名古屋駅西口で昼から飲むなら「やぶ屋」 #名古屋 #オジ旅


名古屋駅周辺は、あまり昼から飲める店はないそうです。駅ビル行くか〜? と思っていたのですが、見つけました、味噌とんちゃんの「やぶ屋」。ええで!?

24時間営業に乾杯!

ドテな感じ。味噌〜

おでんも味噌〜

名古屋というと、この赤い感じですよね。味噌カツの味噌も、このおでん用の甘い味噌をかけた矢場とんが始まりなんですってよ?

台湾ラーメンだってある!

タコだって炙ってやる!


そうだ、串カツだ!

ってんで、一通り名古屋めしを堪能しながら、メガサイズのチューハイをガンガン飲むことができる店です。

割と観光客向けメニューというのは観光客が食べるばかりが多いと思うのですが、名古屋ではしっかりと地元に人が名古屋めしを食べている印象でした。だからこそ、中途半端でなく、地元の人も常食するうまさになっているんでしょうね!

名古屋のお菓子卸市場 #名古屋 #オジ旅

名古屋にあった、お菓子卸市場です。名古屋では嫁入りの際に、お菓子をまくという習慣があったそうです。そういうことも影響して、お菓子卸が発展したのかな、と。

だって、どこの店でも嫁入り菓子にフォーカスしてましたからね。

寿! 嫁!

日に焼けたアンパンマン。

お菓子卸市場への入口。

年季の入った建物です。

カラフル!

いまはシャッターは全てしまっているのですが、かつてはここは賑わっていたのでしょうね。

帆立!

まあ、懐かしい!

札!

パンダの絵柄がかわいい!

プリン棒というお菓子を見つけてちゅうちゅう吸っているMACお宝鑑定団のダンボ氏。

サラリーマンだって気軽に旅すればいいじゃなーい #オジ旅

会社勤めをしていると、たまに「非日常」な時間がほしくなりますよね?

決して仕事や職場、あるいは家庭に不満があるわけじゃないものの、ふっと「何かムチャなことがしたい!」とか、そういう衝動にかられたりする人は少なくないはずです。

だったら旅に出たらいいじゃなーい。

というわけで、オジ旅7号こと不肖こばやし、オジ旅メンバーが名古屋に行くっていうことを聞いて「だったらわしも行く!」と手を挙げてしまったのでした。

合流したのは1日目の夜。仕事を早めに切り上げて、新幹線「のぞみ」で名古屋へ。


品川駅からたったの1時間半ほどなので、あっという間に「非日常」です。
旅先で、こんなことすると楽しいですよ。


どこで飲んでも酒は酒ですけど、それはそれとして。

オジさん狂喜乱舞の伏見地下街 #オジ旅


1軒目で大満足したオジさんたちが2軒目を探しに夜の名古屋をさまよいはじめましたよ。(オチも何もない動画6秒 )

オジさんたちの前に現れたのが、なんかおかしな地下への階段。普通ここにイラストは描かれていないですよね。でもこれに気づくオジさんがすごいですよね。


 

見ると「地下鉄 伏見駅 通路」と書かれています。

地下鉄への入り口に何故か「営業中」のちょうちん。

 

「なんだ?なんだ?何が営業中なんだ?」とオジさんたち吸い込まれていきました。

地下街にはトリックアートまで描かれていました。どれだけトリックかはオジ旅4号KOGURE さんのこちらの記事でご覧ください。>> 伏見の地下街、地下鉄の駅の目の前にある立ち飲み「ちろり家」

「ネタフルの読モ」を公言するオジ旅7号アレックスがどのように読モを勤めているか、その舞台裏はこちらです。

 

 「カラスがきません」

こんなの大好きオジ旅3号ムーシャ

 

入ったお店は地下鉄伏見駅、改札まで5秒の「ちろり家」


日本酒1杯450円

食べ物メニューもあります。


 


 

オジ旅7号アレックスと都内から出張にきていた某社長ぶぅ。

ちくわをここまで本気で撮る人はいない、オジ旅3号ムーシャ

子どもの頃に初めてちくわの磯辺揚げを食べたときの感動を熱く語って疲れたオジ旅6号ダイゴマン。

オジ旅1号知らないオジさんの山のような背中と、隠れちゃった人たち。

 

オジさんたちの夜は熱く永く続きました。

 

神ってこういうことだと思った「居酒屋きよし」 名古屋 栄 #オジ旅

フジパン スナックサンドの工場見学を終えオジさんたちの夜が始まりました。

泊まったのは名古屋駅から2駅離れた栄駅です。理由は簡単「栄のほうがディープな飲み屋が多そうだから」


ここからは日帰り出張にきていた都内の某店の社長と合流したぶー。🐽

あてもなく歩いていて目についたのは超レトロな建物。

ビルの前にはなんとメニューが出ているではないですか。オジさんたち興味をもちはじめましたよ。

お店を決めるときの流れはいつもこう。

オジ旅4号KOGUREさんが「武者さん、武者アンテナではここはどうですか?」  決して前にズカズカ出るような感じではなく、でも上手にみんなをコントロールしてるのがKOGURE隊長です。

そしてオジ旅3号ムーシャが判定をはじめます。

オジさんたちが店に入る様子 #オジ旅 #いわきアロハ

A post shared by KIKUNO (@yanojapan) on

 

「とりあえずちょっと一杯だけ」

まぁ、一杯で済むはずないんですけどね。

オジさんたち皆この建物に釘付け。あとで聞いたのですが、築60年の建物だそうです。
オジ旅メンバーの約1名 、ほぼこの建物と同級生もがんばって写真を撮っていましたよ。 

60年前の日本にもこんな高い建物が建っていたのですね。団地ブームの頃の団地よりも高い建物です。

居酒屋「きよし」 入りまーす。

 

画像右下は「きよし」ではありません。「ゆーいち」
いただきます。


お通しででてきたこの茄子の煮浸しが絶品でした!
どてみそ450円

串カツ2本350円。

あまり口数は多くない大将が次々とお料理を作ってくれます。


 

 

オジさん増殖! 名古屋のドンであるダンボさん登場。ダンボさん詳細はKOGURE さんのこちらの記事で。>> ピンク色の不思議なラーメン屋「ももまる」

予想通り一杯で済むことはなくボトルまで一本空けてしまった頃、次の店に移るタイミングかと数名が時間を気にし始めました。

寡黙だったお店の大将がそのときボソっと「その時計20分進めてある」と。

神だ。呑んべえにとっての神はここにいた。

とても居心地がいい「居酒屋きよし」きっと今まで何人も電車の時間に間に合わなかったりしたんでしょうか。

いつも最後はオジ旅6号ダイゴマンが活躍。大きくなれよ、ダイゴマン。

居酒屋きよし

住所:名古屋市中区錦3-8-24

「営業時間は黄昏より眠くなるまで」 神だ。

武者さんから教えて貰った神々の危険な遊び #オジ旅

これが


こうなる

これはあかんでぇ。

熱海からそれぞれの降車駅に向けて出発しました。

ピンク色の不思議なラーメン屋「ももまる」 #オジ旅

名古屋と言ったらこの方。泣く子も黙る名古屋のアップルファン・マックお宝鑑定団の団長、ダンボさんが現れました。逐一、行動を捕捉されていたようです。一次会から現れ、仲良く二次会に。シメニティは何がいいですかね、と聞いたら「ももまる」とお告げをくれました。不思議なラーメン屋があるそうな。

って、ピンクー!

なんだかいろいろピンクです。

店内では店長がブランコに乗っていることもあるそうな。この日は残念ながら乗ってなかったのですが、ピンクにブランコ、かなりカオスな店だと思います。

オススメのラーメンは中華そば。迷わず行くよ。


どーん!

麺はややポソポソしてると思ったのですが、逆にそれが蕎麦っぽい。中華そばが蕎麦感満載。というのも、スープというか出汁が、いかにも蕎麦な味わいなんです。シメニティにいいかも。

他にも餃子などのつまみも豊富なので、二次会で来る人も多そうです。ワンドリンク、ワンフードのルールがありますので、そこだけ注意。

夏の旅におススメのグッズたち #オジ旅

オジさんたち、オリジナルグッズを作ってしまいました。ペットボトルホルダーです。

夏はとくに水分補給が大切ですね。このオジ旅オリジナルペットボトルホルダーならベルトやバッグにつけて、いつでも何処でもすぐに水分補給できますよ。(動画6秒)

保冷効果の高いペットボトルカバーをつけても使うことができます。

オジ旅ペットボトルホルダーは1個500円です。メンバーの手売りとなりますので、欲しい方がいらっしゃればお近くのメンバーにお声かけください。

オジ旅7号アレックスの使用見本です。


 

***
イケてるオジさんは扇子でしょ

人間の体は風速1m/s増すごとに体感温度が1度下がると言われています。風、大切。大切、風。

扇子ならたたんでおけば鞄の中でも邪魔にならないのでおススメですね。オジ旅4号KOGUREさんは普段から使ってますよ。イケてますね。


オジ旅9号の扇子は、オジさんに敬意を表してオジーオズボーンのオズフェスで。

***

短期集中冷んやりスプレー


衣類に吹きかける冷んやりスプレー。商品によって効果に差もありますが、15分程度は冷んやりできます。
***

汗拭きにも冷んやりシート


ウエットティッシュより厚手で大きいボディーシートの冷んやりするやつ。汗でベタベタになった身体におススメですね。気持ちいいです。
***
首を冷やすのに冷んやりタオル


保水効果の高いタオルです。濡らして軽く絞って首に巻いておくとかなり冷んやりしますね。

保冷剤などで冷やすときも首、脇の下、脚の付け根など太い血管のあるところを冷やすと、血液が冷えやすく、冷えた血液が全身に回ることで体温を下げられるのですよね。

昨日は快晴でフジパン工場のある名古屋もアツアツでした。オジさんたち(とくにお爺さん)も弱り気味でした。


でも今日は冷え冷えですね。

帰りは青春18切符で #オジ旅

行きは高速バス、帰りは青春18切符。鈍行で名古屋から東京に戻る、実にオジ旅らしい旅。ガタンゴトン、ガタンゴトン。東海道線、ローカル列車の旅。

時間はたっぷりあるので、書ききれなかったブログの記事を書きまくり。


ボックスシートでお弁当も食べますよ!

8時25分に名古屋駅を出発、このままいけば15時過ぎには浦和に到着する予定です。

伏見の地下街、地下鉄の駅の目の前にある立ち飲み「ちろり家」 #オジ旅

本当は違う店に向かっていたんですよ。でも、アートな地下街への入口があるってんで、覗いてみたら赤ちょうちんまであるわけです。当初の目的地のことはすっかり忘れて、地下迷宮へ飛び込んでしまいましたよね。

なんだか立ち飲みの店がずらずらと並んでおります。日本酒にワイン。

トリックアートまで。もともと問屋街だそうですが、若者が安く借りられるようになっているのでしょうか。夜の活気がありました。

ファッ!?

何百メートルか歩いて、多めの人数で入れる店がぬくて「あー、地下鉄の駅まで来ちゃったねー」なんて言ってたら。

改札の目の前にあったよ「ちろり家」。

女性だけの立ち飲み屋。日本酒は100ml 450円。え、あれもこれも!?


名古屋の醸し人九平次も。

ということで、思わぬところで思わぬ良い店を見つけてしまったのでした。