REWILDのグランピングカーには全てが詰まっている。 #オジ旅PR #REWILD #キャンピングカー

REWILDのグランピングカー、それ一台があれば大人のグランピングを存分に楽しむことができました。オジさんなのに!

乗車定員大人6人のキャンピングカー。

大きな車だから運転が心配でしょうか。普通免許で運転が可能です。

運転した感想です。

バックモニターとカーナビが両方付いているので後方確認がしやすい。

サイドミラーが上下に分かれているので、それぞれを動かして死角が少なくなるように調整すると運転しやすい。

左ハンドルなので高速道路の合流など、助手席に運転をサポートしてくれる人に乗ってもらうと安心。

左ハンドルなので、お約束のワイパーとウインカーを間違えることがある。

オジさんたちがお揃いのツナギで買い出しに。

水が多いのは焼酎を割るからです。

目立ちます。

グランピングが楽しめる道具は車の至る所にある収納に入っているので、途中で食材を買い揃えるだけでグラマラスなキャンピング、グランピングが楽しめてしまいます。

カッコつけてみるオジさん。オジさんでも結構イケているように見えるのは(見えない?)グランピングを楽しむための一流ブランドのオシャレで高機能なアイテムが全て付いているから。

以下のようなアイテムが装備されております。

●ワンポールテント(4名用)
●ツリーテント(3名用)
●ダイニングセット:6名分(Snowpeakやヘキサーテーブル等、一流ブランドのアイテム)
●調理器具:ダッチオープン、アイアングリル、フライパンやまな板等も全て用意
●食器類:写真映えする木材の製品や陶器のグラスでそろえています
●遊び道具:スラックライン、野球グローブ、スピードミントン、トランポリン、ハンモック他
●シアターセット(夜に大画面で映画も楽しめます)

嬉しかったのは、当日あいにくの天気で雨模様だったのにも関わらず、キャンピングカーから出せる屋根が大きく、オジさん6名でも十分に雨に濡れること無くBBQを楽しめたこと。荒天で無ければ天候に左右されずにキャンプを楽しめることができそうです。

爺さんだって焚き火の炎で癒やされたいんだ。1/fだ。

グランピング、一度経験してしまうと止められない…またすぐに行きたくなってしまいますね。

REWILDの詳しい内容、料金、予約はオフィシャルサイトをご覧ください。

http://rewild-camping.com/

投稿者:

ワンリキー村上(オジ旅11号)

ワンリキー村上です。 名付け親はyanojapan(オジ旅9号)さん、イラストはdaigoman(オジ旅6号)さん。 さいたま市のウェブ屋さんです。 さいたま市岩槻区駅前のセンベロで飲むホッピーと、門前仲町のトラットリアで飲むワインが好きです。