旅に出る前の腹ごしらえ

久々にオジ旅参戦する10号です。
今回は近場の日帰りということで、これから目的地へと旅立ちます。

しかし腹が減った。

ということで旅立つ前に腹ごしらえ。
駅の蕎麦屋でサクッといただきます。

越前おろしそば

生姜が効いてて普通に美味い。

そこそこ腹も膨れたので、そろそろ向かいますかねー。

Posted from するぷろ for iOS.

「オジ旅 シーズン6 東村山編」豊島屋酒造で酒蔵を見学してくる! #オジ旅

2015年11月度のオジ旅がやってまいりました。今回は、都内。ザ・東京でございます。

東村山の老舗酒蔵「豊島屋酒造」の見学をさせて頂き、試飲なんぞもさせていただく予定です! ビバ日本酒!

どうぞお楽しみに。あるんですよ、東京の酒蔵。

電車が好き。台車から伝わる振動が好き。  #オジ旅

  
と子供の頃から言っていましたが、実のところチャレンジ1000kmくらいなゆる鉄です。

これから乗る西武国分寺線も、初。行き先は東村山駅です。これまた降りるのは、初。いったい何があるのでしょうか。

青い空と日本酒  #オジ旅

  
これより東村山の酒蔵、豊島屋酒造の蔵見学をさせて頂きます!

なんかワクワクしてきました!

  
初蔵出しで生とか!!

豊島屋さんの蔵にキター!

今回のオジ旅は豊島屋酒造さんの見学から。

豊島屋酒造

日本酒の香りがすでにしています。わくわく。

Posted from するぷろ for iOS.

東京都の酒蔵、東村山の豊島屋酒造にきています  #オジ旅

   
東村山駅からタクシーで1メーター。郊外系住宅地のなかにある豊島屋酒造。これは地元の方じゃないとわからないですね。

水は近々150メートルから汲み上げたもの。富士山系ですって。専門のかた曰く、300年前のお水とのこと。

ふんわりと漂ってくるお米の香りが素敵。そしてお腹へってきました。

 
メインのお酒は金婚。初蔵出し新米、活性にごり酒としぼりたて無濾過生原酒は11月1日に発売したばかり。おおっ!

  

豊島屋さんのお話を傾聴なう

豊島屋本店社長・吉村さん
豊島屋本店の社長、吉村さんから豊島屋さんの来歴や日本酒のラインナップについてお話を伺っています。

さすがに420年の歴史を誇る老舗。
思わず「へー」となる話題がたくさんですよ。

Posted from するぷろ for iOS.

豊島屋酒造で吉村社長からお話を伺いました #オジ旅

toshimaya-8560
豊島屋の起源は神田の酒屋兼一杯飲み屋。角打ちの元祖、居酒屋のはしりと言われた。樽で儲けられたので酒は安く提供できた。味噌田楽を辛くして酒が進むようにした。関東大震災で店は壊れてしまった。それで居酒屋はやめた。吉村社長が16代目。
豊島屋のメインブランドは「金婚」。120〜130年の歴史。金婚式からとった。「金婚 本醸造 上撰」は唯一、明治神宮のお神酒となっている。
昭和初期に東村山に移ってきた。もともとあった酒蔵を買い取った。江戸時代に白酒を作って評判になった。ひな祭に白酒の風習は豊島屋から始まった。「金婚 本醸造 上撰」は唯一、明治神宮のお神酒となっている。
酒作りというと年配の人が多い。20年くらい前は新潟から杜氏さんを呼んでいた。南部杜氏や越後杜氏などがいる。高齢化が進み、社員として杜氏を育てることにした。杜氏は50代後半の社員。酒作りしている社員の平均年齢は30代後半。5名で作っている。

豊島屋酒造で試飲!冷から燗まで万能「十右衛門」が美味い #オジ旅

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
11 金婚 しぼりたて 生原酒
パンチのある味。香りも高い。日本所飲んでる!という感じがする。
業界的には異物除去の簡易フィルターまでは無濾過と呼ぶ。濾過しすぎると水っぽくなってしまう。
色味がついていて当たり前。色も味のうち。
12 金婚 活性にごり酒
発泡感あり。甘みを感じる。
15 金婚 微発泡 純米うすにごり 生酒 綾
軽やかに発泡。甘くない。食事に合いそう。
16 純米無濾過原酒 十右衛門 中取り 生原酒
ザ・日本酒。フルーティー。香りと味のバランスが良い。冷から燗までいける、オールマイティータイプ。食事もおでんから刺身まで。燗するとまろやかに。
34 金婚 貴醸酒
貴腐ワインのように醸す日本酒。寝かすと色がつく。濃い。甘い。
ジャンクフードと日本酒を合わせる会、オジ旅で開催します。ご期待ください。

いまから向かうよ! #オジ旅

   

ごぶさたしてます。オジ旅7号の こばやしです。

 

今回のオジ旅は東京。ってことで、会社をちょっと早めに抜け出しまして、合流を目論んでおります。

 あ。もちろん、ちゃんと仕事はしましたよ。ほんとですよ。

 

この時間になりますと、電車のなかは、もうすでに家路を急ぐ方々で混み合ってきていますけど、ともかくぼくとしては「知らない町に行く」わけなので、これは間違いなく旅だと自分に言い聞かせています。

 

それにしても、無事に合流できるのでしょうか。