クルマ組も静岡に向かいます!  #オジ旅PR

静岡の工場見学に向けて、クルマ組もさいたまを出発しました! クルマもオジ旅仕様に!

タナカンプ画伯が書きました。


いえーい!

途中のサービスエリアに立ち寄るのが楽しみです。なんて書いてたら、首都高で都内に入りました! 待ってて、静岡!

オジ旅号で静岡まで。DJオッジの選曲で。

工場のある静岡までオジ旅号で移動中。浦和から高速に乗って東名高速へ。

車内ミュージックはDJオッジことおいちゃんの選曲でお送りしております。


みんな早くも小腹がすきはじめた模様。

さあ、どのPAでとまろうかしら。

海老名サービスエリアでロングポテト食べた #オジ旅PR

サービスエリアでの休憩は旅の楽しみ。東名高速をひた走る我々は、大きめのサービスエリアである海老名に立ち寄りました。とりあえずトイレ、とりあえず名物。

他のメンバーが次々に海老名と名のつくものを買っていくので、やや消去法的選択肢ではありますが、他のサービスエリアで見かけたことがないものをということで混入したのがロングポテト。

マヨネーズ&ケチャップをチョイス。


というか、長い。さすがロング。普通のポテトの3〜4倍くらいの長さがありますね。カラっと揚がり美味しいですが、注意点がひとつ。長すぎて重いんです。

そのため、自重に耐えきれずにポキリと折れてしまうことがあります。何本か床に落としてしまいました。みなさんも気をつけて!

海老名SAなう(海老名う) #オジ旅PR 

オジ旅号(車)は皆小腹がすきはじめましたので海老名SAで一回目の休憩。


降り始めた雨のせいでオジ旅号のペイントも少し物憂げな感じに。


トイレとかが結構ハイテクで個室の空き人数とかがわかったり、


ちょっと写真では見えにくいですが駐車スペースの状況を示す電光掲示板があったり。


まあ色々そそるものがありまして。


そんな中、海老名っぽいものということで「ジャンボ海老名棒」なるものを発見。


買ってみました。


確かに海老のプリプリ感あり、衣はサクサク。小腹を満たすのにちょうどいい感じ。

あまりのんびりしてると約束の時間に間に合わなくなってしまうので、サク食いで車に戻り出発します!

海老名SAでカツカレー棒と肉まんを食べました #オジ旅PR

浦和発のクルマ移動組のこばやしです。

とりあえず、海老名サービスエリアでブランチを取りました。


カツカレー棒(450円)と肉まん(1個100円)。

びっくりしたのはカツカレー棒。


カツのコロモのなかにカレーライスがin!

世界がぐるっとひっくり返った感じなわけです。食べごたえありました!

天然水の風呂か天然の水風呂か。それが問題だ「サウナしきじ」  #オジ旅PR


静岡駅からタクって10分。登呂遺跡を超え東名をくぐり、その先にあるサウナしきじ。ここ、サウナーの皆様に大人気のスパなんですって。

天然水風呂・年中無休24時間営業

がキャッチコピー。24時間営業ってのは素晴らしい。でも気になるのが「天然水風呂」という文字列。サウナーに聞いてみると「富士山の流麗な伏流水を使っているよ」だってさ! ミネラルウオータースパですか!

で。天然水の風呂か天然の水風呂。どっち?


サウナ!熱っつい! 掛け流しの水風呂ってなんか剛毅だな!滝行してる人もいるし!

お風呂もフツーの湯と薬草湯のふた船があっていい感じ。

「サウナの命は水だった」
うむ、どうやら、天然水の水風呂みたいですね。風呂のほうも天然水だとは思うのですが。

サウナで火照った身体を水に沈めると、冷水がギュッと身体を引き締めます。でも肌あたりがやさしく、ミネラルいっぱい含んでいそう。「そのまま飲めます」と書かれたフダは自信の表れでしょうね。


休憩スペースは広くマンガも多い。仮眠所もある。居心地グレイト。またきたい!

炭焼ハンバーグの「さわやか」でエクストリームさわやかを決めます!  #オジ旅PR


ついに来ることができました! 炭焼ハンバーグの名店、静岡人が大好きという「さわやか」に。われわれの猶予は30分。席待ちが15分(12時前から行列してた)、料理をオーダーして10分、残り5分でエクストリームさわやかを決めます!


楽しみだー! 楽しみだー!

お揃いアロハで静岡の夜へ #オジ旅


三菱電機の工場見学を終え、オジさんたちは静岡の夜に繰り出しましたよ。

IMG_8953
誰にも頼まれていないのに、みんなでお揃いのアロハを買いました。オジさんたち仲良しです。

このアロハは、オジ旅やオジ旅メンバーのプライベートでもみんなで何度か行ってる、いわき市の50周年記念アロハです。

 

オジさんたちの夜がはじまりました。

静岡を食べつくし静岡を呑みつくすオジさんたち #オジ旅

「静岡の夜は静岡を呑んで静岡を食べる」と意気込んで二軒目に入ったオジさんたちですが、こんな姿です。

お揃いのアロハ着て料理の合間に記事を更新しています。オジ旅裏舞台です。

ということで、オジ旅9号の役割はこちらで、頂いてる料理の一部をご紹介します。

食材に静岡と名のつくものを中心に肉をいただいております。

「富士山静岡鍋」


中身は蒸し餃子。



オジさんたちの夜はこれから。

大江戸温泉物語ふたたび。 #オジ旅

静岡の繁華街にある居酒屋の座敷でおそろのアロハで飲んでます。

座敷でユニフォーム着て飲む。オジ旅の原点に立ち返った気がいたしました。
ひんがしの野に – オジ旅