エンブレが効くSモードが楽気持ちいいノートe-POWER #オジ旅PR #日産ノート #陸別町

これはドライブに出かけたくなる車だね!

1泊2日の北海道・陸別弾丸ツアー。新千歳からの足として働いてくれたノートe-POWERですが、コイツはいいモーターですね!

なんといっても加速力が+αかつ回生ブレーキが強めに効くSモードがGOOD。高速道路での追い抜きがしやすく、回生ブレーキはマニュアル車のクラッチでエンジンブレーキをコントロールしているときのような効き方がするために、アクセルのON/OFFだけでスピードを自由自在に保てます。

アクセルを放したら即回生ブレーキ、というのではなく、瞬間的にジワッと効いて、グッと減速していく感じ。加減速中の車体のブレが少なく、搭乗者の頭部をむやみにヘッドバンギングさせることがないので、“酔わない/酔いにくい”ドライブができますコレは。

トルクもグー。最初からビッグなトルクが発生するEVゆえに、停車時からの発走がスムースです。一気に巡航速度まで加速するのもラク。インターチェンジやサービスエリアから高速道路の本線に合流するのも不安ナシ。気持ち、いいねえ。

そうそう、風切り音の少なさも、いい。高周波のノイズが少なく、ボディ形状の作り込みの高さを実感させます。発電用エンジンが止まっている間はエンジン音もなくなるので、静寂な空間を維持できます。カーオーディオにこだわりたい方にとって、いいベース車両となるのでは。

この遮音性の高さはノートe-POWERで実装された、念入りな遮音対策によるものでしょうか。WEBサイトを見ると、前方、側方、後方と、各部をしっかりとシーリングしたり、インシュレーターを増やしたり、吸音材を増やしているようですね。

視界が広々しているのもステキ。前方だけではありません。横も後ろも見やすい。周囲の状況を把握しやすいから安心して運転できる。

雪の多い北海道の冬。国道や駅前、バスが通る道は頻繁に除雪されます。普通の道道や市道は夜中に一回、だったでしょうか。

今回走るルートは高速と国道が多い…とはいえ、ご覧のように圧雪路も走りました。両親が当麻町(北海道上川郡)に住んでおり、冬場にレンタカーで訪ねることも多く、雪道はそれなりに走ってきたという自負があります。それでも、いつでも、緊張しちゃうのが雪道走行です。肩の力を抜かないと危険なのに。

ノートe-POWERで走る北海道。緊張感とは皆無でしたねー。気心知れたオジ旅のメンバーと一緒だからというだけではなく、ノートe-POWERのトラクションコントロールが優れているという理由もあるでしょう。

燃費がいいから、ガソリンスタンドを探して焦ることが少ない。今回は600kmほどの旅でしたが、一度もガソリンスタンドに寄らずにすみました。レンタカーのリストにノートe-POWERがあったら、真っ先に指名してしまいそう。いいクルマでした!

日産北海道陸別試験場のカントリーロードを走るノートe-POWER #オジ旅PR #日産ノート #陸別町

今回のオジ旅、目的は3つありました。1つは日本でいちばん寒い町、陸別で熱燗を飲むこと。1つはノートe-POWERで北海道で走ること(協力 日産自動車/日産レンタカー)。そしてもう1つは、陸別町にある日産の北海道陸別試験場にお邪魔すること。

お願いしてはみたものの、まあムリでしょうなあ、とオジ旅の面々は言っていました。ところが、お昼時のタイミングにお邪魔できることになったのです! あ、ありがとうございます!

地域によって気候が大きくことなる日本です。全国で安心・安全な車を販売するには、極寒のテストコースも必要です。実際に北海道には、車メーカーやタイヤメーカー、部品メーカーのテストコースが存在しています。

日産が持つ北海道のテストコースは、最低気温マイナス38度、オーロラを観測できることもある北海道陸別試験場。過酷な土地にテストコースを作った理由は、安定した寒さがあり、積雪もさほど多くないから。確かに日によって寒暖差が激しい場所では日々のテスト結果に狂いが出てしまいますし、積雪が多すぎるとコースのメンテナンスに時間が取られてしまいますね。

ここにはドイツのニュルブルクリンクを模した峠道のカントリーロード、アウトバーンを再現した高速周回曲線路、高速走行からの急制動やレーンチェンジ時の操縦安定性をチェックする直線路、圧雪路、シャーベット路、氷結交差点路、坂路、登降坂路、ダートサーキット路といったコースがあります。最低気温がプラスの時期は夏場の実験を、マイナスの時期は冬場の実験を行っています。

第一期の工事が完了し、運用開始したのは1991年12月。時期を考えると、1993年に発売されたR33スカイラインの実験などを行っていたのでしょうか。

最初に作られたコースの1つ、カントリーロード。一周7kmで、ジェットコースターか!と言えるほどのアップダウンが多いコースです。

冬場は雪の峠道をイメージしており、除雪はしていません。この状態で操縦安定性や乗り心地のテストを行います。

こちらは坂路です。10パーセント、15パーセント、20パーセントの3つの斜度のコースがあり、さらに積雪路、半積雪路、半凍結路での走行実験が行えます。

なんでも小樽あたりだと、急坂+積雪/氷結路が多いとのこと。北海道陸別試験場ではそのようなシチュエーションであっても安全にコントロールできるのかどうかを、日々実験しています。

なお氷結坂を歩いて下ることはムリ! 確かに、雪道に適した長靴であってもグリップする気配はいっさいありません。

そんな道であっても、片側の車輪が除雪されているならノートe-POWERはぐんぐんと登ってきました。FF、2輪駆動車ということを忘れてしまいます。

こういう道、エンジン車だとスリップからの雪を固めて磨いてより大変なことになる未来が想像できますが、駆動輪のトラクションをきめ細やかにコントロールできるEVは適しているそうですよ。

1999年12月には登降坂路などの第二期工事が完了。そして全域を大きく囲むような高速周回曲線路は2006年8月に完成しました。

この高速周回曲線路はなんと右側通行。“アウトバーンを再現した”と前述しましたが、走行ルールや看板もドイツのアウトバーン事情に合わせてあるんですね。

300km/hを越えるテストも行われるコースですが、GT-RやフェアレディZのようなスポーツカーだけではなく、ファミリーカーもこのコースでテストを行います。それぞれの車種には最高速度域が設定されており、その速度域内での操縦安定性をチェックするんですね。

なお陸別試験場内には、陸別町小利別地区の水源となる湧水があります。ここで汲んだ水は ミネラルウオーター「陸別百恋水」(りくべつひゃっこいみず)として、コンビニなどで発売中。

他にも10月には試験場を開放して「日産カップ陸別こがらしマラソン」を開催したり、「日産カップオールジャパンパッチ選手権大会in陸別」(4月)や「ラリー&オフロード」などのイベントもサポート。地域との共生にも力を注いでいるんですね。

日産の陸別試験場を特別に見学してテストコースを体験した話 #オジ旅PR #日産ノート #陸別町

今回のオジ旅は、新千歳空港から陸別町まで、日産からレンタカーでサポートして頂きました。4月から配備予定のノートe-POWERを先行でお貸しいただき、人気の電気自動車で約600キロを走破した訳ですが、目的地の陸別町には日産の陸別試験場があったのです!!

こちらも可能なら見学させて貰えないでしょうか‥‥ダメ元でお願いしたところ、特別に1時間だけテストコースを実際に走り(もちろん運転は試験場の方)、普段は撮影する機会がないというコースに立ってノートe-POWERが疾走する様子を写真に収めることができました。

そもそも、なぜ陸別町に日産試験場を作ったのか?

そには、陸別町の安定した寒さがあったそうです。陸別町は日本で一番寒い町として知られます。かといって、札幌などと比べると雪がドカドカ降るわけではなく、この安定した寒さと、コース整備のしやすさから、陸別町が試験場の地として選ばれました。

完全に同じ状態にすることは難しいですが、できるだけコースの状態を同じにすべく、除雪をはじめとしたコース整備が行われているそうです。陸別試験場の方に「もうすぐ暖かくなりますね」という話をしたところ「試験場としてはまだまだ寒いままでいて欲しい」との言葉が印象的でした。

春から秋にかけてのテスト回数より、冬の短い期間の方がテスト回数が多いというのが、この陸別試験場の重要さを物語っているのではないかと思います。


大きくわけると陸別試験場には高速コースとカントリーロードがあります。ノートe-POWERが気持ちよさそうに走っているのは高速コースです。まず最初に1986年に陸別試験場が開設、カントリーロードとダートサーキットが完成し、その約10年後に高速コースが完成しました。

高速コースはドイツのアウトバーンをモデルにしており、高速走行のため案内表示も日本より大きく、さらにはドイツ語で表示がされています。右側通行の右回りなんですよ、アウトバーンだから。

高速コースでは、時速300キロを超えるテストも行われます。GT-Rですね。日産では時速250km以上の高速テストができるドライバーは5人しかいないそうです(走行可能速度により資格試験があります)。そして、速度の差こそあれ、日産から発売されるクルマはすべて、この陸別試験場でテストが行われます。

これは雪道を登坂するコースです。10パーセント、15パーセント、20パーセントの斜度があり、ここは20パーセントです。スキーのコースのようでした。

この雪の坂道のテストができる、これこそが陸別試験場なのですね!

半分、凍った坂路もあります。自分たちで北海道を走ってみて分かったのですが、このように道路が半分だけ雪に隠れている、凍っているような場所は少なくないのです。そのテストのために、このような凍ったコースも設けられている訳です。

ツルツルの路面ですが、ノートe-POWERはうまいことトラクションコントロールして登っていきます。陸別試験場の方の話だと、こういう急な坂道の凍った路面は、小樽に多いのだとか。

この坂道に一定の厚みで氷を作るのも大変な作業だと思いますよ!

他にも凍った路面のコースも、体験させて頂きました。時速10キロからの急ブレーキ。10キロですよ、わずか10キロなのに、全くクルマは止まりません。スタッドレスタイヤでツルツルに磨かれた深夜の札幌の交差点などでこうなると伺いましたが、完全にアンコントローラブルになる怖さを知りました。ここで、できるだけクルマが止まれるようなテストが行われているのですね。

陸別試験場の中には近隣の町の取水地があり、とてもキレイな水が湧き出しているため、それを取水して陸別町がペットボトルに詰めて販売してるという話も伺いました。そんな自然豊かな場所に、日産の陸別試験場はあります。

通常は見学を受け付けていない陸別試験場は、コースへの出入りも厳密に管理され、もちろん部外者は立ち入ることができませんし、テスト中に何かがあれば自前のレスキュー隊が出動するような体制も整えられています。クルマのテストのために、常時何十人もの人たちが、安全を極めている場所でもありました。

これだけのテストを経て販売されるクルマたち。この積み重ねが信頼へと繋がっていくのですね。

銀河の森の天文台 #オジ旅PR #日産ノート #陸別町

北海道の陸別町は、天文台のある町です。町外れの小高い山の上に、銀河の森の天文台はあります。


今回の旅で、ようやく雪道らしい道と出会いました。


残念ながら開館は午後からなので、外から天文台を見るに留めます。


町の方向。昨夜は、酔って見上げた夜空は、確かに星が綺麗でした。天文台のある町。


動物たちも遊びにきます。

陸別町は、星が綺麗な、天文台のある町ですよ。

クランベリーのスイートポテトはデカ美味い #オジ旅PR #日産ノート #陸別町

帯広で購入してきたクランベリーのスイートポテトを、朝ごはん代わりに食べました。そのサイズたるや!

実際にサツマイモがそのまま使われているようです。

成人男性の手のひらと同じサイズ。4人で食べても多かったですが、これはファミリーサイズですね。

中がトロッとしてまして。ちなみに100グラム200円の量り売り。これは1200円。

人気商品になるのも分かります。他では出会ったことのないスイートポテトでしたから。物産展などでら見かけたらオススメですよ。

どうしてこの店に入ろうと思ったのか「喫茶&スナック ヒロ」 #オジ旅 #陸別町

ザ・オジ旅な店。昔ながらの昭和が生き続けるみせ。こういう店に、躊躇なく入れるようなオジさんに、わたしはなりたい。

すいません、今回は怖くて自分では扉を開けられませんでした。

ママを独占。

「わたしがつくるとなんでも濃くなっちゃうの」

かつてはミラーボールが回り、若者たちは踊ったらしい。

ビールサーバー!?

木彫りの熊をもらったムーシャ。


「お腹減ってるの?筋子のおにぎり食べる?」

お客さんが釣ってきたマスから作った自家製筋子のおにぎり。とうきびたべる?ニラの味噌汁食べる?漬物食べる?

そういえば、バレンタインだからってお通しがわりに1人ひと箱ずつチョコレートをもらいました。

1人1,500円。本当にありがとうございました。


観光客は絶対に入れないですね。これもオジ旅の醍醐味。

「花むすび」でタワーサーバーのサッポロクラシックを呑もうぞ! #オジ旅 #陸別町

陸別町の居酒屋。町が建てた新しいビルに入っている「花むすび」てす。「クラシック」が呑みたい!


生ビールが10杯ほどとれるという、タワーサーバーでオーダー。5,000円なのでお得です。

そういえば、北海道の日本酒て何があるんだろう?と思ったら、ありました。米どころ、水どころですからね。

メガ以上のサイズ、ギガです。東京だと筋トレサイズとして出している店もありますね。

お好みチキンカツ。大きい!

チキンカツをお好みソースで食べるのですが、味が濃いめで酒の肴に良し。

網走産鶏肉「桜姫」の串焼き。

サキイカの天ぷら。これはガチ美味。

厚切りベーコン。一つ一つの料理の量が多い!

刺身5点盛り。ボタンエビィ!

ひらめも良い。


北海道といえばのザンギ。こいつも揚げたて最高です。


1,000円ごとに引けるクジ。ただになっちゃう!?なんてドキドキしながら引いたのですが、15本引いてあたりゼロ‥‥残念。

でも、料理も美味しく、地元の人たちも通う良い居酒屋でした。ごちそうさま!!!!

日本一寒い町、陸別駅で熱燗を呑んだ。 #オジ旅PR #日産ノート #陸別町

今回、なぜオジ旅は北海道の陸別町までやってきたのか? それは、日本一寒い町で、熱燗を呑みたかったから、なのです!


陸別町の蕎麦屋、秦食堂でその願いは叶いました。


日本一寒い町で呑む熱燗は美味い!


エビ天と漬物を肴に。


お会計が2000円と言われ、1人2000円と思ったら4人で2000円で、また違った意味で驚愕しました!!!

ごちそうさま!

帯広はスイーツの町!? #オジ旅PR #日産ノート #陸別町

帯広でしか買えないスイートポテトのクランベリーー。


100グラム200円の量り売り。小さめをお願いしましたが、1,200円。けっこう大きいぞ!?


帯広には六花亭の帯広本店もある!


このあたりでしか食べられないメニューがあるということなので、全て頼んでみました。


芋虫みたいなサクサクパイが美味い!

バターサンドのアイスも美味い!

これは頼んで良かったなぁ。本店をわざわざ訪れてみて良かったなぁ。


六花亭帯広本店、しかもケーキやプリンが200円とか300円とか、安いんですよ。2階に喫茶室もありますが、1階でも無料のコーヒーを飲みながら買ったものを食べられます!

ドライブインいとうの豚丼が絶品!豚ロースのいい脂 #オジ旅PR #日産ノート #陸別町

高速道路を途中で下りて、わざわざ豚丼を食べるために向かったのが十勝の「ドライブインいとう」です。「豚丼名人」の名を欲しいままにする、豚丼と美味い店です。


地元の人も豚丼を食べにきていました。ドライブイン。観光客だけでなく、地元でも愛される豚丼のようです。


黒豚もあるけれど、やはり道内産の本ロースのロース肉を使用した豚丼がいいよね、と。ただ、他にもいろいろと食べたいので、二階建て(大盛)ではなく、ノーマルにしておきますか、と。


で、「好評につき復活!」の文字を見つけました。ぶっかけ山わさび豚丼。豚丼に、山わさび、つまりホースラディッシュがぶっかけられています。


美味い!美味い!ホースラディッシュのピリ辛が、なんとも豚丼と甘みに合うではありませんか。うなぎの蒲焼テイストの甘めのタレも、豚ロースの脂と絶妙のハーモニーを奏でます。


タレが美味かったので、オリジナルのタレ「豚丼名人」もお土産に購入しましたよ!

ごちそうさま!!!!!