越後湯沢にはね!上善如水の他にも名酒があるんです!


記憶する限り、上善如水のインパクトは大でした。特に80’s。塩っ辛いおつまみが中心だった地域だけではなく、さっぱりとした味わいで全国区に「日本酒うめーよ?」を伝えたエバンジェリストな覚えがあります。三梅も美味かったけどさ!

今日は上善如水を育む、越後湯沢の白滝酒造にお邪魔しました。

越後湯沢といえば「トンネルを抜けると〜」の雪国。子供の頃。まだ上越新幹線が開通していなかった頃。正月やお盆は高崎や水上、越後湯沢がトイレ&駅弁補給ポイントでした。ポリケースのお茶とか、冷凍みかんとか、あったよね。

あれ、当時の特急ときはトイレあったっけ?

そんな越後湯沢に降りた面々。一路、白滝酒造への道を辿ります。駅から歩いて10分くらいだけど。


蔵見学は10時と13時からでしたっけ。18きっぷ派は10時過ぎに越後湯沢着なので、ショールームの見学に止めました。が!

担当していただいた方のご好意で、じっくりとお話しをいただきました。白滝酒造は上善如水だけじゃない。地元で消費されちゃう酒もあるけど、いろいろありますって。

個人的には濃いめの味で湊屋藤助がグッ。大好き。地に足を生やしたどっしりな味が、丼飯にも合うんですよ。きゅ!うまーい!となるんですよ。

まだまだ知られていない酒っていっぱいある。その中でも、地元で消費されちゃう酒と、その地元のツマミをしりたいな。

越後湯沢で大休止。

足湯で大満足のオジさん。

足湯とオジさん。

たまらん、と言っております。

始発出発、朝飲みにグレイトな越後湯沢ぽんしゅ館


朝飲み、サイコー!

オジ旅ってます。3人で予定も規定もなく越後湯沢まできました。

最初は「白滝酒造の見学をしよーぜー」だったのですが、越後湯沢駅ついたら500円で三杯ですよ。ふらふら、ふらりと誘われる僕らに誰が異をとなえられるのか。

こっから先、長いです。でも僕らの、朝からのヒャッハーを感じていただければ。

だってさ!?うまい日本酒をお猪口で5杯500円で、地元の塩と味噌が舐め放題なんよ!? や、や、や、この蜜満としたテイスティング感。すげー。僕の知っていた90’s の越後湯沢とちがう。みんないこう!一緒にいこう!飲もう!

山を越え、行こうよ


目指すは、かの雪国。「トンネルを抜けると、そこは雪国だった」の越後湯沢です。


今回のメンツが合流したのは高崎。9時くらいの通勤通学タイムでもあり、まだ座れなかったのですが、

沼田を超えるとボックスシートフル解放です。

そりゃー、朝酒も進むってもんです。僕ら的にはもう昼か夕方の気分なのですが。


水上から長岡行き乗り換え。待ち時間10分とか? あ、モーターがアイドリングをはじめました。さあ、清水峠、越えて行きます。

でも新しい車両でさ!窓開けられないんですよ! トンネルない轟音も楽しみだったのに!

山深くなってまいりました。

お約束


ダルマベソトウ

本日の赤城山

実に晴れやかであります。

夏休み

台風一過でまさかのピーカン。お腹が減ったので、蕎麦食いに行ってきます。

思考は現実化する


関東台風直撃の予想でしたが、

 
「なんとかなるんじゃないの?」

「行けるところまでいって、呑んで帰ればいいんじゃない?」

 
無根拠超楽観主義を標榜するオジさんたちの思いは天にも通じたらしく、絶好の青春18切符日和になりました。

恐ろしいことに「思考は現実化する」のです。


そんなわけで「2016年ベスト・チョビヒゲスト」の田中君と「2016年ベスト・立呑ミスト」の武者さんのお二人とぶらりとしてまいります。
とりあえず、いつものようにノープランで出発です。