ラムチョーップ #オジ旅PR #ジンギスカン悟大八重洲口店

ラムチョップのこの存在感!

来ました! #オジ旅PR #ジンギスカン悟大八重洲口店

ジンギスカン&ビールナイト!


ワクワクです!

至福とはこういうこと。「肉まみれ牛すじココット」のまろやかな味わいたるや #オジ旅PR #ランプキャップ田町店

オジさんなので「ココット」なんて言われてもよくわかんないのですが「肉まみれ」と「牛すじ」ならもう、その言葉そのものを食べたいくらいです。

「肉まみれ牛すじココット(600円)」。

たっぷりの牛すじを、とろとろ煮込んだシチュー的なやつを、薄切りのパンに乗っけていただくわけです。そんなのおいしくないわけがありません。

味はしつこくなく、かといって薄すぎるということもありません。

とろとろの牛すじ&まろやかデミグラスのコラボレーションが、口のなかで優雅なワルツのステップを披露してくれるのです。

ああ、これはもっと食べたい。おかわりしたい。何ならもう、白ご飯と一緒に。と、オジさんは思ったのでした。

「ハバネロバッファローチキンウィング」は、ほんのり甘くておいしい #オジ旅PR #ランプキャップ田町店

ランプキャップは牛肉メインのお店ですが、唯一(?)の例外がバッファローウィングです。ヨコモジをタテに直すと、手羽の揚げ物ですかね、つまり。

そもそも辛い味付けの料理なわけですが、さらに辛さアップに挑戦しちゃったのが「ハバネロバッファローチキンウィング(600円)」。

名前のとおり、ハバネロソースでほんのり赤く染まっています。

一口食べると……意外に甘い!そして、ハバネロ的な酸っぱい系の味も広がります。

ようするに、これはウマい!

辛いのは苦手っていう人も、これならおいしく辛味を楽しめるのではないでしょうか。

あ。ちなみにこばやしは、おそらくオジ旅メンバーのなかでは「辛さ耐性」が結構高いほうですので、わりと辛くても平気です。したがって以上の感想は、あんまりアテになりません。

つまり、まずは自分の舌でお確かめくださいってことですね。

肉の味がパチンと弾けて広がる「生チョリソー」 #オジ旅PR #ランプキャップ田町店

神田の肉バル・ランプキャップの目玉は、いうまでもなくグリルなビーフ。

でも、その目玉以外にもたくさんの目玉がありました。ステーキだけが華じゃない、と、そんな声が聞こえて来そうです。

なかでもびっくりしたのが「生チョリソー(750円)」。

見た目はよくある感じのチョリソーですが、一口食べて驚きました。

これは、肉です!

名前に「生」と付くだけあって、余計なモノが入っていない感じです。肉のおいしさが、そのまんま閉じ込められているような。

で、一本まるっと食べたら、口のなかで旨みがパチンと弾けて広がるんですよ。

いやぁ、こんなチョリソーはじめて食べました!

そして「肉々しいグリルソーセージ(850円)」も、ムチムチのボディ、ぷりんぷりんの食感!

その名のとおり肉々しかったです。もう降参です!まいりました!

来ました!#オジ旅PR #ランプキャップ田町店

食べますよ!!

ダンボさんと団子デート #オジ旅 #名古屋

名古屋のドンこと「Macお宝鑑定団」の会長・ダンボさんに連れられて、オジさんたちは団子を焼きに行ってきました。

和風喫茶「おかげ庵 葵店」。コメダ珈琲店の系列店です。

甘味喫茶(甘)おかげ庵   http://www.komeda.co.jp/okagean/index.html

ぼくたちが注文したのは「だんご3種(620円)」。醤油・きなこ・あんこという代表的な3つの種類の味が楽しめるセットです。

団子を注文すると、テーブルに焼き台がやってきまして、


続いて生(?)の団子が運ばれて来るので、


これを焼き台に載せて、ほどよく焼きます。


ベテラン団子焼き師のダンボさんが、とてもおいしそうに焼き上げてくれました。さすがです。


お抹茶(470円)の渋みが、団子の甘味に合います。


こうして団子を焼きつつ、お茶を飲みつつ、なぜかPodcastの収録が始まりました。


もちろんダンボさんに逆らうような無鉄砲モノはいませんので、一行はありがたくお話させていただきました。

その模様は、こちら。

Danbo-side #018:ネタフルコグレさんがダンボとダンゴを焼きながら語る「オジ旅」の謎 – backspace.fm http://backspace.fm/episode/d018/

と、そんなわけで、ダンボさんにはお世話になりっぱなしですので、お礼の代わりに、オジ旅メンバーとしてお迎えすることにしました。

オジ旅メンバー一覧  

オジ旅20号、爆誕の瞬間です!

おめでとうございますおめでとうございます!

4月7日オープンの「豚組しゃぶ庵 名古屋」をチラッと覗いてきましたよ #オジ旅 #名古屋

この4月7日、お馴染みの「豚組しゃぶ庵」が名古屋にオープンします!

今回せっかく名古屋に行くんだから「しゃぶ庵に行こう!」ということになりまして。まだオープンしていないお店にお邪魔してきました。

場所は、4月に開業する「JRゲートタワー」です。

JR名古屋駅に隣接する高層ビル群のひとつで、豚組しゃぶ庵は、その13階レストランフロアに入っています。豚組系では、これまででいちばん高いところにあるお店ということになりますね。

オジ旅一行が訪れた日は、まだまだ絶賛準備中。店内は未整理の備品や調理器具などで雑然としていて、店名の看板もない状態でした。(ほんと忙しいときにお邪魔してすみません!)

店内は、六本木のお店と同様に広間と個室にわかれています。

個室は4名用が基本ですが、間仕切りを外せば大人数でも利用が可能ですね。

客席は全部で95席。ガラス張りの個室があったり、通路の突き当りに鏡があったりするので、お店全体がとても広々して見えるのが印象的です。

料理は、当たり前ですが豚しゃぶ。ディナータイムには「しゃちほこコース(4000円)」「しゃぶ庵コース(5000円)」「こだわりコース(7000円)」の3つのコースを用意する予定で、どれか好きなものを選ぶという形になるとのことです。

と、いうわけで、とくべつに試食してまいりました。

まずは、六本木のお店と同じように八寸やおばんさい。

それに加えて「しゃぶ庵コース」「こだわりコース」には、名古屋らしく茶碗蒸しが付いてきます。こちらのウニ&イクラが乗った茶碗蒸しは「こだわりコース」で出される予定です。

とろとろ、ふわふわです。

そして、まだ試作段階で、メニューとして登場するかどうかは未定という、豚角煮の味噌煮込み。

名古屋感たっぷりです。甘くておいしい!

そして、豚しゃぶ。「できるだけ地元に縁のあるものを提供したい」という思いもあって、豚肉の選定にもこだわっています。

こちらは三河の「おいんく豚」。

こっちが知多の「尾州豚」。

どちらも愛知のこだわり豚。さすがのクオリティ!ウマい!!

名古屋だからこそ、名古屋らしさにこだわったメニューの数々を用意している新店舗。名古屋で豚組しゃぶ庵に初めて出会うという人だけじゃなく、六本木のお店を良く知ってるよっていう人でも、いつもとちょっと違った表情を楽しめること間違いなしです。

名古屋にお住まいの方はもちろん、名古屋に出かけるという方も、ぜひ一度行ってみる価値アリですよ!

オジさんだって、たまにはカクテルな夜を楽しみたい #ヒルトン名古屋 #オジ旅PR

ブラッセリー「ザ・テラス」での食事のあと、ホテル1階にある「カクテルバー KIWAMI」に移動しまして、月替わりのペアリング(カクテルとフードのセット)をいただきました。

まず、3月のペアリング。「桜ストロベリーマティーニ」と「小海老とイカの桜セビーチェ」。

こちらのマティーニ、甘いような酸っぱいような桜のかほりのカクテルで、ついつい一気に飲み干してしまいました。

セビーチェ(魚介類のマリネ)も、モナカの皮(?)と相まって、やさしい味と食感が楽しめる一品でした。

そして、今回とくべつに出していただいた4月のペアリング。ジンベースのカクテル「ハニームーン」と「シュリンプケバブのハニーマスタード添え」。

このカクテル、ハーブ系の少しフシギな味でして、それが気になってついつい飲み干してしまいました。ようするに、おいしかったんですよ。結構好きかも。

ふだんカクテルを飲むことがほとんどないのですが、ラグジュアリーな空間と雰囲気を楽しみながら、ゆっくり味わうのもいいもんですね。

といいつつ「ゆっくり」とは言い難いペースで飲んじゃったので、こばやし、わりと酔いましたよ。はい。

ブラッセリー「ザ・テラス」のブッフェにオジさんたち興奮! #ヒルトン名古屋 #オジ旅PR

オジ旅の面々が、どういうわけかヒルトン名古屋にご招待いただきました。

今回、ぼくは招かれたわけじゃなく、何だかとても心配だったので勝手に合流しちゃったんですけど、ありがたいことに「ブラッセリー『ザ・テラス』」での食事をご相伴させていただくことができました。

ブラッセリー「ザ・テラス」は、ヒルトン名古屋の2階。120席もある大きなダイニングです。

こちらは、いわゆるブッフェ形式。いつも約100種類の料理が用意されていて、ロブスターやステーキなどが食べ放題!

何を隠そう、オジさんたちは「食べ放題」という言葉にヨワいのです。

席に案内されるや否や、足取り軽く皿を手に、

料理が並ぶカウンターにへばりつきます。

……ぼくもたちまち料理に夢中になりまして、完全に写真を撮り忘れてしまいました。どうもすみません。

あ。料理のいろいろは、こちらの記事をご参照くださいね。

ちなみにディナータイムは17:30〜21:00(土日祝は2部制)。もちろん、宿泊客だけでなく、食事だけでもOK。ホテルのホームページから予約したら、平日のディナーが10%OFFになるそうですよ。

ヒルトン名古屋  http://www.hiltonnagoya.com/