【4日め昼】どうしても食べたくなって、TOKYO。丸の内「インデアンカレー」のカレースパゲッティ。 #オジ旅 #カレーひとり旅

この企画は「旅」と付いてますが、わざわざカレーを食べるためだけに、どこかに出かけるってことだけはしたくありませんでした。

年末年始にどこかに出かけて、たまたま見つけたお店でカレーを食べられたらいいんじゃないのーって考えていたんですね。

何しろカレーってどこにでもあって、めったにハズレのない食べ物で。それがカレーの良さのひとつなんじゃないのって思うわけですよ。

ところが、今朝目覚めてから、無性に食べたくなったカレーがありまして。「わざわざ」電車に乗って東京駅まで出かけてしまったのであります。


お目当ては「インデアンカレー 丸の内店」。



もともと大阪で有名なカレー屋さんで、その昔、ぼくがまだ駆け出しのライターだった頃に、大阪の毎日新聞社の地下にあった「インデアンカレー」を食べて以来、30年以上にわたって定期的に通い続けてきたカレーチェーン店です。

甘いような辛いようなルゥが絶品で、何というか、後頭部が痒くなるような、ちょっとフシギな味に病みつきなのです。

メニューはシンプルです。カレーライスかカレースパゲッティ。辛いモノが苦手な人にはハヤシライスやミートスパゲッティもありますが、基本的に二択です。

ただ、ライスや麺、ルゥの量、トッピングがいろいろ選べます。


ぼくの好物は、インデアンスパゲッティの麺とルゥ大盛り。この一皿で、かなり幸せになれます。


ちょっと炒めた太麺スパゲッティにルゥがしっかり絡まって、何ともいえないハーモニーが口いっぱいに広がります。

いやぁもう、最高!

ごちそうさまでした!

インデアンカレー 丸の内店
東京都千代田区丸の内2−7−3 東京ビルTOKIA トキア

投稿者:

小林 おいちゃん(オジ旅7号)

小林 おいちゃん(オジ旅7号)

元フリーライター。大阪出身、東京在住。勤務先は飲食店向け予約/顧客管理サービスの「トレタ」。おなかがすいたら、ごはんを食べます。眠たくなったら、ふとんに潜ります。最近「オジフル」という暇つぶしブログを始めました。