「豚組しゃぶ庵(六本木)」豚とスッポンとバスクワインと記事まとめと。 #豚組しゃぶ庵 #オジ旅PR

東京・六本木にあります豚しゃぶがおいしい「豚組 しゃぶ庵」。

「期間限定でスッポン鍋とスッポン出汁で豚しゃぶを出すのでオジ旅ちょっとこっちきなさい。ワインもあるで」ということでご招待いただき、うかがってまいりました。

いやあ、うまそうだった…うらやましい…(これを書いているオジ旅8号は当日欠席)。

ということでまとめました。

5分で分かる豚組しゃぶ庵(豚しゃぶ・すっぽん出汁・ワイン)

「記事一つ一つを読んでる暇なんてねえ」という方は、↓こちらの記事をご覧ください。このまとめを書く必要がないくらいまとまってます。
スッポン出汁の豚しゃぶがこんなに美味しいなんて #豚組しゃぶ庵 #オジ旅PR – オジ旅
10月12日開始で、10月中は半額のスッポンオプションまじ正義  #豚組しゃぶ庵 #オジ旅PR  – オジ旅
総料理長は京都で30年 豚しゃぶスッポン出汁と楽しむ本格和食 #豚組しゃぶ庵 #オジ旅PR – オジ旅
僕は、豚組の「酒」を知らずにここまできた(副音声:ワインうめえ) #豚組しゃぶ庵 #オジ旅PR – オジ旅
いろはワイン・バスク地方のワイン #豚組しゃぶ庵 #オジ旅PR – オジ旅

豚組しゃぶ庵までのアクセス

「お、まだ行ったことない、行ってみたい」という方は、豚組しゃぶ庵への行き方、予習しておきましょう。
img_6036.jpg
豚組しゃぶ庵、場所は六本木の国立新美術館のすぐ隣。東京メトロ六本木駅あるいは乃木坂駅が最寄駅です。
接待にも密会にもおすすめ【豚組しゃぶ庵】アクセスと店内の様子  #豚組しゃぶ庵 #オジ旅PR – オジ旅

メンバー集合

召集がかかったメンバーたち。それぞれ集まってきます。
今夜はオジ旅です #豚組しゃぶ庵 #オジ旅PR – オジ旅
六本木でお豚さまとスッポンさまと、マイムマイムを踊りにきました  #豚組しゃぶ庵 #オジ旅PR  – オジ旅
月‥‥じゃなくて豚とスッポン!? #豚組しゃぶ庵 #オジ旅PR – オジ旅
くるくる #豚組しゃぶ庵 #オジ旅PR – オジ旅
お久しぶりの豚組 #豚組しゃぶ庵 #オジ旅PR  – オジ旅
スッポン出汁の豚しゃぶがはじまると聞いて! #豚組しゃぶ庵 #オジ旅PR – オジ旅
駆けつけました! #豚組しゃぶ庵 #オジ旅PR – オジ旅

オードブル

「おう、じゃあしゃぶしゃぶオナシャス」

「待て、待て待て」

ということでまずはオードブルから。
img_7150.jpg

生牡蠣も出てきちゃいましたよ…!生牡蠣→ミルキー→ママの味!はい、みなさんご一緒に

img_6038.jpg

わたし人生ナンバー1のチャーシューに豚組で出会った! #豚組しゃぶ庵 #オジ旅PR – オジ旅
実は海鮮も得意。今日は厚岸の生牡蠣どーん  #豚組しゃぶ庵 #オジ旅PR  – オジ旅
ミルキー生牡蠣すげえ #豚組しゃぶ庵 #オジ旅PR – オジ旅

すっぽん鍋

img_9328.jpg

そしてやってまいりました。スッポン鍋!ひと鍋3000円。
すっぽん鍋‥‥アメージング‥‥ #豚組しゃぶ庵 #オジ旅PR – オジ旅
スッポン鍋に一同悶絶 #豚組しゃぶ庵 #オジ旅PR – オジ旅

豚しゃぶ in スッポン出汁

スッポン鍋とは別に、追加料金5000円で通常の豚しゃぶの出汁をスッポン出汁にアップグレードできるメニューも登場。

オータムインニューヨークならぬ豚しゃぶインスッポン出汁。リチャードギアもクリビツ。

オーダーすると、人数分の「スッポンの生姜煮」がついてきて、締めの麺が雑炊にチェンジとなります。書いてるだけでお酒三杯くらいいけそうです…。
出汁を食べる。出汁をたっぷり含んだ野菜が主役になるスッポン出汁の豚しゃぶ  #豚組しゃぶ庵 #オジ旅PR  – オジ旅
スッポン出汁の豚しゃぶがこんなに美味しいなんて #豚組しゃぶ庵 #オジ旅PR – オジ旅
今月は豚組しゃぶ庵に行ったら「出汁はすっぽんで」と注文するしか! #豚組しゃぶ庵 #オジ旅PR – オジ旅
豚とすっぽんのしあわせな関係 #豚組しゃぶ庵 #オジ旅PR – オジ旅
10月12日開始で、10月中は半額のスッポンオプションまじ正義  #豚組しゃぶ庵 #オジ旅PR  – オジ旅
すっぽん出汁で食べる豚しゃぶは本当に美味しいのか? #豚組しゃぶ庵 #オジ旅PR – オジ旅

いろはワイン(バスクワイン)

img_7099.jpg
そして今回はスッポン鍋(出汁)だけではなく、ワインもスポンサード。

バスク地方(ピレネー山脈の両麗に位置する、スペインとフランスをまたがる地方)で生産されるバスクワインをあわせて楽しんだオジさんたち。いいなあ…(再掲:8号は不参加)
スッポン出汁にあうワイン  #豚組しゃぶ庵 #オジ旅PR – オジ旅
僕は、豚組の「酒」を知らずにここまできた(副音声:ワインうめえ) #豚組しゃぶ庵 #オジ旅PR – オジ旅
いろはワイン・バスク地方のワイン #豚組しゃぶ庵 #オジ旅PR – オジ旅
ポッ。僕らはバスクに恋をした  #豚組しゃぶ庵 #オジ旅PR  – オジ旅
フランスのバスク地方で作られたロゼ。おかーさんが一人で作ったワイン  #豚組しゃぶ庵 #オジ旅PR  – オジ旅
豚組しゃぶ庵はワインも飲めますよ #豚組しゃぶ庵 #オジ旅PR – オジ旅
豚とロゼワイン #豚組しゃぶ庵 #オジ旅PR  – オジ旅

2016年10月いっぱいはスッポン出汁オプションがなんと半額

ここまで読んで頂いた皆様に朗報。スッポン出汁にの提供は2016/10/12水曜日からとなりますが、2016年10月いっぱいはこのスッポン出汁を半額でご提供するとのこと(3000円のスッポン鍋は対象外)。

通常は追加料金5000円、ということですのでキャンペーン中はひと鍋2500円。4人で行けば700円プラスくらいですか。

これはひと秋の経験としてはお安い値段。経験してからだろうな。経験してからじゃないか?おん。

動画まとめ

そんなこんなでスッポン鍋、スッポン出汁の豚しゃぶ、バスクワインを堪能したオジさんたち。

一度でいいから見てみたい。オジさんたちが動いているとこ、歌丸です、という方は動画もありますのでどうぞ。

豚組しゃぶ庵でスッポン出汁の豚しゃぶを堪能したオジさんたちの動画 #豚組しゃぶ庵 #オジ旅PR – オジ旅

裏話

豚組しゃぶ庵をはじめ、豚組食堂や赤坂・西麻布のスタンディングバー「壌」を展開、運営されている株式会社グレイスのにくよし社長、もとい國吉社長が「オジ旅29号」として今回の企画についての馴れ初めを、記してくださいました。

すっぽん出汁とバスクワイン企画の裏話 #豚組しゃぶ庵 #オジ旅PR – オジ旅

へえ、企画ってこういう風に生まれてるんですねえ。末端オジ旅員の私、8号には見えていない舞台裏なので非常に興味深く、面白い(あたましろい)記事でした。

というわけで、豚組しゃぶ庵で豚しゃぶinスッポン出汁 with バスクワインをお得に楽しむなら2016年10月中が大チャンスです。

豚組しゃぶ庵はウェブで予約もできますよー。

豚組 [しゃぶ庵]
豚組 しゃぶ庵 | かんたんウェブ予約 トレタ
株式会社いろはわいん

豚組しゃぶ庵でスッポン出汁の豚しゃぶを堪能したオジさんたちの動画 #豚組しゃぶ庵 #オジ旅PR

豚組しゃぶ庵  スッポン出汁の豚しゃぶ今回PRとして豚組しゃぶ庵さんにご招待いただいたオジさんたち。10/12スタートで10月いっぱいは半額のスッポン出汁での豚しゃぶを堪能させていただぎした。

わたくしのiPhoneに美味しいお料理とはしゃぐオジさんたちの動画が溜まっていましたので、全部繋げたものを最後に投稿させていただきます。

お料理の詳細はみんなの投稿【豚組しゃぶ庵】カテゴリーからご覧くださいませ。

総料理長は京都で30年 豚しゃぶスッポン出汁と楽しむ本格和食 #豚組しゃぶ庵 #オジ旅PR

豚組しゃぶ庵 すっぽん出汁セット半額

豚組しゃぶ庵 豚しゃぶスッポン出汁セット(期間限定)

10月12日にスタートする豚組しゃぶ庵のスッポン出汁セット。春頃までの期間限定のスッポン出汁セットですが10月いっぱいは半額です!気になる方は是非この20日間に!

豚組しゃぶ庵ではメインとなる豚肉のしゃぶしゃぶに、いくつかのコースが用意されています。そのそれぞれのコースのなかに更に豚肉のランクによって選べるようになっているので幅広い選択肢があるのです。→ 豚組しゃぶ庵しゃぶしゃぶメニュー

豚しゃぶスッポン出汁セットの本格的八寸

しゃぶしゃぶの基本セットなら「シンプルセット」2900円からありますが、私がおすすめしたいのは八寸がついたセットです。

豚組の総料理長は京都で30年も包丁を握っていた方

いま海外でも注目されている和食。和食といえば、目で楽しめる美しさ、季節を感じる食材、素材の味を存分にひきだす調理。豚組しゃぶ庵の八寸はその全てが揃っているクオリティの高いものなのです。正直このお料理をこのお値段でいただけるのは本当にお得だと思います。

オジ旅としてうかがったときの八寸はこちらです。

△左から葉山葵めし 小袖巻き、柔らかいサーモンに包まれているホワイトアスパラはピクルスにされていることでサーモンの甘みをより感じます。そして煮蛤は左2つのサッパリとした味にアクセントをつけるような奥深い味付け。

 

揚げられている赤海老に添えられているのは醤油麹ソース。揚げ方が最高なのはもちろんのこと、醤油麹のソースが赤海老の濃厚さを引き出していました。かのこ豆。そして金平のフライと銀杏。この金平のフライも牛蒡のシャキシャキ感がサクッと感に変わる驚きの調理でした。そして季節のお魚、秋刀魚の生姜煮。丁寧に丁寧に煮込まれたことがわかる絶品の秋刀魚です。

 

お刺身はこの日はカンパチ。身がしまって脂がのった美味しいカンパチです。添えられた人参も飾り切りされていて本格的。

続いて煮物は甘い栗かぼちゃと、カニ飛竜頭 、スナップえんどう。どれもしっかりと味が染みていて、口に運ぶとのけぞってしまうようなお料理でした。とくにこんなに美味しいがんもどきは初めて!

通常のしゃぶしゃぶコースだとこれに「小吸」がつきますが、この日は他にもいろいろ頂いたのでカット。

 

そしてメインとなる豚しゃぶです。豚しゃぶの詳細は別記事のこちらで→ 豚組しゃぶ庵 すっぽん出汁セットのしゃぶしゃぶ


この日は豚しゃぶのコースにスッポン出汁のセットをいただいたわけです。

スッポン出汁のセットは1鍋(2〜4人前)で10月いっぱいは2500円。それ以降は5000円となります。鍋ごとなので4人で行くと更にお得ですね。

スッポン出汁のセットには、最初にスッポンの小鉢もでてきます。

img_7151.jpg


そして締めはスッポン出汁をいっぱい含んだ雑炊。

この雑炊がまた絶品なのです。どれくらい美味しいかは、こちらの動画の最後にでてくるオジ旅4号の反応をご覧ください。

コースとしては最後にデザートもつきます。この日わたくしは先に失礼したのでデザート写真がなくごめんなさい。

豚組しゃぶ庵のメニューからアラカルト

豚しゃぶとスッポン出汁のセット以外にアラカルトとして、この日いただいたのは、

スッポン鍋 3000円

生ガキ 450円

豚組しゃぶ庵の生ガキ

 

豚組しゃぶ庵の自家製チャーシュー


クリームチーズの醤油漬け

すっぽん出汁セットの豚しゃぶにあう、バスク地方のワイン

豚組しゃぶ庵の豚しゃぶ➕期間限定スッポン出汁セット。お世辞じゃなく本当におすすめできます!また行こうと企んでいるオジ旅9号でした。

豚組しゃぶ庵 アクセス&営業時間

住所:東京都港区六本木7-5-11 2F
アクセス:  都営大江戸線 六本木駅 7出口から徒歩3分 / 東京メトロ 乃木坂駅 3出口から徒歩3分(画像つきアクセス⇒豚組しゃぶ庵アクセス

営業時間:ランチ11:30から14:30(LO14:00)/ディナー月~金 18:00から24:00(LO23:00)・土日祝 17:00から23:00(LO22:00)

豚組しゃぶ庵ネット予約⇒ https://yoyaku.toreta.in/bs/
HP: http://www.butagumi.com/shabuan/

すっぽん出汁とバスクワイン企画の裏話 #豚組しゃぶ庵 #オジ旅PR

豚組の國吉です。
ふと思いつきで呼ぶ事になった「オジ旅」。
もうこれでもかってぐらいすっぽん出汁の記事が上がったので、私はあまり明かされることのない、今回の企画の舞台裏をちょっと日付別にご紹介します!(笑)

【10/3(月)】
「今年の冬はすっぽん出汁をちょっと力入れてやってみようかな〜。そういえば、正直10月ってちょっと集客弱いし、スペシャルなキャンペーンでもやるか!」
などと思いつく。
さっそく豚組しゃぶ庵の親方にお願いすると、料理大好きな親方はノリノリでやってくれる事に♪

【10/4(火)】
やるなら試食しないとな♪
ん?…「試食」…
なぜだろう…あたましろいオジさんの顔が浮かんでくる…
いつも僕が仕事で試食している写真あげると、「試食させろ!」といってくるオジ旅7号のあたましろいオジさん。

70ed35fc-30a6-4fb9-9660-fff1d12ddd14

「そうだ!オジ旅PRで呼んじゃえ!」(笑)
ということで、仕事の話もあったので、メッセージしてみる。(17:48)

img_9635

すぐに食いついた(笑)
1の返事は…?

そして20分後には、他のオジ旅メンバーにも連絡が行き渡り、「金曜日あいてるってw」との返事。(18:05)

img_9641

なんともタイミングが良かったのか、すっぽんパワーかわからないけど、20分もかからずにソッコーで日程が決定♪

さらにその後、偶然にも久しぶりに「一番ラーメン食べたい!」とメッセージをしてきた大学同期でいろはわいん代表の寺田。

img_9634

オジ旅の話をすると、「すっぽんに合うワインも出しちゃおう!」なんて話になり、いろはわいんとすっぽんのコラボも決定♪(20:30)
試食を思いついてから、3時間もかからずにこの企画が決まってしまうという…(笑)

【10/5(木)】
すっぽんは捌いてから最低1晩寝かさないと食べられないという事で、親方に急ぎで仕入れてもらったすっぽんさんとご対面♪

img_9640

【10/6(金)オジ旅PR企画当日】
オジ旅メンバーを迎え入れるはずが、なぜか同席して自分も食べる事に♪

やばい、あまりにトントン拍子で決まった企画なので、ワインの事聞かれても何も説明もできないぞ…
ということで、いろはわいんの寺田に連絡をすると、ちょうど事務所から自転車で帰るところ。
いろいろワインの話を聞き出すも、にわか仕込みの知識ではどうにもならないかなと思い、ダメ元で
「ユー、今から一緒にすっぽん出汁のしゃぶしゃぶ食べちゃいなよ!」
と言ったら、10分できてくれて一緒に参加することに♪

もうその後はオジ旅メンバーがたくさん書いてくれたとおり、ワインとすっぽんに囲まれた楽しい会となりました。

もうとにかく楽しすぎ!
こんなに楽しい仕事(なのか?)があっていいのでしょうか?
あらためて、料理やお酒って楽しいと何倍にも美味しく感じる♪
いや、本当に美味しいんですけど(笑)

そしてなんと!会が終わると、いつの間にか僕もオジ旅にメンバーとして入れていただくことに!しかも29号という素敵な番号!!!
なんと光栄な!(…いや…光栄なのか???)

実は名古屋でオジ旅には飛び入り参加したこともあったのですが。

名古屋ですでに感じていたのですが、オジ旅メンバーのすごさは

「ものすごい行動力」「行き当たりばったり」「みんな超自分勝手」「すごい飲む」などなど…
とにかくパワーが半端ないです(笑)

本当について行けるのか自信ないですが、これからは正式なメンバー「オジ旅29号」として、いつか「にくよし」に改名することも視野に入れつつ、全力で頑張りたいと思います!

僕は、豚組の「酒」を知らずにここまできた(副音声:ワインうめえ) #豚組しゃぶ庵 #オジ旅PR

dsc_6764-2

これは、改めて調査するしかない。

僕たち私たち、今まで豚組しゃぶ庵にお邪魔したときは、だいたい大広間に行っていました。というのも、大広間には、大広間人だけの、豚組しゃぶ庵による、大広間人のためのオトクなメニューがあるんですよ。

_dsc9964

それが前菜9品/コロッケ/豚&野菜しゃぶしゃぶ食べ放題/とんこつしゃぶ麺/デザートの組み合わせという、広間限定 【食べ放題・飲み放題プラン】です。

お値段は5900円。2時間30分まで利用できると考えたらリーズナブルですよ。

_dsc9965

しかし食欲も酒欲も満たされるラインナップゆえに、メニューを開くことはまずありません。ロース煮、ゴールデン(略)メンチかつなど、魅力的な名がそこには記されているというのに!

img_0961

ソーセージ(時価)という、ネタにするしかないネタまっしぐらなお宝もあるというのに!

同様に、お酒も飲み放題のリストしか見ていませんでした。ビールに焼酎、日本酒にワイン、サワー系も豊富で、みんなでニギヤカに楽しみながら御豚様のヴェールをひらり、ひらりと湯桶のなかで踊らせ続けるなら、ハイボールでSay Helloするのがピッタリだったし。

img_0945

でも今回、酔う前にじっくりとメニューを見ていたら、緑川あるじゃんか! ビールもKAGUAサンクトガーレングレンリベット12年のハイボールなどなど、ゆったりした空間で楽しみたいグラスばかりです。

dsc_6816

豚組しゃぶ庵のワインラインナップを支えているいろはわいんの寺田さんに、今回ご提供いただいたワインはこちら。

Irouleguy Rosé Argi D’Ansaイルレギー ロゼ アルギ ダンサ バスク地方)
Txakoli No.7 Itsasmendi(チャコリ ヌメロ・シエテ イチャスメンディ バスク地方
Itsasmendi Eklipse(イチャスメンディ エクリプセ バスク地方

いずれもフランスとスペインをまたぐ、バスク地方のボトルたちです。

dsc_6716

いろはわいんは地元だけで9割以上が飲み干されてしまう、地元で愛されている地ワインのなかでもキラ星な逸品を日本に持ってきているインポーター。

dsc_6727

寺田さんいわく「バスク地方の方々は『飲むことと食べることに命をかけている』って言っているんですよ」。なんでもAll About 聖ヤコブこと「聖ヤコブの書」(5世紀の書物らしい。カリクストゥス写本とは別?)の一部、巡礼コースをまとめたピレネー山脈の歩き方の章に、

険しい山を越えると、そこにはおいしいワインと食事

という記述があったそうです。

この地の食は素材の味を生かしたものが多く、日本の食文化とも共通点があり、豚組しゃぶ庵の料理ともマッチするとのこと。ということで、スッポン鍋やスッポンスープの豚しゃぶと合う3本としていただいたのですが…。

dsc_6741

マジで合うんだなあ、これが。特にロゼのイルレギー ロゼ アルギ ダンサと、白のチャコリ ヌメロ・シエテ イチャスメンディがマッチする!

スッポン料理の味って、出汁のウマさが際立つもの。だから風味重視で酸味は爽やかなグラスのほうが、出汁のウマさが引き立つんです。遠峰先生ちっくに、お…おお…とつぶやきたくなってくる。これがマリアージュってやつでしょうかもしかしたら。

赤のイチャスメンディ エクリプセもグレート旨い。ただし味に深みと重みがあり、これはダイレクトな肉料理とのマッチングがサイコーと思わせるもの。豚組 しゃぶ庵の料理だったら、とろとろ豚の角煮、蒸し豚 香味ソースがけと合うんじゃないじゃろか。

dsc_6756

この3本のワインは、10月12日からのスッポンオプション/スッポン鍋がはじまってから頼めるみたい。そしてスッポンシーズンが終わると同時に終わるみたい。生まれし日、時は違えども兄弟の契りを結んだかのように、共にウマさが高まりますよ! どうですか。六本木で、スッポンを味わいながらバスク地方を旅してみませんか

もちろんレギュラー陣のワインも、“究極の豚しゃぶ”を追求している、豚組 しゃぶ庵のレギュラーメニューとのマッチングを第一に考えられたものでしょう。こっちの旅もいいな。してみたいな。

 

豚組 しゃぶ庵

すっぽん出汁で食べる豚しゃぶは本当に美味しいのか? #豚組しゃぶ庵 #オジ旅PR

すっぽん出汁で豚しゃぶ庵のお話を聞いた時、正直に言うと味のイメージが全くできませんでした。出汁が変わっただけで豚しゃぶの味がそんなに変わるものなのだろうか?

しかし、その考えはこれを食べて一気に覆りました。


すっぽん鍋です。豚組しゃぶ庵では、すっぽん出汁がある間はすっぽん鍋も食べられるそうです。実はちょっとすっぽん鍋も舐めていました。本当にすいません。

出汁を口に入れた瞬間、あ、これは違う! と分かりました。魚でも肉でもない、濃い味わい。これがすっぽんパワーなのか。水と酒と醤油だけとは信じがたい! どんだけ秘めているんだ、すっぽん!


すっぽん出汁の豚組しゃぶにもいつものようにタレがついてきますが、基本は塩または塩ダレ、わさび、いっても蕎麦つゆでいいと思います。というのも、すっぽん出汁の味わいが濃く、旨味が詰まりまくりなのです。

その濃い出汁をまとうには、豚肉も銘柄豚ではなく、スタンダードな豚肉が良いかと思います。豚肉が豚肉でなくなるとき‥‥それくらいに独特な出汁を豚肉がまとうのです!!


すっぽんがまさかこんなに強烈な個性を持った存在だとは思いもしませんでした。いくら言葉を尽くしても、この驚きは、体験しないと伝わらないかもしれません。


豚肉しゃぶ庵では10月12日よりすっぽん出汁がスタートします。生姜煮と雑炊もついて、ひと鍋5000円です。これが10月中は2500円となります。4人で食べたら600円くらい。そもそもすっぽんを食べる機会がないと思うので、ぜひこの機会に。

アメージングです、すっぽん出汁と豚肉の出会い!

10月12日開始で、10月中は半額のスッポンオプションまじ正義  #豚組しゃぶ庵 #オジ旅PR 

六本木にあるお豚さま料理の楽園。豚組しゃぶ庵。来たる冬に負けないように、しゃぶ庵コースに加え、身体の芯からぽっかぽかになるスッポンオプションのメニューを食らいまくってきたよ! オジ旅3号4号6号7号9号14号で、じたばた踊り出したくなるウマさを噛みしめ、飲み込んできたよ!

img_0937

ごちそうさま!

そして。

暑いよ!

熱いよ!

手先足先の血の巡りがめっちゃいい。寒空のなか2駅くらい歩いて帰りたい欲を持て余してる! これが回春か!

dsc_6731

さてこの日のセットリストじゃない、メニューをご覧ください。

まず主軸となるのが、2016年秋のしゃぶ庵コース。

dsc_6783

●小鉢
生湯葉・わさび醤油
●八寸
鰻の葉ワサビめし 小袖巻き/スモークサーモン白アスパラピクルス巻き/煮はまぐり実山椒/赤海老 醤油麹/かのこ豆ミックス/揚げ銀杏/フライドきんぴら/秋刀魚 生姜煮
●煮物
スナップエンドウ/栗カボチャ/蟹飛竜頭(がんもどき)
●小吸 
●刺皿
●豚しゃぶ
銘柄豚の肩ロース肉・バラ肉/お野菜のしゃぶしゃぶ
●〆
トンコツしゃぶ麺
●デザート
アイス

豚しゃぶに使う御豚様の生まれ故郷などにより、お値段は変わります。お一人4500~5400円。フライドきんぴらのサクサク感はおつまみに最高だし、秋刀魚の生姜煮も極めてラブリーうまい!

img_1071

さてここに、10月12日からスタートするスッポンオプションを追加すると。

スッポンの生姜煮(うまい)
スッポン出汁
(うまうまうい)
雑炊
(くぁwせdrftgyふじこlp)

という、最終兵器たちがパーティに加わります(トンコツしゃぶ麺→雑炊にクラスチェンジ)。お値段は1鍋分で5000円。4人で頼むとしたら一人あたり1250円。

高い? いやいやいやいや、それを言うのは10月中に食べてからにしてもらおうか!(頼んでからにしてもらおうか)

dsc_6784

1866年からスッポンの養殖を行っている重鎮、服部中村洋鼈場生まれのスッポンを、すっぽんとのお付き合いが40年という豚組しゃぶ庵の親方の手によって、丁寧に丁寧にアクだけを取り除かれたスープのぅぅぅうーまーいーぞーたるや。

生臭さはいっさいなし。味としてはコンソメ。そのまま飲んでみると、香りが立ち、スッキリとしながらも深いコクが残ります。

豚をくぐらせると、豚の脂がスープに加わって甘みがアップ。そのスープをたっっっぷり含んだ野菜が! ああっ! 豚肉のほうも深い旨味が閉じ込められており、わずかな塩でスッポンの旨味がグッと引き立つスゴイ。ずっこい。

dsc_6815

そしてすっぽん、豚、野菜の味がしみ出した出汁で作る雑炊がまたニクらしい。10月中は半額の2500円(4人だと1人625円)でオーダーできるとのこと。1日に出せる数は決まっているので、先に予約して幸せをつかもう!

さらに、だ。

dsc_6734

●アラカルトもいただきました
チャーシュー/生牡蠣/スッポン鍋/クリームチーズの醤油漬け

ここ。このスッポン鍋がえらい。味付けは酒と醤油だけ。あとは水とスッポンの身と野菜と焼き餅だけ。なのに、誰もが「んーーー!?」と唸って顔を上げてお互いに顔を合わせてユニゾンで「うまい!」からの「なにこれ!」

僕の中のすっぽんの常識、崩れ去りました。

使われる鍋は、信楽焼の土鍋とのこと。スッポン×信楽焼…そう、美味しんぼの土鍋の力に出てきた、数十年かけて鍛えた土鍋は水と醤油だけで極上のスッポン出汁雑炊を作ってくれるというアレですね!

豚組しゃぶ庵にある土鍋は素焼きだから、水を使って洗ってしまうと台無しになってしまう。だから、親方が自ら管理しているという極みっぷりなんですよ。

一鍋3000円。しかし、これは、2倍いや3倍の価値があるお味と見ましたよ。

dsc_6709

1枚200円の窯焼きチャーシューも、頼むしかない逸品です。

img_0968

生牡蠣だって、手のひらサイズで450円。フツーの、居酒屋プライス。oh…oh!

img_1082

オジ旅3号4号6号7号9号(残念ながら14号は先に帰宅)と、スッポンスープの豚しゃぶにあうワインを提供していただいた株式会社いろはわいんの寺田さん、豚組泡組などの店舗を運営されている株式会社グレイスの國吉さんこと29号でパチリ!

凄まじく旨かったです! 改めて記しますが、スッポンオプションは10月12日からの提供です。そして10月中なら半額の2500円でオーダーOK。またいきたい。誰かいこう!

 

豚組 しゃぶ庵

豚とすっぽんのしあわせな関係 #豚組しゃぶ庵 #オジ旅PR

すっぽん出汁で食べる豚しゃぶ。それってどんなもんなんだろうと思っていました。

豚とすっぽんって、何となくですけど、イメージとしてしっくりこないというか、すとんと腹落ちがするような組み合わせではなかったんですよね。

でも、ひと口食べてみてわかりました。

これは・間違いなく・偉大な経験です。

豚も、すっぽんも、この食し方を見つけた人類もすごい。

豚組しゃぶ庵のしゃぶしゃぶって、これまで何度となく食べているわけですが、魅力再発見ですね、これは。

いつもの豚です。

これを、すっぽん出汁の鍋に。

出汁が沸騰しない程度の温度でしゃぶしゃぶします。

はい、できあがり。


このままでも味がしっかり付いてますし、ちょっと塩をまぶしてもイケます。

いやぁ、うまい!

豚組しゃぶ庵を率いる國吉社長も、そりゃあちょいとドヤ顔になるってもんです(写真右。左は当日のワインをセレクトしてくださった「いろはわいん」の寺田徹社長。おふたりは学生時代の同期だそうです)。

まぁ、ドヤ顔っていうか、赤すぎるけど。

接待にも密会にもおすすめ【豚組しゃぶ庵】アクセスと店内の様子  #豚組しゃぶ庵 #オジ旅PR

豚組しゃぶ庵アクセス

都営大江戸線 六本木駅 7出口から徒歩3分 / 東京メトロ 乃木坂駅 3出口から徒歩3分と最寄駅からも近い豚組しゃぶ庵です。

六本木にある東京ミッドタウンからのアクセスをざっくりと

オブジェと「Tokyo Midtown 」と縦に表示されている場所を六本木駅を背にして進む

交差点が出てきたら左奥の出光方面へ渡る

豚組しゃぶ庵アクセス

左折し出光の前の道をまっすぐ進む

1分半ほど歩くと右手2階に豚組が見えてきます


ガタガタな動画ですが、ミッドタウンから豚組しゃぶ庵へのアクセス動画

個室も豊富な豚組しゃぶ庵


豚組しゃぶ庵はホールの他にも個室が豊富。お店の方も丁寧でシュッとされてるので、デートはもちろん、接待にもおすすめのお店です。

店内の様子を動画で。ほんとオシャレ♡

余談ですがポケストップ六本木七丁目6番です。

豚組しゃぶ庵 アクセス&営業時間

住所:東京都港区六本木7-5-11 2F
アクセス:  都営大江戸線 六本木駅 7出口から徒歩3分 / 東京メトロ 乃木坂駅 3出口から徒歩3分(画像つきアクセス⇒豚組しゃぶ庵アクセス

営業時間:ランチ11:30から14:30(LO14:00)/ディナー月~金 18:00から24:00(LO23:00)・土日祝 17:00から23:00(LO22:00)

豚組しゃぶ庵ネット予約⇒ https://yoyaku.toreta.in/bs/
HP: http://www.butagumi.com/shabuan/

今月は豚組しゃぶ庵に行ったら「出汁はすっぽんで」と注文するしか! #豚組しゃぶ庵 #オジ旅PR

豚組しゃぶ庵で、いつものしゃぶしゃぶを注文して「出汁はすっぽんで」とオーダーすると、世界が変わります!

うそです。おおげさでした。

でも、テーブルに並ぶ料理は変わります。これは本当です。

しゃぶしゃぶする鍋の中の出汁が、こんな「すっぽん出汁」に変わるのは当然なんですが、それだけではありません。

まず、すっぽんの生姜煮が出て来ます。

見た目は硬そうに見えますが、口に入れるととぅるーんと溶ろけます。

これぞコラーゲンって感じです。

それから、ふつうなら「シメの麺」が出て来るところで「すっぽん雑炊」がやって来ます。

これ、めちゃくちゃうまかった!

すっぽんエキスのおいしさがたっぷり滲み出ていまして、こんな雑炊いままで食べたことありませんでしたよ。いや、まじで。

と、こんなすっぽん出汁のセットは、通常、豚しゃぶの料金に加えて、ひとつの鍋(2〜4人前)ごとにプラス5000円だそうです。

それでもコスパ的には結構リーズナブルだと思うんですが、今週水曜日(10月12日)から月末までは半額で食べられるとか。

ひと鍋あたり2500円ってことは、たとえば4人で食べたとしたら、1人あたりプラス600円ぐらい?

これはヤバいです! 月末までに、もう一回ぐらいは行かないと!