締めの麻辣湯! #オジ旅

最後に、西川口駅前で麻辣湯が食べられるお店に入りましたよ。

写真は「大辛」!

たしかに辛いけど、コクがあっておいしかったです。

これ、また食べたい!

麻婆豆腐うまい! #オジ旅

何でしょう、この味!

そんなに辛くないんですけどね。「マー感」が強くて、めちゃくちゃうまい!

この一皿だけでも来る価値アリ。

ライスが欲しくなる味です!

西川口「にしぐち」でコロッケなう #オジ旅

尖っているほうがカレーコロッケ。丸いのがプレーン。各100円です。

ふつうにうまいやん。

ラムチョーップ #オジ旅PR #ジンギスカン悟大八重洲口店

ラムチョップのこの存在感!

来ました! #オジ旅PR #ジンギスカン悟大八重洲口店

ジンギスカン&ビールナイト!


ワクワクです!

至福とはこういうこと。「肉まみれ牛すじココット」のまろやかな味わいたるや #オジ旅PR #ランプキャップ田町店

オジさんなので「ココット」なんて言われてもよくわかんないのですが「肉まみれ」と「牛すじ」ならもう、その言葉そのものを食べたいくらいです。

「肉まみれ牛すじココット(600円)」。

たっぷりの牛すじを、とろとろ煮込んだシチュー的なやつを、薄切りのパンに乗っけていただくわけです。そんなのおいしくないわけがありません。

味はしつこくなく、かといって薄すぎるということもありません。

とろとろの牛すじ&まろやかデミグラスのコラボレーションが、口のなかで優雅なワルツのステップを披露してくれるのです。

ああ、これはもっと食べたい。おかわりしたい。何ならもう、白ご飯と一緒に。と、オジさんは思ったのでした。

「ハバネロバッファローチキンウィング」は、ほんのり甘くておいしい #オジ旅PR #ランプキャップ田町店

ランプキャップは牛肉メインのお店ですが、唯一(?)の例外がバッファローウィングです。ヨコモジをタテに直すと、手羽の揚げ物ですかね、つまり。

そもそも辛い味付けの料理なわけですが、さらに辛さアップに挑戦しちゃったのが「ハバネロバッファローチキンウィング(600円)」。

名前のとおり、ハバネロソースでほんのり赤く染まっています。

一口食べると……意外に甘い!そして、ハバネロ的な酸っぱい系の味も広がります。

ようするに、これはウマい!

辛いのは苦手っていう人も、これならおいしく辛味を楽しめるのではないでしょうか。

あ。ちなみにこばやしは、おそらくオジ旅メンバーのなかでは「辛さ耐性」が結構高いほうですので、わりと辛くても平気です。したがって以上の感想は、あんまりアテになりません。

つまり、まずは自分の舌でお確かめくださいってことですね。

肉の味がパチンと弾けて広がる「生チョリソー」 #オジ旅PR #ランプキャップ田町店

神田の肉バル・ランプキャップの目玉は、いうまでもなくグリルなビーフ。

でも、その目玉以外にもたくさんの目玉がありました。ステーキだけが華じゃない、と、そんな声が聞こえて来そうです。

なかでもびっくりしたのが「生チョリソー(750円)」。

見た目はよくある感じのチョリソーですが、一口食べて驚きました。

これは、肉です!

名前に「生」と付くだけあって、余計なモノが入っていない感じです。肉のおいしさが、そのまんま閉じ込められているような。

で、一本まるっと食べたら、口のなかで旨みがパチンと弾けて広がるんですよ。

いやぁ、こんなチョリソーはじめて食べました!

そして「肉々しいグリルソーセージ(850円)」も、ムチムチのボディ、ぷりんぷりんの食感!

その名のとおり肉々しかったです。もう降参です!まいりました!

来ました!#オジ旅PR #ランプキャップ田町店

食べますよ!!

ダンボさんと団子デート #オジ旅 #名古屋

名古屋のドンこと「Macお宝鑑定団」の会長・ダンボさんに連れられて、オジさんたちは団子を焼きに行ってきました。

和風喫茶「おかげ庵 葵店」。コメダ珈琲店の系列店です。

甘味喫茶(甘)おかげ庵   http://www.komeda.co.jp/okagean/index.html

ぼくたちが注文したのは「だんご3種(620円)」。醤油・きなこ・あんこという代表的な3つの種類の味が楽しめるセットです。

団子を注文すると、テーブルに焼き台がやってきまして、


続いて生(?)の団子が運ばれて来るので、


これを焼き台に載せて、ほどよく焼きます。


ベテラン団子焼き師のダンボさんが、とてもおいしそうに焼き上げてくれました。さすがです。


お抹茶(470円)の渋みが、団子の甘味に合います。


こうして団子を焼きつつ、お茶を飲みつつ、なぜかPodcastの収録が始まりました。


もちろんダンボさんに逆らうような無鉄砲モノはいませんので、一行はありがたくお話させていただきました。

その模様は、こちら。

Danbo-side #018:ネタフルコグレさんがダンボとダンゴを焼きながら語る「オジ旅」の謎 – backspace.fm http://backspace.fm/episode/d018/

と、そんなわけで、ダンボさんにはお世話になりっぱなしですので、お礼の代わりに、オジ旅メンバーとしてお迎えすることにしました。

オジ旅メンバー一覧  

オジ旅20号、爆誕の瞬間です!

おめでとうございますおめでとうございます!