北陸新幹線に乗る直前まで、日本酒で身を清められます。「金沢地酒蔵」  #オジ旅ソロ

  
地下ではない駅チカ、お土産や駅弁がずらりとならぶショッピングモール金沢百番街にある金沢地酒蔵。ここに、日本酒の自動販売機があるというので行ってみました。

  
40mlで100円または300円。アサシンでしょうか。酔わせる気、満点です。

  
まず、猪口代わりのコップをとります。

  
コップを規定の位置にセットします。

  
さあ、何を飲みましょうか。今回は御所泉原酒(100円)にしてみました。

  
なお100円コースと300円コースで、コインいっこいれる場所が異なります。

  

とくとくとく…ではなく、ちゃーっと注がれます。スピーディ。

  
では、いただきます! …うわ、濃いなあもう。漬物とか欲しくなる味です。

本当ならこれ持ってうろつけられたらいいのですが、それを許してしまうと試食コーナーが荒らされてしまうからでしょうか。自販機のある場所でしか飲むことができません。

  
もしもなにかのアテも欲しいというなら、カウンターできき酒セットを頼むといいかもしれません。

金沢地酒蔵から新幹線のホームまで、早足で3分、普通に歩いて5分コース。ギリまで飲んで、新幹線では一気に寝てしまいたいのであれば積極的に利用すべき案件とみました。

風呂によしコワーキングスペースによし。金沢駅前アパホテル  #オジ旅ソロ

  
帰りの電車が出るまで3時間ほど。16時という微妙な時間帯だったこともあり、ひとっ風呂浴びてきました。

一部だけかもしれませんが、アパホテルは中にあるスパ施設を日帰り温浴施設としても提供しています。ここ、金沢駅前の場合は3時間で1000円。フェイスタオル、バスタオル、歯ブラシ、カミソリついてこの値段。悪くありません。

さらに、クーポンを使うことで600円で利用できました。寝てもいいしがっしがっしと仕事を進められる休憩スペースも完備していますし、銭湯や漫画喫茶よりもいいかも…。

券売機を見ると700円および600円のボタンがありました。クーポン、もしかしたら常時提供しているのかもしれません。

http://www.apahotel.com/spa2/

元気ハツラツ、大村崑さんが集めた芸能人めがねたち  #オジ旅ソロ

  
ウルトラセブンのウルトラアイの本物も!

横山やすし師匠、サッチー、サブちゃん、ボス、所さんたちが使っていためがね、サングラスも鯖江の「めがねミュージアム」で見ることができます。

いずれも往年のモデルであり、時代を感じさせるアウトラインですが、最近はヴィンテージなベーシックモデルに人気が集まりつつあるから、1周まわって新しいという印象も。

みなさんはどのフレームが好きですか? 僕はトニー谷さんのフレームが気になってきました。

   
    
    
    
    
    
    
    
    
    
    
    
    
    
 

鯖江「めがねミュージアム」で見た未来のめがね案 #オジ旅ソロ

  
ふふっ、ってな笑いが漏れました。

めがねの街、鯖江。そこにはめがねの歴史を紐解けるめがねミュージアムがあるそうで。小学三年生から雨の日も風の日も休むことなくメガネスタだった身として、これ見逃せません。

  

各時代のめがね、そしてめがねを作るための治具や工具がずらりと並び、これは確かに勉強になります。

  
これは江戸時代の鼻めがね。当時はまだテンプル(つる)がなかったんですね。常時かけておくものではなく、必要に応じて使っていたのでしょう。

  
そんなめがねミュージアムに、学生が考案した次世代めがねのさまざまなアイディアが並んでいました。

  

目の前の問題点を解決するのが目的のアイディアもあれば、デザイン先行のアイディアもあり、フレッシュな印象が強め。

  
視界を狭める(背景というノイズをカットする)アイディアは、作業内容によっては効きそう。同時に疲れそうでもありますが、こういったアイディアから新たなソリューションが生まれるのかもしれません。

  

鯖江でいただく十割蕎麦「亀蔵」  #オジ旅ソロ

  
腰強!

「仕事終わったら鯖江いくんですよ。なに食べたらいいですかね?」と尋ねたら、

  • シーズンは終わったけど越前ガニ
  • 他のところにもあるけどソースカツ丼
  • 今日は寒いけどおろし蕎麦

とのこと。「カニは生簀で飼ってるところもあるから」だそうですが、そういうお店は夜から営業でしょう。駅から歩いていける範囲でソースカツ丼か蕎麦屋をさがしたところ、亀蔵という蕎麦屋を見つけました。

  
お願いしたのはかき揚げ丼ランチ。もちろん蕎麦はおろし蕎麦です。

  
かき揚げ丼がドンと! 高さと直径が同じくらいです! ミニサイズですが、十分です。見ているだけでお腹いっぱいになりそう。

  
大根おろしはツユのなかにあらかじめドン! これを豪快にブッかけて蕎麦を手繰りまくります。

  
カリカリに揚げた蕎麦を和えたサラダもセットです。

この季節でも蕎麦の香りがしっかりと立っています。つなぎレスなのに腰が十二分に強く、噛みしめるともう一度香りが立ってきて、口内を埋め尽くします。

かき揚げ丼もざっくざく。満腹中枢刺激しまくりです。

ランチはすべて数量限定で、12時半に入店しましたが亀蔵ランチ、トロロ丼ランチ、天ぷらランチは売り切れ。名店なんでしょうね。大人気でした。国道沿いですし、4人席8人席もありましたよ。

鯖江は鯖の名産地。そう考えていた時代がありました  #オジ旅ソロ

  
実際どうなんでしょう? 海から程遠いけど。

仕事を終えたので、鯖江にやってきました。北鯖江あたりから「〇〇光学」の看板が増え、鯖江駅そばの眼科の建物が御殿級で、めがねがほんとに地場産業なんだなあ、と感じます。

さあ、昼ごはんはどこで食べようか。

サンダーバードって元雷鳥か!  #オジ旅ソロ

  
金沢につきました。でも下車することなくサンダーバードで福井に向かいます。ヨコモジの特急名って珍しいな、と思ってWikipediaを見たら、そこには雷鳥の文字が。あったあった! 特急雷鳥、あったね! ヘッドマークのメンコだかカードだか、持っていた気がする!

そういえば、そろそろ  #オジ旅ソロ

  
北海道新幹線、開業ですね。乗りにいかなくちゃ!

角煮の魯肉飯って知高飯というらしい  #オジ旅ソロ

  
電車旅のお供に駅弁とチューハイ。今回は山水楼ルーローハンを買ってみました。

  
紐を引っ張って数分待つと温かみがやってくる、いわゆるホカ弁です。

  
魯肉飯というとひき肉のイメージが強かった。「魯肉飯 角煮」で調べたら知高飯という名前がでてきました。ふむ。オリジナルの知高飯、食べてみたい。

数十年ぶりの電車de北陸  #オジ旅ソロ

  
バイクにハマっていた時代はときどき富山・金沢に行っていたのですが、旅行先でいただく地酒の美味しさに目覚めてからは初めてです。

  
奥山清行さんデザインのE7/W7系で彼の地に向かいます。このヘビ感がたまりません。

  
足元ゆったり、テーブルも長い。快適です。

  
もちろんコンセントも完備! しっかりと、仕事を進められます!