日本的な豊富な品数と現地の需要を見極めて展開しているタイのコンビニ、ローソン108  #オジ旅PR

  

オジさん3人で訪れたタイのバンコク。その目的はタイのローソン体験。実は2013年にローソンは、現地のサハグループとタッグを組んでローソン108というコンビニチェーンを展開しはじめたそうです。

当初は4店舗ではじまりましたが、2015年末時点で今や40店舗オーバー! でもバンコクといえば露店が多いし普通の飲食店も多いと聞いています。コンビニエンスストアという形態がどのように浸透しているのか、わくわくしながら見に行きました。

  

最初に結論から切り込みます。日本と同じく大人気! お昼ご飯を買いにきたビジネスマン、スイーツ手に取っていたOLさん、どの味のポテチにしようか悩んでいた学生さんらしき方。日本で見てきたローソンと変わりません。

  

明るい店内に品数豊富。

  

甘い緑茶(暑いところで飲むと最高!)という、現地ならではの商品と、

  

おでんみたいに、日本式のメニューもいろいろと用意していたり、

  
コンセントつきで仕事もできるイートインスペースもあり、

  

  

細かな便利アイテムも揃えていて、

 そしてローソンといったら外せないからあげクン、じゃない、くんからあげ(タイ語で「くん」はミスターの意味があるみたい。だからこれはミスターからあげ!)もあるし。

  
カップラーメンも多かった。タイの食習慣としては、お腹が減ったらすぐに食べる。結果として少量の食事を5〜6回に分けて食べるそうですが、だからこそコンビニの存在意義は高いとみた。

  
おでんもいい意味で小さくて食べやすい。いっぱい食べたい人はたくさんの種類を食べられるというメリットがありますし、このスタイルは日本にもってきてもいいのでは?

   

日本のカルチャーで現地ローカライズできるものはどんどん取り入れ、そして現地独自の商品もどんどん開発していく。もしかしたら独自商品が日本にやってきて、タイローソン108フェアが開催されるかもしれないですし、今後にも期待したくなりました。

  
ただ、口もとアップのジャケ写なポテトチップLay’sのなかに、歯の矯正ワイヤーを入れてるパッケージがあったんですよ。なんで!?と思って聞いてみたら、歯の矯正はある意味ファッションなんだって! 

タイにおける美の1つに歯並びがあり、矯正をしているということを積極的にアピールすべき案件なのだとか(カラーブラケットもあるって!)。

ゆえにこのパッケージはタイの世情を反映したもので、この写真のように自分の顔の半分をパッケージ隠してセルフィーするという遊びもあると聞きました。勉強になりました!

実際に訪れる時はこちらで住所の確認を。タイ語でアドレスが記載されているので、Googleマップで検索できますよ。

タイのローソンを調査しました → 清潔感ある商品が整列された店内、調理も店内、弁当やカツサンドを手作りしてるの凄い!  #オジ旅PR

今回のタイ旅行の目的は「タイのローソンを調査すること」です。正直、このお話をいただくまではタイにローソンがあることは知りませんでした。海外展開はしているだろうけれど、まさかタイにローソンがあるとは、と普通に驚きました。

今回のタイ旅行で現地法人の方ともお会いして話を伺ったり、合計で5店舗のローソンを巡りましたが、日本のサービスをお手本に同様のクオリティを提供すること、タイにあわせてカスタマイズする工夫など、様々な努力をされていることがよく分かりました。

印象としては、タイのローソンは日本のローソンとほぼ同じです。陳列されている商品や並べ方など、かなり日本と近いです(もちろん商品はタイ向けのものですが)。アジアのコンビニというと、もしかすると雑多なイメージを思い描く人もいるかもしれませんが、日本にいるみたい、と言っても良いのではないかと思います。

スタッフの方もフレンドリーですし、商品の頼み方が分からなくてたまたま声をかけた方がエリアマネージャーのような方だったのですが、親切にオーダーを聞いてくれました。ついでに、他の商品も勧められました(勧め上手)。日本のコンビニだからか、日本語を少しだけ話せるスタッフもいたりとか。

あとは、タイに住んでいる日本人にとっても、日本とおなじ感覚でいろいろなものが手に入るローソンというのは、かなり貴重な存在なのではないかと思います。食料品、飲料品が揃うのは当たり前ですが、文房具や雑貨など、日本のコンビニにも置いてるようなものが普通に置いてあったりして、まさに「マチのほっとステーション」だと思いました。

タイにもあったんだ!「マチのほっとステーション」が!

さて、今回レポートしているローソンの写真を見て「LAWSON 108」となっていることが気になった人もいるかと思います。これはもともと、タイのローカルコンビニ「108SHOP」があり、それを運営していたSAHAPAT社と協業でタイでのLAWSONをオープン、運営していることによります。タイ人にもともと馴染みのあった「108」が残っているという訳です。

それでは、タイのローソンで驚いたこと、いいなぁ、と思ったことをまとめておきたいと思います。

1. 電源付きのイートインスペースがある

日本のローソンでイートインスペースは見かけたことがない気がするのですが、タイのローソンでは訪れた4軒のうち2軒でイートインスペースがありました。しかも、電源付き。自分でも購入したお弁当を食べてみましたが、旅行者にとっても気軽に食べられる、休めるスペースというのは、けっこうポイント高いな、と思いました。

知らない街だと、気軽に休める場所を探すとなると、店に入るしかなくなのますからね。そこまでじゃない、ほんの少しほっとしたい、そんな時にこのイートインスペースは便利だと思いました。タイ人の人たちも、イートインスペースでアイスを食べる人が意外にいたのが印象的です。

2. レンチンラーメンがある

日本だと一般的だと思いますが、まさかタイでレンジでチンするラーメンに巡り会えるとは思いもしませんでした。ホテルにレンジがあったので、〆のラーメンが食べられました。ただ、ラーメンは恐らくタイ風です。麺が太めで、日本人にはうどんに近く感じられるかも。とはいえ、150円くらいで食べられるのでお得感あります。

3. ヤクルトを売っている

これはタイ駐在の友人から聞いたのですが、タイのコンビニでヤクルトを販売してるのはローソンだけなのだそうです。だから、そのためにローソンに通っているくらい、と言っていました。

4. 日本と同じようにホットコーナーがある

からあげクンにLチキなど、日本でもお馴染みの揚げ物製品がタイのローソンでも食べられます。ホットコーナーと書きましたが、実はこれ自体は保温機能はないようで、購入するとレンチンするかどうか聞かれます。タイオリジナルの寿司フライもあったりするので、要チェックです。

5. おでんがある

これまた日本ではお馴染みのおでんコーナーが、タイのローソンにもあります。自分で食べたいものを取り、お会計するという日本でもお馴染みの方式です。味は日本と同じ。ただ、タイ人の少量ずつ1日に何度も食事をするという習慣に合わせて、おでん種も一つずつが小ぶりです。

6. 陳列は日本と同じ

海外だからと言って、ここを変える必要もないかもしれませんが、日本と全く同じような陳列方法が取られていました。整然と自体は陳列で、スタッフが随時、見回りをしていましたよ。

7. スイーツが充実

日本でもローソンはスイーツのコンビニというイメージが定着していますが、タイでも同様の認知が拡大しているようです。ただ、冷蔵車がないため、生クリーム製品などは溶けてしまわないよう、配達にも苦労があるようです。タイのスイーツも、どれも美味しそうでしたよ。

8. 日本語のディスプレイが多い

これはタイ人スタッフのアイデアから始まったそうですが、店内、店外のディスプレイの多くには日本語が多く使われています。もちろん日本人が見たら分かりやすいのですが、タイ人にとっても日本語はカッコよくみえるのだそうです。

9. 手作りの商品

日本ではローソンの商品はフライヤーで揚げられているのは知られていると思いますが、タイではなんとお弁当やカツサンドなども店舗で手作りされているのだとか。

これはガパオライス、30バーツとか40バーツとリーズナブルです。ちなみに、目玉焼きはオプションで追加してもらいました。そんな風に、自分好みにカスタマイズできるのが、タイのローソンの特徴です。

店舗で作ると言っても、昼時に備えて大変な量を作ったりするのでしょうから、オペレーションもかなり大変なのではないかと推測されますが、手作りガパオライスはとても美味しかったです。

ちなみに、弁当はこんな風に陳列されています。

カツサンドはタイのローソンのヒット商品です。こちらも店頭で手作りです。カツを揚げ、パンで挟み、カットする、そんな作業が行われています。

食べてみましたが、日本では食べるカツサンドと同じでしたよ! もともとカツサンドは日本からタイに伝わったもので、高級な食べ物として知られていたそうです。それを一気に、庶民の味にしたのがローソンのカツサンドという訳です。いやぁ、美味いから。日本人だって大好きだから。日本発祥の文化が、こんな風に伝わっているのは嬉しいですねぇ。

そして極め付けは「くんらからあげ」です。日本ではお馴染みの「からあげクン」が、タイだと「くんからあげ」なのです。なぜ「くん」が前に来てしまったのか?

これにはタイでは「くん」がが敬称となっている、という理由があります。つまり「くんからあげ」は「ミスターからあげ」みたいな意味合いなのですね。美味い具合にら日本と「くん」繋がりになったものですが、これを考案したのは、当時、ローソンに勤務していたキムさんという女性でした。

なんと今回、タイにいらっしゃってお会いできてしまったのです! 現在は転職されているそうなので、ちょっとした奇跡を感じました。

そして「くんからあげ」の味ですが、日本の「からあげクン」が再現されてました! ただ、タイ人の食習慣もあってか、やや小ぶりでしょうか?

ホットコーナーのたこ焼きも、しっかりたこ焼きしてましたねぇ。紅生姜、海苔がないのは、タイ人の好みを考えてのことなのでしょう。しっかりとマヨネーズとソースでした。

ミルクティーはかなりの甘め。というのも、タイ人はかなりの甘党なのだそう。むかーし、おばあちゃんが麦茶に砂糖を入れていたのですが、ああいう感覚なのでしょう。

ちなみに、健康志向も高まりつつあるそうで、お会いしたタイのローソンスタッフの方たちは、日本人、タイ人を問わずマラソンをされてました。お茶も飲まれるようになっているそうですから、遠くない将来に脱甘党するタイ人も増える予感です。

Lチキのスパイシー版を食べましたがらこれがなかなかの辛さ。さすがタイのLチキだと思いました。

ローソン自慢のスイーツも頂きました!

店頭でもアピールされていたメルティー・プリンです。これかですねぇ、甘党のタイ人と聞いていたのですが、それからするとかなり甘さ控えめでした。

日本人的には「ちょっと甘いかな」という感じでしたが、他の商品と比べると、かなり甘さは控えめです。これがタイ人にも受け入れられているのだとすれば、タイのスイーツ事情は変わっていくかもしれませんねぇ。

10. タイにはファサイちゃんがいる

日本にあきこちゃんがいるように、タイにはファサイちゃんがいるのです!

ファーーーァッ! #オジ旅PR

スワンナプーム国際空港で鰻丼はヤバイ。

本来の言葉の意味でヤバイ。

得体の知れないソースがかかっている。

ナッツのような甘い風味。

田崎真也がワインの話をしているのではない。

鰻丼の話だ。

  
何度でもいう。

これは鰻丼の話だ。

信じられないが、鰻丼の話なのだ。

【完】

嗚呼! ベッカム! #オジ旅PR


パチモノの天国mbkで店員に勧められるがまま散財するベッカム。

「サリルホテル(Salil Hotel)」朝食には日本食も。日本語の話せるスタッフもいるトンローのホテル  #オジ旅PR

今回のタイ旅行にあたり、タイ駐在の友人にアドバイスを貰ったのがホテルです。一泊60ドルくらいで、非常にオススメのホテルとのことでしたが、確かに小綺麗で日本語の分かるスタッフもいて、安心かつ非常に居心地も良かったです。  
 
交通システムBTSのトンロー駅から徒歩5分ほどのところにあります。空港からはタクシーできても日本円にして1,200-1,500円程度とのことです。

   
路地を曲がった奥にロビーがあります。

周囲には日本人も多く住んでいるようで、少し街を歩くと日本語の看板がたくさんあります。つまり、日本人でも安心して滞在できる街といえます。ギラギラした街で遊びたい人には向いないかもしれませんが、それでもそうした街までBTSで数駅ですから、拠点にするには悪くありません。  

ロビー。コストパフォーマンスが良かったり、近くに日本語の店が多かったりするので、日本人の宿泊者も多いみたいです。出張で利用している人も多そうですよ。何人も日本人に会いました。フロントには日本語の話せるスタッフもいますので安心。  

 

ロビーで使用できるパソコンはiMacです。
   
小ぶりなプールもいい雰囲気。

部屋の雰囲気もご紹介します。

 

リフォームが行き届いているようで、キレイで落ち着く部屋でした。
   
ベッドも大きくゆったり。

 

おお、タオルのワンちゃん! かわいらしい心遣いです。

   
テレビとデスク。デスクの奥行きがもう少しあるとPC作業がしやすいかと思いつつ、特にそれは不満にはなりません。テレビはNHKが映ります。

ミニバー。水は一晩に2本貰えました。    
バス。湯船もきちんと入れます。シャワーもしっかりお湯が出ます。

海外のホテルでなかなかないのがアメニティ類の歯ブラシなのですが、ここはきちんと用意されていました。日本人が多く宿泊するからなのかもしれませんね。  
トイレの上にも、かわいらしいタオルが。足拭きマットでした。  

ガウンの他、標準で傘が用意されているのも印象的です。スリッパ、懐中電灯もありました。   
ありがたいと思ったのが、ランドリーサービスです。1日4枚までは無料となっており、何かと暑くて汗をかきやすいタイでは、これは本当に嬉しいサービスだと思いました。朝に出したら夕方には戻って来ていました。荷物も軽量化できますし、長期出張の人にもありがたいですね。  

 

日本人出張者に評判なんだろうな、と思うのが朝食。

コーヒー、美味しかったです。  

 
おかゆあり。白米あり。ふりかけあり。

   
味噌汁あり。

 
ついでに朝から寿司あり。

 

パンもあり。  
 
卵料理あり。

 

フルーツあり。

など、なかなか日本食が充実している感じなのですね。無理して日本食を食べる必要はないですが、二日酔いの朝には、やはり味噌汁が飲みたくなるものですよねぇ。

LCCで安く飛行機を予約したら「Salil Hotel」のようなホテルに宿泊すると、遊んで宿に戻ってからも安心して寛げると思います。もちろんもっと安い宿もあるでしょうけど、キレイで日本語の話せるスタッフもいて、何かと安心なホテルだと思いました。 

Terminal21のなかにあった、TOKIO  #オジ旅PR

間違った日本語が大好きです愛してる。むかし流行ってたアジアのいかしたTシャツみたいな。

Terminal21バンコク代表するショッピングモールの1つ。各フロアがいろんな国のカラーにまとまって…なくて、入ってるテナントはてんでバラバラでしたが、フロア内装の雰囲気は統一感あり。ウインドーではなく柱や壁をみているだけでワクワクしてきます。

  
だって、これもんですよ。「ありがとう 売れる」。サンキューセールかっ!

  
こんな日暮里みたことないとにっこり。

  
これはわかる。

  
わかりません。カタカナのほうが難しいのか。

 
 完全無欠の共存共栄。いい言葉な気がしてきました。
 
あなたも私たちと、一緒にいらっしゃ。惜しい! あと一文字!

   
案内板の君が聞くのか。

 
いやあ、楽しい。

タイのベッカム爆誕!タイで床屋に行ってベッカムになった話をしよう  #オジ旅PR

  
駅に着いたら床屋があったんですね。10分カット、100バーツ。約400円でしょうか。本当は日本でカットしてこようと思ったのですが、時間がなくてそのままタイに来てしまい、暑くて暑くて。そこに床屋があるなら切りますか、ってノリで。日本にもよくある業態ですね。日本でも行ったことないのに、まさかタイで行くことになるとは!

 
事前に券売機でカット券を購入します。プリペイド。これは新しい。

   
カット券。手書きです。mint という店名なのでしょうか。

先に山本さんがカットしてもらいます。我々が懸念したのは「どういう髪型にするのか」という点だったのですが、Google画像検索の検索結果を見せることで軽やかにクリアしました。    
修行僧のようになっていく山本さん。まあ、坊主頭は間違いないですね。

 

次はぼくです。

最初は坊主頭にしようと思ったのですが(暑いので)、せっかくなのでベッカムにしてもらうことにしました。

こんな感じで。
   
うんうん、短いし、いい感じじゃない?

これを見せた瞬間、カット係のおばさまが2度見したのを見逃しませんでした。でも、すぐに気を取り直しカット開始。

実に丁寧日に、10分カットなのに30分くらいかけて丁寧にカットしてくれ、ここきタイのベッカムが爆誕しました。

 

お、おう。

いやいやいや、めっちゃクール! これぞベッカム!

頭も軽くなって、本当にタイらしい髪型になれたと思います。カットしてよかった。よかった‥‥。
 

ちなみに、Tシャツはこれ。道行く日本人が必ず2度目します。

シースーまであるホテルの朝食  #オジ旅PR

  
Salil Hotelの朝がきました。今日という日を駆け抜けるため、朝食はちゃんといただきます。

  
和洋中メニューいろいろ。ブッフェスタイルで自由に好きなだけ選べます。

  
味噌スープとおかゆも。飲みまくった日の翌朝にぴったりでしょう。

  
あら!寿司もありますね!カニカマ寿司がかわええ。あとエビとマグロとタマゴと。

  
なおマグロ寿司は中にチーズが挟み込まれるというリッチ仕様。

   
フルーツやサラダの量も種類も多く、満足度高し。

 日本人、たぶん1人でも安心して眠れるホテルでしょう。おすすめ!

プールハイリタアアアイ!  #オジ旅PR

まだ外なんですけどね!

  
シンハー生をいただいてます。

ややや、話戻します。今泊まっているSalil Hotelプール朝見てみるいい感じなんですよ。

  
バカT買いに、また来てここ泊まりたいです。1泊6000円くらいだそうですし。

出家しました。 #オジ旅PR