使われているのでしょうか。

それは胸元のふわふわぶぶん。ええ胸毛です。インコとかも、胸毛はふわふわだったなー。

羽根の部分、フェザーは羽根枕などに使われることが多いそうです。ンが、そういえば10代の頃、バイトして買ったダウンジャケットは羽根がいつのまにか飛び出てきたことあったなー。あれはフェザーの割合が多い、普及価格帯の品だったということなのでしょうね。

さて羽毛ふとんの品質差&価格差。それはどの鳥のダウンを、どれだけ多く用いているかによって変わってきます。布団部分の作り込みもありますが、原材料の価格がそのまま製品の品質と販売価格に反映されるということですね。

例えばダウンの割合が多ければ多くなるほど、軽くて保温性も高い、高品質な羽毛ふとんが作れます。さらにダック(アヒル)よりも、グース(ガチョウ)のダウンを使ったほうが品質を上げることができる。

ダックとグースの違いは、ダウンの形状にあります。グースのほうがダウン自体が大きく、ふわふわとしたファイバーをつなげている節(羽枝)の部分が、鋭角な二等辺三角形の形状をしている。ダックの節は大きめで正三角形。

どちらも汗を吸って、水分を帯びてくると羽毛の部分がねじれて膨らまなくなってきます。けど、グースダウンはコシがあって乾燥させると元に戻りやすい。でもダックダウンは元に戻りにくい。ねじれたときに引っかかって、ダマのままになってしまいやすいんだそうな。

うおおお。今まで気にしたことなかった。そうか、だから長く使えるダウンジャケットはグースダウンを使ったもので、ゆえに高価ということだったのか!

ダウンの生産地によって羽毛ふとんやダウンジャケットの価格・格は変わってきます。でも中に何の鳥のダウンが使われているかもチェックしないと、いいお買い物はできない。ということなんですね。

西川レベックスには圧縮された状態のダウンが、海外から届きます。長くつきあいのある業者から輸入していることもあって品質に間違いはないのですが、それでもより純度の高いグースダウンの羽毛ふとんを作れるように、入荷時と洗浄後に組成選別試験を行います。

試験の内容は次のとおり。結果から混合率を算出します。

①3gの羽毛から、フェザーを指でブラッシングして選別(フェザー、ラージフェザー、損傷フェザー、陸鳥フェザー)
②フェザーファイバーを分別
③ダウンボール(良質なダウン)とファイバーなどを分別

フェザーとダウンの違いは、まだわかるかもしれません。でもフェザーのファイバーとダウンのファイバーを見分けるだなんて、無理難題すぎ。でも西川レベックスのみなさまは、ちょっとチェックしただけでどんどん分別していきます。

この目利きの技術、一週間も休んでしまうと衰えてしまうものなのだそうです。タイトルの「1日休むと取り戻すのに3日かかる」は言い過ぎかもしれませんが、個人的には楽器や格闘技を極めた方々の持つセンシビリティと同じものではないか、と思うのです。

羽毛ふとんに入れるためのダウン、その磨かれっぷり #東京西川 #オジ旅PR

品質を極めるということがどういうことか。学ばせてもらいました。

先日お邪魔してきたのは東京西川の羽毛ふとんを作っている工場、西川レベックスの宇都宮工場。海外から原材料となる羽毛を仕入れ、そこからは製品となるまで一貫して生産を行っている工場です。

最初、羽毛の原材料・原毛は輸送費を削減するために、圧縮された状態で送られてきます。すでに一回洗浄されている状態ではあり、メーカーによってはこのままダウン製品に使うこともあるとか。

しかし東京西川の羽毛ふとんで使われるダウンは違います。

まず木製のサイロに投入され、前除塵機で砂/羽軸/ファイバーといったゴミを取り除きます。いわば巨大な空気清浄機に羽毛を入れ、空気を流して攪拌させることで、羽毛についていたゴミを落とします。

次に洗濯機にかけます。1kgぶんの羽毛を洗うのに必要な水は700リットル。4回洗って8回すすぐ。最終的な排水も見せていただきましたが、これ排水なの?と思えるくらい透明度が高い…というか、普通の水と変わらないほどでした。

なお羽毛の主成分はタンパク質。アルカリ性に弱いんです。ゆえにpHが高く、ミネラルを多く含む硬水だと、溶かしてしまうこともあるそう。しかし宇都宮の地下水は軟水で、羽毛洗浄用に適しているのだそうです。

乾燥時間は15分ほど。この時点で羽毛はふっくらした状態に戻ります。さらに冷却除塵機で、改めてゴミを取り除きます。羽毛を開かせたことで、奥底に入っていたゴミが落ちやすくなるということなんですね。

この冷却除塵機の中の動画が、なんだか映画のなかの世界なんですよ。空気を吸引させることで攪拌しており、見学用?の窓を開けてもまるでタンポポのようにふくらんだ羽毛はただ舞うのみ。美しい…。

さらにネオジム磁石を用いた除鉄機で砂鉄を取り除き、製品につかえる羽毛に仕立てます。

ぶっちゃけ、もっとカンタンなものだと思っていました。まさかここまでの下ごしらえをやっているだなんて。布団ってそうそう買い換えるものじゃないけど、ここまでの段階で、次に買い換えるときは…だなんて考えちゃいますね。

良い眠りと良い餃子を求めて #オジ旅PR #東京西川


誰しも良い眠りを得たいと思う。

そして、誰しも良い餃子を口にしたいと思う。

そうに決まっている。
否、そうであらねばならない。

私は元来いつでも何処でもすぐ眠れる性質で、新入社員の頃には取引先の社長と打ち合せしてる最中に眠って怒られたことがあるくらいである。
しかし、すぐ眠れるのと良く眠れるというのは似ているようでチョット違うのである。すぐ眠る自信はあるが、良く眠れる自信はない。早食いは得意でも大食いは苦手ということに近いかもしれない。

そして、ウマい餃子も食べたい。餃子をツマミに酒を呑みたい。呑んだあとに爪楊枝でシーハーしたい。
さらに「オレ、ウマイ餃子で酒呑んじゃったもんね。ぜんぜん淋しくなんかないし、幸せなんだかんね。」と訴えたい。←ココ重要

クリスマスで浮き足だつ街ゆくカップルたちに、オジさんを代表して訴えたい。

そんなオジさんの祈りにも近い願望を叶えてくれる街があると聞き、漂泊の思いやまず、宇都宮にさすらへ…ということで電車に乗り込んだワケなのである。

続きはWEBで!!