後発隊0泊3日 富山の旅 感想 : やってみてわかった!オジ旅はクセになるわ、いやマジで。

こんばんは。後発隊のこばやしです。

新宿発の深夜バスから始まった0泊3日・富山の旅が終わりました。

いやぁー遊んだ遊んだ!

富山での滞在時間は18時間と、まる一日も居なかったわけですが、2日ぶんぐらいは楽しめた感じです。

ぼくは念のために2日間の有給休暇を取りましたけど、やりようによっては、1日だけでも良かったかも知れません。
唯一反省するとしたら、行きの深夜バスにテンション高めで乗り込んじゃったことでしょうか。

  
何しろ初めての夜行バスだったので「よし!楽しむぞ!」って思っちゃったんですね。だから、いきなり車内灯全消しとかに戸惑って、なかなか寝つけなかったりしました(寝つけない時のためにKindle Voyageを持参してましたが、真っ暗な車内では明るい液晶画面のタブレットを開くことさえ憚られ、まったく使うことがありませんでした)。

ここは少しテンションを下げ目に「ぼちぼち寝るかぁ〜」と、パジャマに着替えてベッドに入るようなイメージでバスに乗り込むようにするのが正解かも知れません。

あと、今回の往路では3000円という安さに惹かれて4列シートを選びましたが、ひとりで乗るなら、周囲への気がねが要らない3列シートを選んだほうが、リラックスできたような気がします。勉強になりました!

今回の旅では、やらなきゃわらんない発見がいろいろありましたけど、いちばん感じたのは「やっぱり旅には道づれが居たほうがいい」ということですね。

何しろ旅先に着いたのがド早朝。ひとりだと途方に暮れてたと思うんです。40分ほど遅れて富山に着いたダイゴマンの顔を見た時は、ホッとしました。ほんとです。  

たとえその後の動きがグダクダになろうが、気心の知れた人たちと、ちょっと日常とは違うところで一緒に行動するというだけでも結構楽しいものです。  

ま、今回の旅ではサプライズも用意していましたので、ちょっとどころかめちゃくちゃ楽しめましたけどね。  カターレ富山の澤入重雄GM、ほんとうにありがとうございました!

それから、わざわざ出発を見送りに来てくれた武者さん!  直前まで一緒に行くはずだった無念を堪えつつ、ぼくたちの富山入りをネット越しに見守り、メッセージで出迎えてくれたりもしました。まさに守護神のような存在感でした。ありがとうございましたありがとうございました!

今回のオジ旅・富山編はこれにて終了です。でも、またすぐにでも出かけたい気分です。

オジ旅はクセになる!

もしかすると、これがこの旅いちばんの発見かも知れません。

富山みやげ

世界でもっともブローチが似合う男100人に選ばれたちょび髭メガネ男爵こと田中君に、富山みやげを渡すために東京駅にやってきました。

田中君のたっての希望で、場所は富山とは何のゆかりもない餃子が旨い店「蓬莱」です。

  
さすがセンスのいい田中君です。

「ブローチとして使って」と渡したところ、おしゃれ番長の田中君は早速つけてくれました。
  
いざという時には非常食にもなる、磯の香り漂う素敵なプローチです。

  

【高速バス】「01greenliner」富山から東京まで(夜行バスの感想)

  

往路は早朝の便でしたので、復路にて初めて高速バスの夜行便を体験しました。ぐったりした、疲れたという話はよく聞きますが、レッグレストにフットレスト、さらにはリクライニングの角度もかなりあり、それなりに寝ながら過ごすことができました! あれ? けっこう高速バス、いけるんじゃない!? という感想です。

  

前方は4列シート、後方は3列シートです。後方はさらにカーテンで仕切られるようになっています。

  

電源コンセントがあり、充電も可能です。

  

けっこうリクライニングします。隣が知らない人だと気を遣いますが、知人、または空席なら4列シートもありだと思いました。

 
席もなかなか広く、大人2人でも意外にいけます。思っていた以上に、ゆったりと過ごすことができました。

途中、休憩は3箇所でした。これは行きと同じです。

完全に熟睡した人、ポジションが決まらずに眠りきれなかった人、往路の夜行便より快適だった人など、高速バスの夜行便は、まあ人によるのかな、といった感じではありますが、友達と乗るならわりかしありかな、と思いました。後は家に帰ればいいだけの、復路便に夜行便を割り当てると良いでしょうか。人によっては、このまま仕事にも行けるかもしれません。

ぼくはなかなか快適でしたが、休憩ごとに目が覚めました。目が覚めたついでに、各所でイングレスをしていました。

23時25分に富山を出発し、6時30分前には東京駅に到着。途中の休憩はそれぞれ15分程度が当てられていました。

LCCはサービスを割り切ることで低価格を実現しているけど、高速バスは安さを追求しながらサービスも追求している感じを受けました。高速バス初体験でしたが、また乗ってどこか旅したいですね!

 
オジ旅メンバーのみなさん、 お疲れさまでした!

【富山駅発 夜行バス】最後の休憩所 高坂SA

おはようございます。

最後の休憩所、高坂SAに着きました。 

朝焼けが素敵です。 

こんなところに、 ドラゴンボール発見。

東京に向かって、出発しました!

  

旅もそろそろ終宴です。

【オジ旅】そろそろ帰りの高速バスに乗ります

「オジ旅 シーズン2 富山編」いよいよ終わりの時間が近づいてまいりました。楽しかった富山旅行。とても1泊2日とは思えない、濃密な時間を過ごすことが出来ました。後は4列シートに座り、目覚めたら東京駅‥‥となっているでしょうか!?

行きは朝便、帰りは夜便。高速バスと堪能します!

富山ナイト!茶文で延々と飲んでますよ

夕方6時から飲み続けて、すでに4時間を経過してますが、まだ飲んでます。

  
今夜のバスの出発時間が11時30頃なので、それまでの間だらだらと過ごしているのですが、何だかとっても落ち着きます。家の感じに近づきつつあるような気がします。

「茶文」サイコーです!

シネマ食堂街にて 3

茶文さんでお薦めされていた「旭屋」さんの白えびコロッケ

  
白えびがまるごとinしてます。

 

これは新しい味、風を感じます。

シネマ食堂街にて 2

後発組もようやく茶文さんに訪れました、さす昆布〆 

 

「さす」とは富山でカジキの事、カジキの昆布〆です。

トロッとしていて実に旨い。

バスの発車までの数時間、おじさん達の宴がはじまります…

久留米ラーメン「南京千両」

 
富山によく行くという方から教えて貰った久留米ラーメンの店「南京千両」でワンタンメンを食べました。意外にあっさりしてるのですね。ワンタンが美味しかった!

   
富山でラーメンといえば富山ブラックですが、このワンタンメンも美味しいですよぉ。富山駅からは少し離れているのですが、わざわざ食べに行った甲斐がありました。

   

ワンタンたっぷり。ごちそうさま!

富山で「満天の湯」でまったり

 
台風の影響で富山も雨風が強くなりました。ひとまず温泉に入ってまったりすることに。やってきたのは不二越駅のすぐそばにある「満天の湯」です。

 
大人の入浴料は730円。タオルは購入、バスタオルはレンタルがあります。とりあえず風呂り、座敷で昼寝。元気になりました。富山に深夜バスでやってきたら、温泉ですっきりするといいかも!?