至福とはこういうこと。「肉まみれ牛すじココット」のまろやかな味わいたるや #オジ旅PR #ランプキャップ田町店

オジさんなので「ココット」なんて言われてもよくわかんないのですが「肉まみれ」と「牛すじ」ならもう、その言葉そのものを食べたいくらいです。

「肉まみれ牛すじココット(600円)」。

たっぷりの牛すじを、とろとろ煮込んだシチュー的なやつを、薄切りのパンに乗っけていただくわけです。そんなのおいしくないわけがありません。

味はしつこくなく、かといって薄すぎるということもありません。

とろとろの牛すじ&まろやかデミグラスのコラボレーションが、口のなかで優雅なワルツのステップを披露してくれるのです。

ああ、これはもっと食べたい。おかわりしたい。何ならもう、白ご飯と一緒に。と、オジさんは思ったのでした。

「ハバネロバッファローチキンウィング」は、ほんのり甘くておいしい #オジ旅PR #ランプキャップ田町店

ランプキャップは牛肉メインのお店ですが、唯一(?)の例外がバッファローウィングです。ヨコモジをタテに直すと、手羽の揚げ物ですかね、つまり。

そもそも辛い味付けの料理なわけですが、さらに辛さアップに挑戦しちゃったのが「ハバネロバッファローチキンウィング(600円)」。

名前のとおり、ハバネロソースでほんのり赤く染まっています。

一口食べると……意外に甘い!そして、ハバネロ的な酸っぱい系の味も広がります。

ようするに、これはウマい!

辛いのは苦手っていう人も、これならおいしく辛味を楽しめるのではないでしょうか。

あ。ちなみにこばやしは、おそらくオジ旅メンバーのなかでは「辛さ耐性」が結構高いほうですので、わりと辛くても平気です。したがって以上の感想は、あんまりアテになりません。

つまり、まずは自分の舌でお確かめくださいってことですね。

肉の味がパチンと弾けて広がる「生チョリソー」 #オジ旅PR #ランプキャップ田町店

神田の肉バル・ランプキャップの目玉は、いうまでもなくグリルなビーフ。

でも、その目玉以外にもたくさんの目玉がありました。ステーキだけが華じゃない、と、そんな声が聞こえて来そうです。

なかでもびっくりしたのが「生チョリソー(750円)」。

見た目はよくある感じのチョリソーですが、一口食べて驚きました。

これは、肉です!

名前に「生」と付くだけあって、余計なモノが入っていない感じです。肉のおいしさが、そのまんま閉じ込められているような。

で、一本まるっと食べたら、口のなかで旨みがパチンと弾けて広がるんですよ。

いやぁ、こんなチョリソーはじめて食べました!

そして「肉々しいグリルソーセージ(850円)」も、ムチムチのボディ、ぷりんぷりんの食感!

その名のとおり肉々しかったです。もう降参です!まいりました!

生きる。それは食らうということ #東山動植物園 #東山80 #オジ旅PR

食らってこその、生です。

うまいものが好き。そう感じるのは人間だけではありません。アミメキリンのマオちゃんも、固型ペレットではなくバナナやにんじんといった、フレッシュな食事のほうがお好みでした。

僕らがキリンの展望デッキにいったとき、マオちゃんは遠くにいたんですよ。

でもご飯をもった飼育員さんが現れると!

こんな間近に!

恋をしている目、と言っていいんじゃないですかね。ご飯に。フォーリンラブ。

もう彼女には、ご飯しか見えていません。

ペレットは飼育員さんの手からダイレクトもぐもぐ。

野菜や果物は待ちきれないのか、舌を長ーく伸ばして巻き取るようにもぐもぐ。てか舌、長いんだねえ。

僕たちもマオちゃんにご飯をサービスしてみましたが、食べる食べる! ダイレクトに食べる!

食欲があるってのはいいことです! 親近感、高まりまくり!

戦時中は悲しい出来事もありました。しかし動物園は、戦後復興時の憩いの場となり、人々に活力を与えてきました。東山動植物園もそう。人を楽しませるための場として、いままで続いてきました。

職員さんいわく、「動植物園の役割を果たしつつ、誰をも楽しませなくてはならないのが命題」。

今回オジ旅では動物話を中心にお送りしましたが、他にもゆるキャライベントや俳句のイベント、街コンなども行ってきたそうです。再生プランも進んでおり、動物の生活環境だけではなく売店やトイレといった施設もリフォームされ、訪れる人にとっても居心地のいい場所になっています。

「最初はただ来てもらうだけでもいいんです。さわりだけでも楽しんでもらいたい。興味を持ってもらいたい」

一度来ると、ハマりますね。動物も、植物も、なにもかもが心にストライク。園内でお弁当食べるためにも行きたくなってますもん。記事を書いているこの瞬間も。それだけ楽しさの幅が広く、深みもある場所なんですよ東山動植物園。

そうだ、写真好きの人にもいい場所だと感じました。動物との距離が近いから、ダイナミックな写真が撮れますよ。

また来るね! マオちゃん!

 

 

緑と水が気持ちいい植物園側 #東山動植物園 #東山80 #オジ旅PR

深呼吸で~す。深く息を吸って、吐きま~す。 ごう、ろく、しち、はち。

正門から奥へと歩いていくと、動物に触れられるふれあい広場や、小動物のエリアに入ります。さらに奥へ、奥へと進むと、植物園エリアに入ります。

一日では回りきれないほど広い東山動植物園です。正門側から植物園エリアにアプローチするのはなかなか大変。そこで「正門駅」と「植物園駅」を結ぶモノレール・スカイビュートレインがあります。料金は大人(中学生以上)で片道300円。1周(そう、往復じゃなくて一周なんです)500円。入場料と変わらない料金設定。決して高くない、それだけの距離があるのに、高く感じてしまうこのマジック(笑)

なお最初期は懸垂式モノレールが使われていました。このデザイン、このカラーリング。何かに似ていませんか…? そう、科学特捜隊のジェットビートル号に! 実際に当時はビートル号と呼ばれていたそうです。

懸垂式モノレールの実験路線で、実用試験データを収集するという目的もあったとのこと。東山動植物園での実走結果が湘南モノレールなどにつながったんですって。

閑話休題。今回は乗れなかったので行き先をタイトルの方面に戻します。

この、ね。この植物園エリアもまた素敵。春目前で、ちょうど自然に色がついてきた頃で、これからのシーズンは多彩な色で覆われるんでしょうなあ。

大きく深呼吸しながら歩いてみました。ああ。風に花の香りがついています。

東屋から池をのぞくと、そこには美しい色をまとった鯉たちが。悠々と泳ぐ彼らを見ていると時間を忘れそうになります。

これはいい散歩デートコースですわ。間違いない。

緑が好きな人にとってもグー。あちこち探索してみたくなりますよ。

水が好きな人にとってもグーググー。この地域のわき水は金明水と呼ばれているそうです。歩道そばを流れる川の透明度も高く、初夏は多くの生物がやってくるでしょうね。

また園内には湿地のエリアもありました。まだシーズンではなかったので花は咲いていませんでした…植物園エリアを堪能するなら、桜満開の春から秋にかけて、かな?

 

 

ランプキャップとは #オジ旅PR #ランプキャップ田町店

店名のランプキャップの意味は肉の部位



今回ご招待いただいたランプキャップ田町店ランプキャップとは、肉の部位の名称で、適度な脂の甘さとしっとりとした赤身でとてもジューシーなお肉なのです。エイチボーン(イチボ)とも呼ばれるところですね。
ランプキャップはここ、背中の中央、サーロインの後ろ、ランプの上。
 

ランプキャップのシールいただきました!
 

オジ旅1号知らないオジさんはさっそくスマホに貼ってご満悦。

 

お皿もランプキャップ。


 

ランプキャップ全店のブランドマネージャーの背中もランプキャップ。ブランドマネージャーについては4号KOGUREさんのこちらで

 

ランプキャップは肉の部位の名前ですが、店の前にも店内にもランプがたくさん輝いています。

 

壁もランプキャップ

オジ旅集合写真もランプキャップ

ランプキャップ美味しかった☆
≫≫ランプキャップ田町店 レポート一覧

神田の肉バルRUMP CAP(ランプキャップ )田町店

住所:東京都港区芝5-32-9 イー・シー・エス第5ビル1~2階(JR山手線 田町駅 西口 徒歩2分)
電話:03-6435-0253
営業時間:11:30~14:30/17:00~23:30
定休日:年中無休
サイト:神田の肉バル RUMP CAP(ランプキャップ)

舞台裏 #オジ旅PR #ランプキャップ田町店

ランプキャップ田町店をレポートしたオジ旅の裏をレポート

ランプキャップ田町店にPRとしてご招待いただいたオジさんたちの舞台裏、オジさんたちの素顔をレポートします。

当初19時にランプキャップ田町店の予定で、のちに19時5分となりましたが、一部のオジさんたちは18時半には田町にいました。

ランプキャップ田町店に到着するまで

18:30 ふたりのオジさんより現在地の位置情報が送られてくる

18:33 田町駅前にて、オジ旅1号知らないオジさんと4号登呂山さんを発見。呑んでる(笑)

18:41  7号小林おいちゃん到着。一人増える度に乾杯

18:41 おいちゃんが到着した同時刻に動画を撮りながら近づいてくる11号ワンリキー村上発見。 

18:46には育ちざかり6号ダイゴマンも到着。

迎え酒をしっかり注入し、いざランプキャップ田町店へ。

まずは店構えを撮影。

先に店にいた13号交え美味しいビールで乾杯しスタート!

 

 

カメラ怖い。記録怖い。

カメラがこれだけ向けられている人は、何かやらかした人。(わたしか…

(撮るな、撮るな)

 

知らないオジさんとワンリキー

「楽しいね」と、素で口にする1号知らないオジさん。なかなか40代のオジさんから出てくる言葉じゃありません。オジさんたちいつも全力で楽しんでます。

1号知らないオジさんはモデルの役割ももっています。
そんなオジさんを微笑みながら撮影する11号ワンリキー村上。

自分の指先も撮るワンリキー村上。

ワンリキー村上の指先にワンリキー。

ワンリキー村上は、この日、9号よりワンリキー指人形を与えられました。

かわいい☆

 

強者

食べながら、しゃべりながら、7号をイジリながら、リアルタイムでものすごい数のブログを更新しちゃうオジ旅4号登呂山。

神です。

写真のポイントは逃さない4号登呂山

 

動画を撮りながら、スマホではライブ中継をし、InstagramとFacebookを個人とオジ旅アカウントを使い分け、さらにはブログも更新して…。リアルタイムでの投稿に音楽までつけていた11号ワンリキー村上…。いったい、どうなってるんだ…

食べながら映像チェックをする11号ワンリキー村上

みんな優しいオジ旅のオジさんたち

もうすぐ定年、高齢のオジ旅7号こばやしのおいちゃん。いろいろこぼすから、この日のおいちゃん担当は1号知らないオジさん。

拭いてもらって小林のおいちゃん嬉しそう

おいちゃん、これで老後も安心ですね。

 

ランプキャップ田町店からライブ配信した動画のまとめ

現場の様子を動画で観ると「この人ら大丈夫か?」と思われるほど楽しんでますが、前述のとおりスゴイオジさんたちです。

この日9号がランプキャップ田町店からFacebookのライブ機能で配信した動画をダウンロードしたもののまとめです。画質悪いです。

この他、ワンリキー村上も配信していましたので、オジ旅のFacebookページからどうぞ。

 

こんなオジさんたちが投稿した今回のランプキャップのレポートはこちら
≫≫ランプキャップ田町店 レポート一覧

神田の肉バルRUMP CAP(ランプキャップ )田町店

住所:東京都港区芝5-32-9 イー・シー・エス第5ビル1~2階(JR山手線 田町駅 西口 徒歩2分)
電話:03-6435-0253
営業時間:11:30~14:30/17:00~23:30
定休日:年中無休
サイト:神田の肉バル RUMP CAP(ランプキャップ)

 

ソーセージもチョリソーも何この美味しさ!ランプキャップのサイドメニュー #オジ旅PR #ランプキャップ田町店

ランプキャップ田町店はステーキ肉以外のメニューも豊富

ランプキャップ田町店の「肉肉しいグリルソーセージ」があまりに美味しそうだったので、自撮りしようと手を伸ばしてスマホを構えたら、自分たちが撮られると勘違いしてポーズをきめていたオジさんたちがいました。

 

どうですか?このはちきれんばかりの肉肉しさ☆

口に運べばプチっ、ジュワ~の世界です。

ランプキャップメニュー グリルソーセージ
肉肉しいグリルソーセージ(850円)

付け合わせのポテトも美味しいのですよ。

 

そしてこちらは「生チョリソー」。ミンチ肉をつめて生のままで焼いたチョリソーです!美味しいのなんのって。鉄板には粒マスタードが添えられていましたが、つけなくても味がしっかりしてるし、とにかく生生しくて肉の美味しさをダイレクトに感じられます。

ランプキャップメニュー生チョリソー
生チョリソー(750円)

 

「ハバネロバッファローチキンウイング」ハバネロ言っても「辛っ!辛っ!」と言ってしまうような辛さではなく、ほどよい辛さと刺激です。辛さをトロっとまとっているバッファローチキンウィングですので、何本でも食べてしまいそうな危険なやつです(ハート)

ランプキャップメニュー ハバネロチキン
ハバネロバッファローチキンウィング(600円)

肉まみれ牛すじココット」まみれました。ステキでした。惚れました。トロっトロの牛すじとデミソースのあうことと言ったらもうほんとステキ。

ランプキャップメニュー
肉まみれ牛すじココット(600円)

昨日もいっぱい食べたね。最年少オジ旅6号ダイゴマンが肉まみれココットを。

どんどん育ってきています!

 

熱々!アンチョビキャベツ」ほんとアツアツ!アンチョビがしっかり効いていて美味しいやつ!

ランプキャップメニュー
熱々!アンチョビキャベツ(580円)

ランプキャップ田町店 ステーキ肉以外のメニュー

ランプキャップ田町店のステーキ肉以外のメニューです。ステーキ肉のレポートとメニューはこちら


≫≫ランプキャップ田町店 レポート一覧

神田の肉バルRUMP CAP(ランプキャップ )田町店

住所:東京都港区芝5-32-9 イー・シー・エス第5ビル1~2階(JR山手線 田町駅 西口 徒歩2分)

電話:03-6435-0253

営業時間:11:30~14:30/17:00~23:30
定休日:年中無休

サイト:神田の肉バル RUMP CAP(ランプキャップ) 

 

大人気の肉バル「ランプキャップ田町店」11号まとめ #オジ旅PR #ランプキャップ田町店

田町駅西口すぐにあるランプキャップ田町店です。

お店の場所は9号姐さんがまとめておりますのでご覧ください。

ランプキャップ田町店行き方(アクセス) #オジ旅PR #ランプキャップ田町店

一杯目のビールを最高に美味しく飲んでもらうために

カンパーイ!はスーパードライ。見てください!この輝き!

6号もお行儀よく飲んでしまいます。

ドイツ製の特製タップと、スタッフの手で磨き上げられたグラスだからできる透明度が高くクリーミーな泡のビールです。一気にすいすい飲めてしまいます。

ビールが苦手な方でも絶対に美味しい一杯目。

お店でしか味わえない凄いスーパードライです。

スーパードライ歴何十年の7号も驚きの喉越しです。

グラス磨きやサーバー洗浄など大変な手間をかけても、とにかく美味しい一杯目のビールを味わっていただきたい!というお店の心意気が素晴らしいです。

スッキリギンギンのハイボールも旨い!

これは旨いハイボールだ!と、ハイボール大好き6号

ビールやハイボールにあうおつまみということで、熱々アンチョビキャベツです。

ワインもリーズナブル

続いてワイン。こちらもグラスが綺麗に磨かれております。一手間かけてます。

ワインはボトルで2000円前後からと大変リーズナブルです。

ワインに合ったグラスで提供されます。

ワインに合うおつまみということで、生チョリソー。噛みしめるほどに肉の味が。

肉々しいグリルソーセージ。一本で満腹ぐらいな大きさです。

いやー、合うね。よいワインだね。と1号

ハバネロバッファローチキンウィングは、ハバネロと聞くと罰ゲーム的な辛さを想像しますが、こちらはそこまで辛くなく美味しくいただけます。

肉まみれ牛すじココット。濃厚でトロトロの牛すじが美味しすぎる。

人気のグリルメニュー!

ビーフアウトサイド。ハラミです。

460グラムのハラミの迫力に1号も瞳孔が開いております。

手前がサーロイン460グラム!奥がカイノミ460グラム!

Tボーン400グラム!

こちらがランプキャップのメイン、ビーフランプキャップ 460グラム!

ももの部分の一番柔らかい赤身肉で1頭から4キロほどしか取れない希少なお肉なのだそうです。柔らかい赤身がいくらでも食べられてしまいそう!

カットしていただきました!塊でもカットでもお好みに応じて出していただけます。

いくらでも食べられてしまう!

姉御9号も、そのにくの美しさにうっとり…

そこに、来てしまうのは牛すじ鉄板ガーリックライスですよ!

旨い!

Tボーンは骨までしゃぶるのが正解です。

焼きナポリタンも美味しい…。

大至急ランチも行きましょうよ。

田町駅周辺の皆さま、ランチタイムは11:30~14:30です。

焼き職人の背中。

KING OF BEEF!!

日本一美味いといわれている注ぎ方で飲めるスーパードライと肉に合う厳選ワイン、そしてがっつり塊肉と肉好きの方には大変おすすめの肉バルです。

ごちそうさまでした!

庄やグループ RUMP CAP オフィシャルページ

ありがとうございました! #オジ旅PR #ランプキャップ田町店

ランプキャップ田町店の肉祭り、ありがとうございました!!