「お好み焼き もり」岡パクヒート考案者の1人が大将のお好み焼き居酒屋、パクチー根の素揚げを食べよう! #岡山パクチー #ご当地ハイボール #ジムビーム #オジ旅PR

お休みだけど、特別に店をあけていただきました。なぜなら、岡山のご当地ハイボール「岡パクヒート」との並々ならぬ縁があったから。

先に説明してしまうと、岡パクヒートの考案者の1人が、この「お好み焼き もり」の大将のもりさんなのです。

パクチーが食べられなかったサントリーの佐藤さんが「やってみなはれ」精神で岡山のパクチーとサントリーのバーボン、ジムビームを使った新商品の考案に着手。パクチー生産者の植田さんと、もりさんと、3人のトライアングルで開発したご当地ハイボールが「岡パクヒート」だったのでした!

だから、こちら「お好み焼き もり」では、パクチーメニューもあります。

パクチーのおひたし。パクチーらしさを残しながら、ホウレンソウや菜の花といった、おひたし界の重鎮に対抗しうる旨さです。パクチーのクセが良い。

黄ニラのおひたし。シャキシャキ美味い黄ニラは高級食材。寿司ネタにもなるのですよ。

岡パクヒートで‥‥

みんなでカンパーイ!

清々しくすっきりとした岡パクヒートの飲み口。後から分かるのですが、パクチーにはパクチー。パクチー料理との相性が抜群です。

岡山経済新聞や地元メディアのマイプレなどの記者の方も参加してのパクチー宴会です。

ネギにもこだわっているんだよ。と、もりさん。

手際よくお好み焼きも焼かれていきます。なんでも、予約しないと入れない、行列のできるお好み焼き居酒屋だそう。美味いから、その人気の理由も分かります。

カキオコ。牡蠣の入ったお好み焼き。お隣の広島県と同様、岡山県のお好み焼きもたいへん美味だそう。今はシーズンの終わりで、牡蠣も丸々と太っているそうです。

ネギ焼き。もりさんこだわりのネギ、シャキシャキで美味いっす。味だけでなく歯ごたえもいい。

黄ニラの卵とじ。これもシンプルな料理ながら、黄ニラの旨さがよく分かる逸品でした。大ライスが欲しくなりました。

個人的に最も驚愕したのが、このパクチーの根の素揚げ。最初、甘みに素揚げとは信じられなかったんです。でも、素揚げでした。パクチーの根が甘いなんて。しかも、噛んでいると後からパクチーもやってくるという。なんでしょう、この不思議な料理は!

パクチーの根が食べられると知らない人も多いでしょうから、岡山パクチーを食べる機会があれば、是非とも根まで。

〆に食べたのが、ホルモンうどん。こちらも名物ですね。じゅわわわわと大量の湯気と共に焼きあがります。

プリプリのホルモンが美味くないわけない! きちんと下処理されているのでしょう、プリプリの部分も大きいです。熱々のホルモンとうどんを口に頬張り、岡パクヒートを飲めば‥‥ああ、岡山は美食とパクチーの天国でした。

お好み焼きはもちろんのこと、居酒屋メニューもたいへんに美味しいお店でした。

お好み焼き もり(岡山市/お好み焼き) – Retty

岡パクヒートの故郷、岡山パクチーの農園を見学。 #岡山パクチー #ご当地ハイボール #ジムビーム #オジ旅PR

岡山のご当地ハイボール「岡パクヒート」。

おか? ぱく? ひーと?

岡山の、パクチーの、モヒートです。ジムビームのトニック割なので、広義でいえばハイボールの仲間になるでしょう。そこに、たっぷりのパクチー。え、パクチー? そうなんです、パクチーです。

今回、実際に岡山のパクチー農園を見学させていただき、岡山のパクチーを見て、食べたのですが、岡山のパクチーはこれまで食べていたパクチーとは違う!

もちろんパクチー独特の香りや味わいがありますが、それが強すぎない。むしろ糖度が高めで甘みすら感じるほど。恐るべし、岡山パクチー。

もちろん、パクチー独特の香りや味わいが好きだと言う人がいるのも分かりますが、様々な料理との組み合わせ、取り合わせを考えると、岡山パクチーの活用のバリエーションは広がると思います。

もともと黄ニラ農家だった植田さん。しかも、婿入りするまでは農業をしていた訳ではないので、相当なご苦労があったそうです。でも、口グセのように「農家で良かった」とおっしゃっていたのも印象的でした。

黄ニラと同じ中国野菜ということで、パクチーもやって貰えないかと東京から話があったものの、ノウハウはないし、実際に取り組むと様々なハードルがあり、辞めてしまおうかと思ったこともあったそうです。

しかし、岡山に合う種を見つけ出し(世界中にパクチーは300種くらいあるそう)、土を改良し、今の糖度の高い岡山パクチーにたどり着きます。

そこからサントリーなどと共同で、岡パクヒートとして、新しいハイボールの飲み方の提案に至りました。

パクチー豆知識。実は根が美味い。素揚げしたものを食べることができる店が岡山にはありますが、本当に甘みがあり、これまでのパクチーだと思っていると、パクチーとは信じられないような旨さに驚かされます。

今回はパクチー畑で、岡パクヒートを作って飲むことを実現しました!

植田さんも「おれも畑で飲んだことない! やってみたい!」とのことで、急遽、自宅にクルマを置きに戻り、畑のご当地ハイボール飲み会に参戦。

オジ旅メンバーと共にハイボールを飲んで貰いました! 採れたてパクチーの岡パクヒート、さいっこうに美味かったです!

昔はぼくもパクチーを食べられない時期がありました。最初に食べたパクチーがあまりにも強烈すぎたためです。もし最初に、岡山パクチーに出会っていたら、後のパクチー人生も変わっていただろうなぁ、と思います。あ、今からでも遅くはないか!

#広島レモン から #岡山パクチー へ #ご当地ハイボール の旅が移動! #オジ旅PR


ご当地ハイボールを巡る旅、広島から岡山へと移動します。広島レモンハイボールから、岡パクヒートへ向けてレッツゴー!

広島駅で購入したホルモン天ぷら、タコ天、珍味鶏をお供に、いざ、岡山へ。岡山といえば桃太郎伝説ですよね〜。牛、蛸、鶏、は活躍してくれるかな!?

ホルモン天ぷらは広島でしか食べたことありませんが、こらが本当に絶妙な美味さでして。広島のB級グルメの中でも、特筆すべき存在と思います。脂をさっぱりとしてくれる、ジムビームハイボールを飲むと最高。

デザートには、広島のはっさく大福。因島発祥のはっさくを大福にしちゃいました。

さっぱりしたフルーツの甘みと、大福の甘みのコンビネーション、これまた最高に美味い。広島駅で売ってました!

ということで、ご当地ハイボールを巡る旅、広島から岡山へと移動を完了しました。岡山のどこに行くのかな!?

鉄板焼きの広島スタイルの宴会を「oyaji no K」ジムビームハイボールで堪能! #広島レモン #ご当地ハイボール #オジ旅PR

ここが入口?

と思ったらこっちでした。

「oyaji no K」は「お好み焼き越田」の3号店です。ご当地ハイボールの旅は、またもやお好み焼き屋に繋がっていました。

本店に行ってら満席で、5人だったことから、人数多めに対応できるこちらの支店をご案内頂きました。ちなみに「お好み焼き越田」は創業60年の、老舗のお好み焼き店です。

ジムビームハイボールで乾杯! 鉄板焼きやお好み焼きには、ジムビームハイボールも合いますね!

お皿におたふくロゴ。かわいいです。

広島の佃煮として有名なヒロツクの黒酢ごぼう。おっと、甘めな味付けで美味い。広島の味。

店によって味が違うということで、本日2回目のがんす。マヨネーズのハートに醤油がかわいい。少しずつ火が通るマヨネーズをつけて食べるがんすも旨し。味は好みだと思いますが、確かに味が違います。なるほどね〜。

砂ずりと白肉。白肉というのはミノのこと。塩胡椒の濃いめの味付けに、ネギが良い、美味い。

ときたら?

ジムビームハイボール!

今日はご当地ハイボールの広島レモンハイボールを中心に飲んできましが、シンプルなジムビームハイボールももちろん美味し。

鉄板に料理を置くと、冷めないから良いですね。広島スタイルの二次会です。

個人的なヒットだったのが、この牡蠣。一味をたっぷり目につけて、春菊に巻いて頂きます。なぜ牡蠣に春菊の取り合わせを思いついたのか!? 天才!

他にもご当地ハイボールのようなものはあるのかなーとお店の方と話していたら、なんでも「お好み焼き越田」の本店は、日本で一番白州ハイボールを売る店だというじゃありませんか。日本一!? じゃあ、頼んでみないと、ということで、白州ハイボールも。

そうしたら、三代目大将も出てきてくださって、ハイボール!

今はこちらの「oyaji no K」を盛り上げるべく、本店からこちらにいらしてるそうです。なんたる偶然。で、三代目大将からのオススメがこちら。

殻付きの焼き牡蠣。「殻無しとは味が違うよ?」ってんで、頂きます。

うーん、確かに海が強い。そして、驚いたのが添えられたレモン。これが広島の大長レモンなんですが、糖度が高く甘くすら感じるのです。ほんのり牡蠣から感じる甘み。これはヤバ体験! こんな牡蠣は初めてでした。

ここまで来たらせっかくだってんで、最初に入れなかった本店へ。お客さんが飲んだ杯数をカウントしているという、ハイボールカウンターを見に。

あった、あった! ハイボールカウンター!

我々が頼んだメガジョッキは、2.5杯分なので、カウンターは2つあがるそうです。3人で6!

ご当地ハイボール x オジ旅のステッカーも貼って頂きました!

広島では飲んだ〆にお好み焼きを食べるそうです。ここは広島の流儀にのっとって。

今では広島のお好み焼きは中華麺がほとんどですが、かつてはうどんだったそう。これには一同驚きました。昔からお好み焼きを食べている人は、だからうどんを選ぶ人が多いのだとか。

美味い具合に、ご当地ハイボール、広島の夜がお好み焼きでしまりました!

広島市中区薬研掘 越田3号店”おやじのk”

タレが美味い「炭火焼肉 黒焼」広島レモンハイボールはスッキリと肉に合う #広島レモン #ご当地ハイボール #オジ旅PR

ご当地ハイボールの旅、広島編、夜の食事の一軒目は「炭火焼肉 黒焼」です。広島のご当地ハイボールである、広島レモンハイボールや広島はっさくハイボールも飲める焼肉店です。広島なハイボールの飲み比べのできる楽しいお店です。

こちらでは広島牛の元就といった銘柄を取り扱うなど、広島で焼肉を食べたくなったら、まずは思い出して頂くと良いかと思います。

いいんですよ、広島だからってお好み焼きでなく、まず焼肉で。広島の方たちは、〆にお好み焼きを食べるというスタンスでもあるようなので、焼肉からのお好み焼き、推奨いたします。

まずは、ご当地ハイボールの広島レモンハイボールで乾杯。やがて来る肉の予感に、胸が高まります。

ネギたっぷりのタン元。反面だけ焼いて、ネギをくるむように包んで頂くと、そこは天国ならぬタン国。柔らかくて美味い。レモンをキュッと絞って食べるタンなので、これは間違いなく広島レモンハイボールと合います。

これが広島のブランド牛元就です。

軽く炙って、ワサビで食べるのがオススメ。ピリッと辛い後には、広島はっさくハイボールのほのかな甘みが合います。

最高ですよ‥‥!

そして、広島の人たちが食べるのが、このこうねという部位。いわゆるタテガミのあたりになるのですが、これが柔らかい上に肉の旨みがたっぷりなのです。本当に、さっと炙って玉ねぎを巻いて食べるの最高。なんで、この食べ方が広島で広まったんでしょうね? 全国区になったらいいのに!

きちんとご当地ハイボールを飲み比べをしてみようということで、広島レモンハイボールと広島はっさくハイボールを一緒にオーダーしてみました。

と、そこにやってきたのが、ハラミです。

ハラミは大好きな部位、期待大。

タレにつけてお召し上がりください、と。

なんでも「黒焼」オリジナルのタレなのだそう。

ちょんちょん。

うおおおおおお!!!!

うめええええええ!!!!

ハラミが美味いのはもちろんなのですが、なんだこれ、タレが美味い。タレが素晴らしいではありませんか。

聞いたところ、お母さまから伝わる秘伝のタレだそうで、カレーに入れたり、生姜を入れて生姜焼に使ったり、とにかく万能なのだとか。

いやはや、このタレは本当に美味しいですわ。ライスが欲しくなりますね。

最後に脂たっぷりの豚肉も食べましたが、こちらも秘伝のタレにコチュジャン、それをサンチュで巻いて食べるの絶品でした。

広島レモンハイボールと広島はっさくハイボール、どちらも柑橘系のご当地ハイボールですが、これは食事に合わせて飲むのがやはりオススメです。焼肉には広島レモンハイボールかな。お好み焼きには広島はっさくハイボールが合うと思いました。もちろん、これはぼくの感想ですので、みなさんもお好みで。

地元のフルーツをハイボールにして飲み比べができるなんて、広島は幸せなご当地ハイボールの街です!

炭火焼肉 黒焼

「はっさくたこ焼き」と「レモンたこ焼き」 #広島レモン #ご当地ハイボール #オジ旅PR

広島のJA果実連の方と話していて、未知なる食べ物として話題に上がったのが「はっさくたこ焼き」と「レモンたこ焼き」。なんでも、広島のフルーツをたこ焼きにしたとかで、うそでしょーと思ったのですが、これが美味しいということで、移動の途中に急遽購入して食べてみることに。


期間限定、はっさくをむいたりするの大変なので、実はそんなに儲かっている商品ではないらしい!?

でもこれ、絶対に美味いから食べてみたほうが良いです。

レモン果汁をたっぷり絞り、皮にもレモンが入っている「レモンたこ焼き」。こちらは味が想像できる部分もありますが、それでも未体験。

口に頬張るとレモンの酸味が素敵な逸品です。

そして、味の想像ができない「はっさくたこ焼き」。


たこ焼きと上にたっぷりとはっさくがのっています。こちらも皮にもはっさくが入っているそうです。マヨネーズのかかっていない部分があり、そちらを食べると、よりはっさくの味わいが分かります。

が、オススメははっさくとマヨネーズのマリアージュです。オジ旅1号曰く「タイ料理みたいだ」というのが的確に味を伝えているかも。程よいはっさくの酸味で、アジアンなテイストのたこ焼きに仕上がっています。これは美味い!

単に皮に入れれば良い、上にのせれば良い、絞れば良い、というものではなく、かなり研究しているとのことですので、本物を食べてみたいたこ焼き好きは、ぜひ広島まで!

広島JA果実連の方に市場でレモンとはっさくのハイボールのシロップの話を聞いた #広島レモン #ご当地ハイボール #オジ旅PR


広島のJA果実連の方に、レモンとはっさくについてお話を伺いました。もちろん、広島レモンハイボール、広島はっさくハイボールのもとになるレモンとはっさくです。


こちらの市場は青果、水産、食肉、花卉が揃った珍しい市場だそう。


なんでも、九州のレモンが不作で、広島産レモンの需要が高まっているとか! 貴重なレモンです!

左からM、L、2L、3L。レモンのサイズにこんなに違いがあったなんて。ご家庭用はMやLですかね。

こちらはレモンの袋詰めをしているところ。今は1日2000-3000パック、多いときは7000-8000パックも袋詰めしているそうです。

見た目よりもこだわるのは、安全と味。でもキラッキラですよ!

はっさくとジムビーム。

サントリーからの依頼で開発されたという、ハイボール用のシロップ。レモン、はっさく、梨。これをソーダとジムビーム、角と飲むのですね。フルーツがそのまま入っちゃってる感じです。

レモンは果汁とはちみちだけなんですよ!

終わりに屋上で伺った話に驚愕したのは、広島の街は土地が埋め立てられてるそうで、向こうの山のふもとまで海があったのだとか。広島は土地が少なくて高いという話を伺っていたのですが、そんな秘密があったのですね。

広島駅前でお好み焼きを食べるなら「こっちじゃん」お好み焼きとハイボールの相性も最高! #広島レモン #ご当地ハイボール #オジ旅PR

広島の最初の食事はお好み焼きです。駅前のビルディングの6階に、お好み焼きの店ばかりが集まった施設「広島お好み物語 駅前ひろば」があります。その中の一つが、今回お邪魔した「こっちじゃん」です。大将がもともと韓国料理に関係した仕事をされていたそうで、広島弁の「じゃん」と「コチジャン」をかけて「こっちじゃん」と命名されたそう。

だから、タイミングが良いと、こんな隠れメニューが頂けるかも!? 間引き大根のキムチ。ごま油をまわしかけていただくのですが、これが美味い。キムチにごま油って合うんですね。

一品目はがんす。これは広島名物だそう。白身魚の魚肉をすり身にし、そこに野菜を入れ、揚げています。そのまま食べても美味しいし、ちょこんとマヨネーズをつけても美味しい練り物です。これ、やっぱり揚げたてが良いですね。

そして、揚げ物を食べたら、飲みたくなりますね、ハイボール!

さてさて、一杯目はジムビームベースの広島レモンハイボールです。

広島産レモンのレモンシロップを使ったハイボール。

甘めのお酒を想像していたのですが、予想以上にすっきりしていて、料理に合います。これは美味い。

お好み焼きにレモンのハイボールとか、最高じゃないですか!

こちらは海鮮のお好み焼き。海鮮出汁がじゅわっと染み出してきて最高。細麺の中華麺も美味い。

続いて、やはり広島名物のはっさくを使った広島はっさくハイボール。こちらも大人気商品だそうです。言われてみれば、はっさくのハイボールは飲んだことなかったです。

柑橘系のさっぱりに、ほのかな甘味がやってきます。ジムビームらしさと、フルーツのさっぱりの妙味。主張はあるけど、出しゃばらないから、料理と合うんだなぁ。食中酒としてグッド。

こちらは豚チーズなお好み焼き。実は9:1くらいの割合で、麺はうどんだという人がいるのだとか。

いやいやいや、美味いよ!? うどんも美味いよ!? シンプルなうどんとチーズが絡み合って最高だよ!?

外国からの観光客も増えているそうで、ここ数年はお客さんとコイン交換しているのだそう。ブラジルとかエチオピアとか、珍しいお札を拝見しました。こういう国際交流も良いですね。

メニューも英語バージョンがあります。

牡蠣のお好み焼きを注文しようとしたら、大将が「下は同じだから牡蠣だけでも良いと思いますよ」なんていう、優しいアドバイス。広島では鉄板焼きを食べながら飲んで、〆にお好み焼きを食べるような、そんな居酒屋的な使い方をするそうです。

もう、プリップリだ、プリップリ! たまらん!

大ぶりの牡蠣、海の濃い味がぎっしり詰まってて、噛めば噛むほどにジューシー。その後に飲むのは‥‥

広島レモンハイボールの角バージョン。せっかくなので、ジムビームバージョンと飲み比べです。ウイスキーとバーボンの違い以上に、飲み比べると味わいの違いを感じます。ジムビームの方が、よりレモン感が引き立つでしょうか? 情熱的な感じ。角バージョンだと、レモンと寄り添う、そんな印象でした。

最後に食べたのは豆腐ステーキ。こちらは韓国風のアレンジ。甘辛。いつからこんなに豆腐が美味しく感じるようになったんだろう‥‥こちらの豆腐、いい水のところで作られているそうです。

ホルモンとかこうね(牛肉の部位、ブリスケット)とか、鉄板焼きを食べながらハイボールを飲み、〆にお好み焼きを食べて新幹線に乗ると幸せになれますな、これは!!

ごちそうさま!!!!!

こっちじゃん|広島の観光名所|ひろしまお好み物語 広島駅前ひろば

とりあえず #広島レモン #ご当地ハイボール #オジ旅PR

ジムビームで広島レモンハイボール

ほどよい酸味にほのかな甘味。

オジ旅が広島に着きました! #広島レモン #岡山パクチー #ご当地ハイボール #オジ旅PR

約4時間の新幹線旅を終え、今、オジ旅が広島に降り立ちました!

さーて、お好み焼きを食べに行きますよ〜♪